カズ選手、アジア選代表決定!

やっとのことで、JCFからMTBアジア選手権の代表が発表された。

もうね、ずっと待ちくたびれていた(笑。

カズ選手も無事に選出され、さらに今後の予定を大幅変更したことをブログやtwitterで発表しています。

JCFの発表内容は以下の通り。

第17回アジア マウンテンバイク選手権大会/第3回アジアジュニア マウンテンバイク選手権大会
開催場所 中華人民共和国・蘇州(Suzhou)
大会期間 2011年6月10日(金)~12日(日)
派遣期間 2011年6月08日(水)~13日(月)
選 手 団
監 督 小笠原崇裕(JCFMTB強化コーチ)
コーチ 今田 大三(JCFMTB強化コーチ)
メカニック 仁木 康夫(JCFMTB強化スタッフ)・阿部 吉邦(JCFMTB強化スタッフ)
マッサー 渡辺 城作(JCFMTB強化スタッフ)

選 手
●クロスカントリー(XCO)

<男子エリート>
山本 幸平(北海道・チームブリヂストン・アンカー)
平野 星矢(長 野・チームブリヂストン・アンカー)
山本 和弘(北海道・キャノンデールレーシングチーム)
辻浦 圭一(奈 良・チームブリヂストン・アンカー)

<女子エリート>
片山 梨絵(神奈川・SPECIALIZED)
中込由香里(長 野・SY-Nak SPECIALIZED)
田近 郁美(岐 阜・GOD HILL)

<男子ジュニア>
小橋 勇利(愛 媛・愛媛県立松山工業高校)
沢田  時(滋 賀・HARO/ENDLESS/Pro Ride)
<女子ジュニア>
岩出 愛未(愛 知・愛知県立瀬戸北高等学校)

●ダウンヒル (DHI)

<男子エリート>
永田 隼也(神奈川・A&F/ROCKY Mountain)
井手川直樹(広 島・Davinci/SUNSPI.com)

うーむ、監督の小笠原さんは、先週の王滝42kmで優勝したばかりですな・・・( ̄◇ ̄;。

同じ天候下で同じコースを走った身としては、あのタイムはファンタジーにしか見えない物凄いもの。

マッサーも湘南界隈の自転車乗りにはJoe先生として知られる方ですね。

XCO男子は海外組の3人に、シクロの帝王、辻浦選手(BSアンカー)が加わる。

アジア選手権はアジアで開かれるレースで最もUCIポイントが大きいビッグレース。

どれだけデカいかと言えば、全日本優勝が110ポイントに対し、アジア選はなんと200ポイントもある(ちなみにワールドカップは250)。

八幡浜で聞いた話では、ここで日本勢が表彰台を独占できれば、日本の2枠獲得はぐっと現実味を帯びてくるとのこと。

そう、八幡浜の優勝は前年優勝者という期待だけでなく、オリンピックへの今後の展開においても重要だったってわけだ。

今後は確実にUCIポイントを積み上げる戦い方に切り替えると言っているカズ選手。

その最初のマイルストーンがこれだ。

今週末の富士見での選手団の走りっぷり、大注目だね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。