最後に信じられるのは

やはりトム・リッチーかもしれん(笑。

Ritchey Breakawayのタイタニウム製クロス車。

これを買ったら、オレは自転車趣味をアガれるかもしれない。

欲しいよ~。

Ritchey Break-Away Bike Assembly Instructions

Ritchey Break-Away Bike Disassembly & Packing Instructions

ゲイリー・フィッシャーと一緒にMTB屋を始めたトム・リッチー。

世界最強のクロモリMTBを見なくなって久しいけれども、どっこいバイクを作っていた。

カーボンバイクに分割フレームなんて芸当は難しいだろうし、需要は小さいのかもしれないけど、この矜持がいいね。

29er人気でフィッシャーばかり目立ってるここ最近だけど、オレはリッチーの方が好きだ(笑。

リッチー・ロジック万歳。

広告

11 Responses to 最後に信じられるのは

  1. NOBRAND says:

    たけちゃんさん

    たけちゃんさんとはキャノンデールだけでなく、リッチーでも繋がってると思ってますよ(笑。
    WCSのアルカンシェルは伊達じゃないですよね~。
    3Kカーボンのローライザーなんて、剛性感が絶妙で手放せないです!

  2. NOBRAND says:

    マナブさん

    リッチーと言えばリアルレーシングバイクだったんですけどね。
    まさか旅バイクで生きているとは意外でした。
    でも、これはマジでカッコいいですよ!
    やはり旅バイクから始まったキャノンデールにもやって欲しかったな・・・(^^;

  3. NOBRAND says:

    イシムさん

    こういう分割できるバイクを「デモンタブル」って言うんだ。
    ジャンルとしては昔からあるんだけどね。
    これは飛行機輪行に向けて作ったようで、専用ケースも付いてるみたい。
    こういうのは金属フレームだからできること。
    カーボンの時代に得意技の活路を見つけたリッチーは、やはり格が違う!(笑

  4. NOBRAND says:

    komezouさん

    やばい、komezouさんの購入煽りが始まりそう・・・・(^^;
    チタンはやっぱ欲しいす!
    派手さはないけど、飽きもこないと思うのですよね。
    チタンバイクとしてはお手頃ですね、これは。
    最高の旅バイクが組めそうです。

  5. NOBRAND says:

    龍っちゃん

    匿名の大部分は龍っちゃんだと思ってたりして(笑。
    これ渋いでしょ?
    人は変わらず、自転車だけが進化したんだよ。
    すげー安心するよ。

  6. 最後にというより、どんなときも信じることが出来るのがリッチーですよね。安心して使用できます。

  7. マナブ says:

    フレームを分割できるのは凄いなぁ・・・
    でも慣れないと、組んだりバラスのに
    時間がかかりそうだね!

  8. イシム says:

    これはすごいですね。
    見入ってしまいました・・・。
    バラス方では一番肝心な
    フレーム分割シーンがカットされてますね♪
    確かにカーボンでは厳しいかも!(笑)

  9. says:

    なぜか匿名になってしまっている・・・

    もしやこれも?(;´Д`)

    龍ですよー( 」゚Д゚)」 (笑)

  10. komezou says:

    最終的には、チタンorクロモリ?
    さて、どちらでしょうか?

  11. 匿名 says:

    うーん、渋い。

    飾らないフレーム形状にフルリジット・・・・

    自分が昔乗っていた、リッジランナーになんか通じるものを感じます(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。