J八幡浜あれこれ

この週末は書きたいことが一杯ありすぎた(笑。
数年来の念願だった瀬戸内ツーリング、J八幡浜、そして海の向こうではUCIワールドカップも始まった。
モタモタしてるとあっという間にカズ選手の次のレースになってしまう(笑

というわけで、八幡浜のあれこれ。
八幡浜には松山から特急に乗って行った。
正しくは特急宇和海というんだけど、要するに特急アンパンマン。
そういえばカズ選手はあんぱん補給が好きだったなあ(笑

車内は完全に幼児室。
乗っていたのはオレを含むオッサン3名(笑

JR予讃線、八幡浜駅。

架線のない、非電化駅なんだね。

会場にいた救助隊。
確かUCIのレギュレーションでは救急設備の設置が定められていたと思うけど、そのためかな?

救急隊の向かいには、今回の震災を含む、災害現場の写真が掲示されていた。
今回のレースも、一時は中止されるかもしれないという話があった。
表彰式では、選手からも開催を決めた英断に感謝の声が続いた。

メーカーブース群。

シマノはブルー。

お馴染みマヴィック。

お願いしたら、とっても快く写真を撮らせていただきました。

サポートカーにここまで近付いたのは初めてなんで嬉しい(笑

スペシャライズド。

選手のバイク調整で忙しそうだった。

BSアンカー。

このバイク、赤がすごく鮮烈で、とにかくカッコ良かった。

粒子がキラキラしてたから、パール塗装だったのかな??

スタッフさんに聞いてみたら、スペシャルフレームではないとのこと。
ラインからピックアップしたバイクで、この色も市販されていると。
おお、欲しいな。

日本のキャノラーはアンカーに浮気しても問題ないはずだし(笑

 

ジャイアント。

黒いバイクが好きなんで、これも目を引いた。

トレックの松本駿選手。


好きな選手なんだけど、トレックのブースが見当たらなくて声をかける機会はなかったんだ。
若い女性の声援は一番多かったんじゃないだろうか??
「マシュンさ~ん!頑張って~」ってね(笑

プロライドの山口孝徳選手。

この選手も息が長くて、世代的にはオレとあまり変わらない。
三浦恭資選手の愛弟子で、サイクルワールドのポリッシュフレームに乗っていたのを覚えてる。
ダウンヒラーならぬ、「クロスカントラー」という造語を生み出してたな(笑。
同世代が頑張ってるのを見ると、やっぱり嬉しいね。

カズ選手の鮮烈な走りはもちろん凄かったんだけど、一回り年下だからね(笑。

今でも頑張っている同世代の選手、やっぱり応援したいんだよね。

広告

2 Responses to J八幡浜あれこれ

  1. NOBRAND says:

    >sinさん

    をを、こんばんは!
    やはり狭い自転車業界、あちこちで繋がってるんですね(笑
    門田選手のバイク、たしかに外人選手みたいですね??
    マシュン選手はスクール受けてみたいな~とずっと思ってます。
    サイスポのツーリング記事を読んで、富士見の林道ツーリングを敢行したくらいですから(笑
    山口選手は嬉しかったですよ。
    三浦キョンシーさんの弟子時代からずっと頑張ってるわけで、XCがXCOになる過程も知っている人ですしね。
    みんな頑張ってる、オレも頑張ろうって思えました!
    頑張ろう!オレ!(笑

  2. sin says:

    ジャイアントのメカさんは一昨年のツアーオブジャパンの時に同じチームでスタッフとして戦った仲です。しかし相変わらず門田選手のバイクは大きいですね~。スペシャルで日本に彼の分しかこのサイズは入っていないそうですよ。ジャイアントチームは180cm以上ないと入れないそうですw
    マシュンさんはバイクフィットのセミナーをご一緒したんですよ~。3人一組で受けるセミナーなので記憶に残ってます。
    山口さんは・・・超速かったw

    みんな頑張ってるんだな~と、ちょっと感動しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。