灼熱地獄、シマノ・バイカーズ

先週は全日本が開かれた富士見パノラマ。
今週はシマノ・バイカーズに参加するためにやってきましたよ。
参加するのは4時間耐久。
メンバーは、マナブさん、ベルちゃん、ヤノさん、ヒデさん、オレの5人。
マジモンのトライアスリートよーこさんは、ジャーマネを買って出てくれました。
さらに、遠路はるばる応援に来てくれたのは龍っちゃんだ!


今回のイベント、先日の壮行会で決まったことが1つある。
全員が違うキャノンデールのジャージを着ること
つまり、キャノラー丸出しでいきましょうという主旨。
メンバーの中でキャノラー歴が一番古いオレ。

メンバーの手持ちの都合から、オレはボルボジャージを持ち出すことに。
しかも酔った勢いで、一番古いジャージを着ると言ってしまった。
一番古いジャージ、すなわち一番インパクトのあるジャージ・・・。
まさかあれをレースで着ることになるとは( ̄◇ ̄;
どうしよう・・・。


前日の深夜、「出発だよーん」とツイートしたオレ。
そしたら、Mr.Cannondaleから御託宣が降ってきた。

富士見は踏むな、回すのだ・・・
ちゃんと寝ろ・・・
You Cannondale・・・

うへえ、そのお言葉、ありがたく頂戴つかまつりまする・・・(笑

他のメンバーは、前日夜に現地入りしていた。
オレは仕事が終わってから直行したので、早朝に現地入り。
皆さんの宴会が終わった後に着いた。
うーむ、寝られそうにないな(笑。

夜が明けてザワついてきた駐車場、起きてきたチーム員にも合流。
すると、そこに真っ赤なボルボ・240に真っ赤なボルボ・キャノンデールレプリカを載せた方が。
うお~、これはオレが17年間も夢見るキャノラーの姿!
さっそくナンパだ!
オレも調子に乗って、「今日はいいもの持ってるんですよ」と、持ってきたジャージをお見せして記念撮影。


いや~、この瞬間は一人で盛り上がってしまった。
キャノラーのはずのCOGメンバーもドン引きだ!(笑

このスバラしいF700は、赤い時代のボルボ・キャノンデールレプリカ。
VOLVOのロゴはシールじゃないのだよ!
ハンドル・ステムはCODA、サドルはセライタリア、タイヤはIRCと、ツボを抑えた状態を維持されていた。
縦書きロゴのシンクロス製シートポストなんて、マジ泣けてきます。
Flashと交換してくださいよと言ったのは、冗談でなく本気だったのだ(笑

ボルボ・キャノンデールは、1994~2002年まで存在した伝説のチーム。
ティンカー・ウォレス、アリソン・サイダー、ミッシー・ジォーヴィ、アン・カロリーヌ・ショソン、ブライアン・ロープス、セドリック・グラシアなどなどのビッグネームが在籍していた。
日本人も鍋島選手がDHで名を連ねていましたな。
なかでも前半4年間の赤い時代のインパクトが凄かったのだけど、このジャージはまさにその赤い時代のもの。
なにせデビューイヤーの1994年、世界選女子XC優勝、女子DH優勝、男子XC2位というリザルトだからね!

MTBがまだアメリカ中心だった時代。
強いだけでなく、カミオンまで真っ赤に染めるというカッコ良さ。
MTBに乗り始めた若僧の心を奪うには充分だったね。

17年も経ってるし、知らない人も増えてきたのだけどね。
知ってる人にはマイヨ・ジョーヌに等しいインパクトがあるジャージ。
それを今日着て走るのは、メタボ警報が出ているオレ・・・(笑。

夢見心地のオレの目を覚ましたのは、マナブさんだった。
「スタートお願いね♪」
「えええ???いつ決まったんですか!?」
「ゆうべの会議。」↓

目立つジャージに目立つスタート。
不覚・・・orz(笑。


早朝にピットを確保した我々。


タープを提供してくださったヤノさん。
こんな住み心地のいいピット、初めてでした(笑

エルゴンの新作グローブでマナブさんをノックアウト、満足そうなイシムさん。

というのは冗談。
まだ早朝だからね、マナブさんは会議の影響でまだ酒が抜けていなかった(笑

午前中のキッズレースを観戦するヒデさん、マナブさん、よーこさん。
CFRもこれだけ並ぶと迫力がありますな。
キッズレースが一番盛り上がったんじゃないだろうか??(笑

これは60分ソロのスタートシーン。
先導するのはマシュン選手、辻浦選手の現役プロライダーに、王滝でもお見かけした渡辺キャリーさん、往年のSCOTTライダーポール・チェットウインドさん。
うひゃー、懐かしい~!

ちなみにキャリーさんは、元キャノンデールのDH選手。

若き日のカズ選手の同僚・先輩格になるのかな?(今でも若いけどね)

バイカーズのレースやイベントはたくさんある。
プロライダーの皆さんは、朝から夕方まであちこちで先導やら教室やらに携わっていた。
本当にお疲れ様、そして、ありがとうございました。

しかし暑い・・・。
オレは寝不足だったので、車に戻って1時間ほど仮眠させていただきました(笑。



仮眠を終えると、皆さんはレストランに。
後ろにいる赤いのがオレ。

この席で、全日本でもお見かけしたカメラマンの方がお隣に。
「今日はカズ来ないの?」
とカメラマン氏。
「今日は自宅待機だそうです。」
と、山本家の状況を即答する我々(笑。
カズ選手、カズ軍団の認知度も上がっているようですよ(笑


スタート順は、オレ、ベルちゃん、ヒデさん、ヤノさん、マナブさん。
しかしスタート直前にカレーなんぞ食ってしまったオレ。
飯食った直後にバタバタと招集地点に並ぶ。
うほ、肥えてるな(笑。

やっぱねえ、このジャージ目立ち過ぎたかもしれない。
こんなに肥えたボルボ・キャノンデールなんて見たことねえよ(笑
もうヤケクソ!

手を掴まれているお隣の方は、駐車場でお近くに停めていらしたキクチさん。
キャノンデールに乗られていたので、起き抜けにお声掛けさせていただきました。
スタートも偶然お隣に(^^)

キクチさん、昨秋の緑山にも出走されていたそうです。
キャノンデール乗ってたら、キャノラー軍団から物凄い声援を受けてビックリしたと仰っていました(笑。
ほら、あそこにいるのがその時走っていた仲間ですよ~。

そしてスタート。
意気揚々と走ってきたはいいが、戻ってきてヘロヘロ。

だってさ~、心拍190越えそうになるんだもの。
これ以上頑張ったら、まじで死んじゃう。

でも、よーこさんのストップウォッチがそれを許さない(笑。
何とストップウォッチ1つで全員の全ラップを的確に記録!
さすが過ぎてグウの音も出ねえ・・・( ̄◇ ̄;。

全部じゃないにしろ、同じ場所を走ってみて改めて思ったこと。
カズ選手はじめ、エリート選手はやっぱり化け者だよ。
何度も見てるけど、異次元過ぎてイメージトレーニングにもなりゃしない(笑。
カズ選手のアドバイス通り、踏まずに回そうとするのだけど、他の選手もいるから思ったようには走れず、そこでまた疲労してしまう。
このへんがツーリングとレースの最大の違いだね。

でも、登りが限界を迎える頃に下りに入る今回のレイアウトは、素人の参加するイベントフォーマットとしては本当に絶妙でした。
コースセッティングしたの誰だろう??
常設にして欲しいくらい楽しく、素晴らしいコースセッティングでしたね。

第2走者、SOBE Cannondale担当のベルちゃん。
登りは生きてる意味がないとまで言っていたのに、登りが速いウソつき。
佐渡でもブイブイ飛ばしたらしいからねえ・・・(笑。
ヒデさんに次ぐタイムの持ち主でしたな。

ベルちゃんを待つ第3走者は、Siemens Cannondale担当のヒデさん。
MTBレースは初めてだったそうですが、メンバー最速でありました。
聞けば学生時代は陸上選手で、ダートバイクもBMXの経験があるし、DHもやってるしね。

ヒデさんからトラポンを受け取る第4走者、Cannondale Factory Racing(2011)担当のヤノさん。
ヤノさんのバイクはRize。
オレより先輩ですが、速いのですよこれが・・・。
勢い余ってゲートを間違え、連続2周回をこなされた!(笑


でもピットレーンで後方不注意の選手に接触して転倒、6針も縫うお怪我をされてしまった。
頭や腕でなかったのが不幸中の幸いでした・・・。

そして本日の第5走者兼カントク、Ducati Austin Cannondale担当マナブさん。
RedBullロゴが眩しいこのジャージ、ホントに珍品。
ごっち親方「ま、気ぃ入れて走ってこいや。
マナブさん「がってんでさ!
よーこさん「あらあら、まあまあ。
(全部ウソです)

普段オレらの写真を撮ってくれるプロカメラマンのマナブさん、走っている写真は少ないんだよね。

デジイチで撮りたかったな・・・。

ごっち親方つながりで、ストラーダさんの方々ともお話させていただいている今日この頃(^^)
王滝でもJでも全日本でもお会いしましたね!
何度もお会いしているのに、お名前聞き忘れているダメなオレ・・・。
今日はファンキーなSALSAをファンキーな金と紫に染め上げてご登場。
テーマは仏陀、蓮の花!

この方は、TREKフィッシャーSuperFlyにキャノンデール製SAVEポストをつけておりました。
SAVEポストはオレのFlashにもついているし、カズ選手も使う「しなる」シートポスト。
ん?SuperflyにSAVEポスト??


そう、komezouさんブログにも顔を出されている「の@さん」です(ブログはこちら)。
ストラーダのお方だったのですね~。
komezouさんによろしくお伝えくださいと仰っておりました。

4時間耐久も折り返し、2時間ソロがスタートする。

そう、イシムジャージ(Cannondale Factory Rasing 2010)担当のイシムさんがスタート!
もともとロードにハマっていたイシムさん、今年は大真面目にMTBに取り組み、ここ富士見でのJデビューも済ませた。
プロのレースばかり見ているオレが見たって速そうなフォームに進化している。
実際、なんと9位!
すげ~( ̄◇ ̄;

「パパのお仕事は自転車!」とはご令嬢の弁(笑。

娘さんまだ小さいから、それだけ自転車乗っている証ですな。

そして4時間耐久の終わり、ヒデさんが最終走者でスタート。
ヒデさんがゲート閉まる前に戻ってくれば、もう1周回ることができる。
よーこさん曰く、「間に合うはず」。


そして本当に間に合ったヒデさん、ラストスパート!
この姿、ホントに初めて???(笑

ゴールも全速で駆け抜けた結果、なんと我々は5人組11位であると。
上位半分どころか1/3に入っちゃった。
すげ~( ̄◇ ̄;

オレは脚を引っ張っちゃったけど、記念撮影には力が入るぜ~(笑。
このジャージ群を全て知ってるそこのあなた!
立派過ぎるキャノラーです(笑

応援と撮影をしてくれた龍っちゃん、厳しくも優しいマネージャーよーこさん、ありがとう!

龍っちゃんが撮ってくれた動画はこれだ!

片付けの最中、イシムさんが脚攣ったのは秘密だ(笑

広告

12 Responses to 灼熱地獄、シマノ・バイカーズ

  1. NOBRAND says:

    >カズ選手

    ぐふっ
    去年の秋は頑張ったのにヤメちゃったし(^^;
    また始めますよ!

  2. KAZU says:

    LSDは大切です。
    『継続は力なり。』です。

  3. NOBRAND says:

    >カズ選手

    前日深夜のアドバイス、ありがとうございました。
    走ってる最中、常に心掛けておりました。
    富士見って、見た目以上に進まないんですね~。

    マナブさんが素晴らしい画質でドカンと載せてくれたので、恥ずかしいったらないです。
    太ってるし(笑

    心拍190もですね、あっというまに届いてしまうのですよ(笑。
    安静時でも90くらいあるので、すぐ動けなくなっちゃって(^^;
    人の走りを語る前に、自分がLSDの旅に出なくては・・・(笑

  4. KAZU says:

    バイカーズお疲れ様でした!
    マナブさんの所のスタート前のKTさんの写真物凄くカッコイイ~

    心拍も190近くまで追い込めたようで素晴らしい!です。

    来年のトップバッターのためにもトレーニングスタートですね!
    その前に緑山??(笑)

  5. NOBRAND says:

    >キクチさん

    おいでくださって嬉しいです!
    いやいや、朝っぱらから大変失礼いたしました。

    スタートでは腕まで掴んでしまって(笑
    登坂では気がつかずに失礼しました。
    少人数で参加とのことで、相当大変だったのではないですか??
    スタートの写真は、一緒に走った仲間のマナブさんが撮ったものです。
    こちらもよろしければのぞいてみてくださいね。

    http://blog.livedoor.jp/yu_rin_yu_rin/

    先の予定は全然立っていないのですが、緑山ですか~(笑
    周囲がザワザワしはじめそうな予感が(^^;

    今後ともよろしくお願いいたします。
    また遊びにいらしてくださいね!

  6. キクチ says:

    こんばんは、キクチです。
    画像入りでのコメント有難うございます。
    来年のバイカーズで再会したいですね!秋の緑山というのもアリかな!?(笑)

  7. NOBRAND says:

    >弐の槍さん

    弐の槍さんは全部知ってるでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ
    まだ赤ボルボ後期、青ボルボ全般、白シーメンス、ブレイデスタインが抜けてますな(笑
    そこまで揃ったら、オールドタイマーに出た方がいいのかな?(笑
    走るのはアレでしたが、楽しかったですよ!

  8. NOBRAND says:

    >マナブさん

    お疲れ様でした!
    帰路に渋滞がなかったのが幸いでしたね~。
    私は一滴も飲んでないのにあのザマでした(笑
    トップバッター、ローテーションしましょうよ~(笑

  9. NOBRAND says:

    >赤が好きさん

    はじめまして!
    赤いのがお好きなんですよね(笑
    存じておりましたよ~。
    17年も経っているので、当時を知らない方も増えたようです。
    こんなカタチではありますが、こういうのがあった、という記憶が繋がればと思います。

    高年齢化、確かにそうなんですよね。
    Jでも団塊Jrの世代が一番多いようで、若い人がなかなか増えないと聞きました。
    悩ましいものですね。

    これからもよろしくお願いいたします!

  10. 弐の槍 says:

    スゲ~!!やっぱ赤VOLVOは伝説のジャージだよね。
    SOBEジャージも後期のオレンジだし、マニアック過ぎ。いや、私はノーマルな人間だから、全然分かんないけど・・・・(笑)
    絶対的に、常日頃乗ってる人には敵わないです。
    凄く楽しんで来たのが手に取るように分ります。

  11. マナブ says:

    二日酔いの状態で、ヘロヘロだった時はマジでヤバいと思ったけど、
    なんとか復活できてよかったよ!トップバッターのお役目、御苦労さんでした!

    来年もまた、トップバッターでよろしくです!!(笑)

  12. 赤が好き says:

    はじめまして、いつも ROMさせて頂いてます

    懐かしいジャージや MTB、皆さんの愉しそうな姿を楽しく観させて頂きました
    しかし MTB’erな先輩方の高年齢化を感じる今日この頃でs・・いえ、ミスタイプです

    cannondale関連の webコミュニティで、ちらほらとお見受けする皆さんのリアル笑顔も
    拝見させて頂きました、これからも楽しいブログを続けられてください

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。