UCI MTB World Cup XCO#1、南アフリカ

右肩腱鞘炎が悪化しました。

CAD仕事なのでマウスを人の数倍使うのだけど、15年に及ぶオーバーワークが祟って四十肩状態だったんだ。

肩を後に回すと痛いくらいで済んでたのに、四国以来、自転車で衝撃が来るとピキピキ痛む状態に。

先日の四国行きで荷物背負ったのがいけなかったのかも(^^;

しばらくリハビリ通いを続けながらの自転車生活になりました(笑。

速く走る、うまく走るの前に、健康第一ですな(^^;

で、今さら感があるけれど、ワールドカップXCO。

J八幡浜の前日には、南アフリカでワールドカップが開幕した。

結果はSCOTTのニノ・シューターが優勝。

Cannondale Factory Racingの面々は、フォンターナが5位、フミックが6位、グジャンが14位。

Freecasterでリプレイ見てみた。

コースはさほどテクニカルな感じではなさそうだけども、下りに長めのロックセクションがある。

これは幸平選手かな?

ロンドン五輪のコースも同じようなセクションがあるけど、最近の流行りなのかな??

個人的には、こういう人工的なセクションは好きじゃない。

それに何より、カメラワークが面白くない(笑。

去年のイタリアは面白かったんだけどねえ・・・。

優勝争いはほとんどシューターとアブサンの一騎打ちで、ずっとこの2人で争っていた様子。

2人ともアルカンシェルぶら下げた選手だけど、ロックセクションでは明らかにシューターが速い。

このセクションでのアブサロンは全く精彩を欠いていて、コケそうにすらなっていた。

下りのテクニックで勝敗が決まったようだね。

現役アルカンシェルのヘルミダはほとんど一人旅で、あまり見せ場がなかったね。

CFRの面々はヘルミダにも追いつかず、これもパッとしない。

うーむ、おじさん不満だな(笑

フォンターナは春先調子良かったから、もうちょっと上の方でレースして欲しかったんだけど。

ただこのロックセクション、Leftyには向いてない気がするのはオレだけだろうか??

映像はここにあります↓

http://freecaster.tv/mountainbike/1014232/uci-world-cup-2011-xco-1-pietermaritzburg-rsa-replay

 ■

開幕前の状態の通り、フミックは29erで走った様子。

フォンターナ、グジャンは26インチだね。

そうそう、Leftyのブーツについて、八幡浜でカズ選手から土産話を1つ聞いた。

カズ選手は日本に入っていない軽量ブーツを使っているけれども、グローバルの連中は今年もブーツなしLefty。

このブーツなしにする理由は、ただの軽量化なんだって。

確かに軽くはないと思うけど、言うほど重いものでもない。

そのへんは選手の感性で初めて気になる領域なんだろうね。

どのみち、走るたびにバラせる環境がないとマネできないし。

ただなあ、摺動部はぴっちりパックされてるとはいえ、それでグリスが封入し切れるのかな??

ベアリングを使わず、自己潤滑性のある素材に置き換えているならグリスレスにできるだろうし、ブーツいらずも成り立つかと思ってたんだけど。

ニードルベアリングよりは軽くできるだろうしね・・・。

レース機材の話だし、どうにも素直になれないオレです(笑

広告

6 Responses to UCI MTB World Cup XCO#1、南アフリカ

  1. NOBRAND says:

    >みちみちさん

    みちみちさんSEなんですか??
    それは目、肩、腰にはご愁傷さまです(笑
    パソコン、便利だけど体には悪いですね。
    うまい速いの前に健康!ですね(笑

  2. みちみち says:

    私もSEなので職業柄、あーでもないと画面レイアウトをやっているうちに
    仕事中腕に力が入らなくなり…驚いて駆け込んだ病院で四十肩の宣告を受けたことが。

    当時まだ28歳の乙女ですよ!

    やっぱり健康が一番ですよねー

  3. NOBRAND says:

    >たまあみさん

    最近すっかりMTBerですね!(笑
    Leftyは専用品だけに、CFRは専用のサスペンションサービスを連れているようですね。
    どんだけ金かけてんだって感じですが、その意固地さもキャノンデールらしいとは言えますね(笑

  4. NOBRAND says:

    >イシムさん

    うーん、どうなんだろうねえ。
    ブーツ内のエアでシュポシュポと妙な感触が出るのも嫌がってるのかもしれないね。
    いずれにせよ、ギリギリなことをやっているのは確かだと思います。
    こんなの、ボルボキャノンデール時代もやってなかったから。

  5. たまあみ says:

    見た目、フロント回りスッキリしますね^^
    でも、毎回メンテナンスを行うから出来る技
    かも知れませんね。

  6. イシム says:

    たったあれだけのブーツの重量でさえ
    気になるんですね・・・
    気持ちの問題かもしれませんが
    プロのシビアな世界ですネ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。