墓参り

いや~、チェコのワールドカップは面白かったですね~。

コースもそうだけど、カメラワークが素晴し過ぎ。

特にカメラが選手と並走し続けるシーンなんて陸上競技見てるようでね、新鮮でした。

あそこまでショーアップされると、選手も力入るんじゃないかな?

で、その興奮冷めやらぬ中、お盆の墓参りで里帰り。

今年はFlashで帰ってみた。

Flashで100km越えるのも今回が初めてだなあ・・・。

Flashにとっては初めての里帰りになるのだけど、懐かしい場所にも行ってみた。

星矢選手がブチこけたチェコのロックセクション見ていてね、ここに似てるな~と思って。

ここは初めてMTBを買った頃によく練習していた岩礁地帯。

こういう段差を乗り越えていかないと前には進めない。

相手はうねる岩だから、腰を引き過ぎるとフロント荷重がスッポ抜けてハンドルが持っていかれる。

ブレーキ掛けすぎて停止してしまうと身動きも取れなくなる。

これはチェコのロックセクション。

ラダーの先の段差はこのくらいの高さはあったんじゃないかな・・・?

ウチの近くにはトレイルがないのでこんなことをやっていたんだけど、もちろん完全なテクニックは身に付かなかった(^^;

トライアルが目的ではなかったけど、我流の悲しさで変なクセを付けちゃったんで発展性がないんだな。

ホレ、前が上がっても後輪が直進して段差にぶち当たってる(笑 ↓

前が上がるだけでも劇的に走破性は向上するのだけど、本当に上手な人は後輪を段差に当てずにクリアします。

オレの場合、段差が滑りやすい木の根だったりすると後輪が横滑りしてしまい、足を着くことになる。

ペダルで漕ぎ上げてるのもアウトで、荷重移動しきれていない証拠。

これではクランクを地面に引っかけて転倒しちゃう。

オレはインストラクターを目指す気は全くないけれど、機材任せに乗るのもつまらないでしょう?

脚を鍛えるのと併せて、こういうのもまた練習しないとなあ・・・。

広告

4 Responses to 墓参り

  1. NOBRAND says:

    >ヤノさん

    Fluid Rideって言葉があって、上手な人は水が流れるように走っていくんですよね。
    今回のチェコ、そのへんがよくわかるカメラワークでしたね。
    ああいう風に走りたいですね~。

  2. NOBRAND says:

    >たまあみさん

    転んだらガリガリになりますよ(笑
    転んではいけない=無理できない→嫌でも実力を思い知らされる
    という図式です♪

  3. ヤノ says:

    ワールドカップ見て思いました。上手い人って淀みなく下って行くなと。ヒラリ、ヒラリとまるで段差が無いかのように。俺も荷重移動を意識して乗ってみよう!

  4. たまあみ says:

     転んだら身体と車体が痛そうですが、面白そうな場所ですね^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。