キャノンデールカップの思い出

ちょっと古い話。

以前にCOGでも触れたことがあるけど、相模湖プレジャーフォレストのMTBコースはキャノンデールに縁がある。

1995年4月、このMTBコースのこけら落としはキャノンデールカップだったから。

既にキャノンデールに犯されていた若き日のボクも、ニシキのMTBで出場したのだ(笑

“Fat tire series”のバナーが眩しいこの写真、写っているのは悪友です。

このレースで一番びっくりしたのはゲストの豪華さ!

雑誌の写真でしか見たことない人たちがワンサカいたからね!動いてるし喋ってるし!(笑

当時ボルボキャノンデールに入ったばかりの鍋島選手もいたし、日本国内でのチーム、ニューバランス・キャノンデールの面々もいた。

当時の社長、マイケル・T・ジャクソンはスラっとしたイケメンだったし、ウインク・ジミックは非常に美人だった!(笑。

その後、この二人は結婚・帰国してサングラスブランド”Zeal“を興し、今も頑張ってる。

 ■

当時はまだMTBに乗って1年も経ってない頃。

それまでも利根川の三連勝主催のレースとか、CWS主催の江戸川レースとかには出ていたけど、平坦でね。今思えばシクロクロスみたいだった。

MTBらしい起伏のあるコースでのレースはここが初めてで、その厳しさにコテンパンにされたんだよ(笑。

この写真はスポーツクラスのスタート直前。

やたらと白いタイヤが多いでしょ?

これはパナレーサーのXCマジックというタイヤで、コギの軽さと乗り心地の良さで当時大ヒットしていたタイヤ。

まじでみんなこればっかり履いていた。

真ん中でペダル直しているのは、最初の写真に写ってた悪友。ボクをMTBの世界に連れ込んだ男だ(笑。

悪友のバイクはジャイアントのカーボンフレームで、茶色いタイヤはリッチーZ-maxWCS。

このタイヤは仕様を変えつつも未だに売っているし、ワールドカップすら走っている超ベストセラー。

透明の膜が張られたリアホイールは、タイオガのテンションディスク。八代正さんの発明だね。

スポーク構造ではなく、膜構造で乗り心地をよくしたリアホイールで、ジョン・トマックも愛用していた当時の超高級パーツ。

リアサスが使い物になって姿を消したけど、走るとボンボンと太鼓みたいな音がしたんだよね。

こんなの本気な奴しか使ってなかったから、この音が後から聞こえてくるとホントに嫌だった(笑。

手前にある赤白のバイクは、当時のBSワークス三谷選手のバイク。山本カズ選手の弟、幸平選手の超大先輩だね。

フルリジッドのネオコットクロモリにBSワークスカラーってのも懐かしいけど、タイヤがIRCのピラニアってのが泣ける。

ここに転がってる三谷選手のヘルメットには、IRCピラニアのキャラクターグラフィックが描いてあった。

当時はトロイ・リーのカスタムペイントヘルメットをジョン・トマックなんかが被り始めていて、MTBでもカスタムペイントが流行り始めてた頃。

初めて生で見たプロ選手のヘルメットのエアブラシの生々しい筆致、あれには憧れたよね。

 ■

今年は現在のキャノンデールレーサーであるカズ選手とCOGのイベントで一緒に走るなんて経験ができた。

一緒にほうとうまで食っちゃうし、握手しちゃうしさ(笑。

95年当時の自分からしたらこんなの全く考えられないことで、なんともありがたい世の中だと思ったよ(笑

 キャノンデールとカズ選手には、感謝しないとね。

このレースの参加賞はキャノンデールのメッシュカバン。

 

キャノンデールが買えなかった貧乏青年には、これは凄く感激したよ!

キャノンデールバイクと同じくすこぶる頑丈で、15年経っても未だに現役(笑。

広告

6 Responses to キャノンデールカップの思い出

  1. NOBRAND says:

    >sinさん

    ご無沙汰です!
    sinさんもお持ちでしたか(笑
    このレースに出ていた人に初めて出会えて嬉しいです!

    ピラニアってコンパウンド硬めでしたよね?確か。
    XCマジック、最初に使ったタイヤがスモーク&ダートだったんで買わなかったんです。
    このレースはIRCのYETIタイヤで出たのかな??
    いずれにせよ、古過ぎる話ですね~(笑

  2. NOBRAND says:

    >bellちゃん

    世間的にもこんな感じだったよ!
    みんな白かった(笑
    マウンテンキャットって懐かしいね~。
    JリーグMTBもあったね(笑

  3. sin says:

    こちらでははじめまして!
    このメッシュバックの緑を自分も持っています!
    ちなみにこのレース自分も出てました。
    このコースはピラニアプロの方があっていると思うんですよね~。XCマジックって泥つまりが酷かったので。
    なんて、いまどきの人は分からない話ですよね~w

  4. bellmother says:

    おはよう御座います!

    本当、見事に白タイヤばかりですね~。
    いつの時代も人は優れたパーツに飛びつくんですね!
    ブログを見ていて初めて買ったATB(パナソニックのマウンテンキャット)を思い出した・・・。
    チェレステカラーみたいな緑と黄色の今思うと派手なフレームだったなぁ。
    当時の私には高い買い物だったのにあれ・・・、どこいったんだろう???

  5. NOBRAND says:

    >GENさん

    その後もちょこちょことキャノンデールカップという大会はやっていたようですね。
    相模湖のレースも少なくなったと管理人のおじさんが申しておりました。
    山が荒れないのは確かにいいんですけどね(笑
    またやって欲しいですね!
    相模湖のキャノンデールカップ!

  6. GEN says:

    NOBRANDさん、こんばんは

    キャノンデールにこんな歴史があったんですね!
    日本もMTBブームがありましたよね
    何処へ行ったのやら?

    逆に今は走りやすくてイイですね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。