緑山スタジオのMTBレース観戦(^^)

野辺山CX、新東名レース・ライドと、ビッグイベントがカチ合った週末。
自転車仲間のMotoさんが緑山レースに出場するというので、遊びに行ってきたよ。
GENさん、komezouさんにも久しく会えていないしね。


緑山スタジオのMTBレースは、オレが自転車始めた頃には既にあったのだけど、出たことは一度もない。
大昔に出ようとしてポシャったこともあるし、昨年も出るの辞めたりしたんで、来ること自体が初めて。

どう行こうか考えながら、オバQ鶴川駅に降り立った。
15年くらい前にもこの駅に降りた時は道路まで何もなかったけれど、ずいぶん様子が変わったみたいだね。

で、緑山スタジオ行きのバスに乗る。
乗るときに何故か行き先を聞かれるのだけど、疲れた顔した人は何も言わなくても「スタジオ?」と聞かれる。
オレももちろん、「スタジオ?」(笑

会場に到着。
うーむ、やはり大勢いますね。
轍屋さんの方々をはじめ、MTB女王の片山選手も参加しておりましたよ。

そして、Motoさんご一家を発見。


Motoさんの新車、スペシャのEPIC。
うーむ、クルハヴィがワールドカップ、世界選手権を圧勝したバイクかあ・・・。

ブレーキはXTRの新型に変更されております。
ブレインショックはここに付いてるんだね。

黒い部分は塗装ではなく、カーボンが透けて見えているのだ。

レース後に少し試乗させていただきましたが、真っ先に感じたのは違和感がないこと。
26インチしか乗らないオレが乗っても違和感がない、というのが違和感(笑。
漕いだ感触からして凄く進みそうで、ハンドリングも重さを感じないのです。
これ、凄く良くできたバイクみたいですよ??


今日はMotoさんの息子さんも参戦するのです。
コーディネートされたヘルメットがカッコいい。
しかも私の愛するBELLではありませんか!

そして招集へ。
子供達はプッシュバイクに乗る幼児から5-6年生まで、まとめて招集されておりました。


小さいクラスは親御さんも大変(笑。


コースクリアするパトロールさんも、サンタの格好で子供の気を引くのだ(笑。

そして、Motoジュニア君の1-2年生クラスがスタート!!
頑張れ~!


Motoさんもフィールドに出て応援しまくり。
熱血パパの気合が飛びます。

いいペースで踏み踏み。
がんばれがんばれ。

照れ臭い話ですが、子供がいないオレにとっては新鮮な経験でしたね。
年を追うごとに大きくなり、速く走れるようになるのを見れば、目を細めたくなるでしょうね。

2周目に突入。
1-2年生はコースのフラットセクションを2周するのです。
このストレート、大人が本気で漕ぎを入れる広さがありますが、子供にとってはどんなにだだっ広いのかなあ?

いつか独り立ちするであろうジュニア君、男は自分で人生を転がすのだ(笑。
あと半分だよ!

お父上の気合もさらに飛びます!

頑張れ男の子!

サンタパトロール氏、低学年まではランで対応!(^^;

ゴール後のMotoジュニア君。
砂利が多い路面だったので転ぶお子さんも何人かいたのですが、無事にゴールできました。
そして、レースで興奮した心はシャボン玉で癒すのだ(笑
「ねえねえ、シャボン玉撮れる?」
とご注文たまわりましたが、気に入ってくれるかな?(^^)
今日はカッコいい走り姿を見せてくれましたね!

5-6年生になると、もう走りは大人並み。
永久機関の如きパワーを見せ始めますな。
コースも登坂セクションを含めたもので、さすがにサンタパトロール氏もバイクで追随することに。
いやいや、これは大変だ・・・。


さて、キッズレースが終わり、お昼休み。
この日はもう1つの目的があった。
それがコレ。

コレ、あのバイクスタンドの新作であります。
9月のJ1富士見でご紹介いただき、1台用をお願いしていたのです。

想像していた大きさなら、輪行よろしく持って帰るつもりだったのだけど、予想外の大物(笑
ここまでデカいと車じゃないと持って帰れず、後日引取りにお伺いすることに(^^;
わざわざお持ちいただいたのにすみません・・・。

もう1つの出会いはこれです。
知ってる人には懐かしい、TREKの名車Yバイクであります。
しかも95年製の初年度モノ。
Fuelのご先祖様ですな。

フレームはOCLVカーボン製で、美麗なメタリック塗装が如何にもアメリカンバイクですな。
こういうフレームなだけに、当時のTREKに所属していた外人選手はカスタムペイントしておりましたね。
キャノンデールのSuperVと並び、よく目立つバイクでありました。

フォークは最近のRockShoxに換装されています。
当時はきっとRockShox Judy XCあたりが付いていたのでしょうね。

サドルは90年代に流行った刺繍入り。
今となってはこれも貴重品。

TREKのロゴは、95年くらいまではこういうシンプルで賢そうなものだった。
96年頃にポップな感じになって、今はまた往年の書体に近くなったのかな?
TREKは昔からカーボンに熱心で、OCLVカーボンという商標もこの頃には既にありました。

当時はバイクメーカーが自社ブランドのサスペンションフォークを売っていた最後の時代でもありました。
スペシャライズドはフューチャーショック、キャノンデールはヘッドショック、という具合。
TREKもショーワ製のサスフォークのブレースをOCLVカーボン化して売っていましたな。
このヘッドバッジなんて懐かしくて懐かしくて・・・(笑

泣けるのはバイクだけじゃない。
バーエンドはボルボ・キャノンデール御用達のONZA製!
Tig溶接バリバリなのがカッコいい!

そしてペダルは当時ジョン・トマック御用達だったTime製ATACペダル!

さらに泣けるのがこれ。
シマノXTのチェーンステープロテクター。
このフィンは本来三角形で、チェーン落ちを防ぐためのもの。
確かシャークフィンとかいう名前が付いていたような・・・。
いや~、すげー久々に見た(笑。

当時から現在までのパーツが満遍なく付いていて、大事に乗っているのがよく判ります。
いやいや、良いものを見せていただきました。


そして、大人クラスが始まる。
MotoさんはAndy-Kさんと2人組2時間耐久であります。
Andy-Kさんには初めてお会いしましたが、イケメン光線が眩しいスマートな方でした。
バイクはブラックのTREK GFC パラゴン29erであります。
サドル高いなあ(^^;

第一走者はAndy-Kさん、3周ごとに交代という段取り。
で、ギリギリの時間に招集へ。


Motoさん、「後は任せた!」という表情(笑

ピットは出口近くに確保。
しかし合流間際なので、他のライダーのスピードが速過ぎて怖かった。
広いエリアじゃないので、このへん改善の余地ありかなあ。

そして、カウントダウンが始まる・・・。

スタート!!

Andy-Kさんは後方スタートだったようですが、かえって落ち着いたスタートができたようですね。
どのレースでも勝ちを狙う人はいるので、前の方は結構危ないですからね。

これから2時間、あちこち移動しなければ。
Andy-Kさん、Jシリーズエリートの大江選手と2ショット。
Jでも1ケタ常連の大江選手、さすがに鬼のように速かった(笑

Andy-Kさんは初めてのレースとのことでしたが、無事に最初の3周回を終了。
さあ、Motoさんと交代ですよ。

奥様に送られて、Motoさんスタート!!

同時に、オレも場所を移動。

すると、ドロップハンドルが走ってくる。
ふむ、シクロクロスですか、と思いきや、正真正銘のロードでありました(笑。


しかも二ールプライドって、デビューしたばかりじゃないの??
タイヤもロードのままで、凄い勢いで緑山を走り回っておりました。
この日、一番目立ったバイクじゃないだろうか??(笑

その後には超懐かしいバイクが走ってきた。
先日このブログでも話題になった、リッチープレクサス!!
Flashをはじめ、今のカーボンバイクに通じるコンセプトを持ったクロモリの名車であります。
ジャージも当時のリッチーワークスのものですな。
これは凄いな。
今日はいい日だな(笑

いかんいかん、本来の目的に戻らなければ。
Motoさん、快調に戻ってきましたよ。

実はこの日、望遠レンズを忘れるという大失態を犯したオレ。
アップ写真は撮れないので、風景勝負。
緑山名物のトンネルを抜けるMotoさん。

トンネル上部の尾根筋。
ここは絵になる場所に思いましたよ。

片山選手はさすがに段違いの走りを見せておりました。
流れが途切れず、障害を受け流すかのような走り方、柔軟な身体は軟体動物の如し。

サンタパトロール氏も走ります。
この日、最もお疲れ様だった方ですね。
いい笑顔でカメラ目線くれました(笑。

Andy-Kさんの2回目。
黒いバイクに赤いジャージが映えます。

Andy-Kさん、レースしてます!


ここを越えるとすぐにシングル下りだから、ポジションを死守したいところであります。

Motoさん2回目。
シングルを抜けて登りとなる場所。
抜き所のようで、誰もが虎視眈々といった感。
Motoさんもレースしてます。
いいなあ、走りたくなっちゃうね(^^)

バックストレートを抜けて、くねくねセクションに。
ここは高速コーナー、オートバイ乗りのMotoさんには気持ち良い場所?(笑

小さなドロップオフを越えるMotoさん。
ここはバームも付いていたので、面白かったんじゃないでしょうか??

Andy-Kさんもドロップオフを攻めます。

ピットでたたずむMotoさん。
見ての通り、埃が凄かったですね(^^;

Motoさん、最終交代。
このままMotoさんがゴールを迎えそうです。
Andy-Kさん、ニコニコしてますね。
初めてのレース、楽しめているご様子です。

Motoさ~ん!
ゴールはもうすぐですよ!

そして、Motoさんがチェッカーフラッグ!
2時間お疲れ様でした!

いやいや、見ていて走りたい気になりましたよ。
Jシリーズはコースがエグいから走りたいって気がなかなか起きないけど、緑山は激しく危険なセクションがないので、楽しそうです。
このへん、コース設定の配慮が垣間見えた気がして、長く続いてるだけあるなあと思ったよね。
来年はオレも走りたい!

テントに戻ると、GENさんですよ。
お久しぶりですね!
舗装路くらいなら自転車に乗れるくらいまで回復しているとのことで、いやいや良かった良かった・・・。


ん?手に持つのは新しいカメラ??(笑

というわけで、緑山観戦は無事に終了。
テレビ局のスタジオ敷地内という特殊性はあるものの、大都市の中でこれだけ走れるMTBレースは貴重ですな。
輪番休暇などで超久しぶりとなった皆さんにお会いできて嬉しかったです。
寒い季節になったから、またMTBでお邪魔させてくださいね!

帰り道はkomezouさんに送っていただきました。
自転車趣味の大先輩であるkomezouさんとの自転車談義、楽しかったです。
が、朝早かったせいか睡魔が凄くて寝落ちしかけたのはここだけの秘密・・・(笑
大変失礼いたしました(汗

12 Responses to 緑山スタジオのMTBレース観戦(^^)

  1. NOBRAND says:

    >Sinさん

    Yバイクは走ってるのを見なかったんですよ。
    フリマの店を広げていらしたのです。
    ほとんど乗っていないうちに振れちゃったというマヴィック・ヘリウムが100円でした(笑

    しかしスリングショット、日本にも入ってたんですね~。
    そのうちサン・アンドレアスとかにも出会えるかな??(笑

  2. sin says:

    緑山って変なバイクが多いですよね~。
    前に走ったときはスリングショットとか走っていて笑えました。

    しかし、Yフレームでオフロードは怖いな~。もはや骨董品に近いようなw

  3. NOBRAND says:

    Motoさん

    お疲れ様でした~。
    デカデカ載せてしまいました(⌒-⌒; )
    見ていて走りたくなりましたよ!
    早く治します!

  4. NOBRAND says:

    たっちゃん

    長いのはいつものことだよ(笑)
    ここは危ない場所がないみたいだから楽しいかも。

  5. Moto says:

    緑山で久しぶりにお会いできましたね。沢山写真を撮って頂き、一家で感動です!ありがとうございました。指が治ったら走りましょう。楽しみにしております。

  6. says:

    相当楽しんできたようですね。

    なぜなら・・・・

    ブログが長い(笑)

    このレースと野辺山シクロとシマノバイカーズは、出てみたいレースなんです(´-`)

  7. NOBRAND says:

    >komezouさん

    いやいや、お察しの通りです(^^;
    ありがとうございました!

    リッチーのデモンタブルのインプレ、興味ありますね。
    スカぴょんにドロップハンドル付けてることと言い、そのお方はナイス趣味ですね~。
    手が治ったらFlashで行きます。
    もうすぐです!

  8. komezou says:

    お疲れ様でした。
    最初から行かれていたのですね。
    私は里山走ってからだったので、遅くなってしまいました。
    帰りの自転車談義は楽しかったです。

    ・・・落ちかけたのは気付かず。。。
    もしかしたら一時静かになった時かな?(笑)
    私は気にしませんので次回はグウグウ寝てしまって下さいませ。

    次回お会いする時は走りましょうね!

  9. NOBRAND says:

    >みちみちさん

    おかげさまでした!(笑
    床面積小さそうなのでちょうど良さそうですよ。
    ナイスな雰囲気でした!
    早く取りにお伺いせねば(^^;

  10. NOBRAND says:

    >さときちさん

    小さいお子さんが多いので、半分はフラットですね。
    もう半分はしっかり山の中ですが、根っこボコボコとか巨大ドロップオフ、なんてのはないようです。
    楽しむためならバランスいいレイアウトでしたよ。

    しかしさときちさんも侮れないですね~。
    古いこと知ってる(笑

    来年出ましょう~♪

  11. みちみち says:

    おぉ~
    バイクスタンドこれになったんですね^^
    S間氏のデザインホント素敵♪です。
    おうちに来たらぜひUpしてくださいね。

  12. さときち says:

    緑山楽しそうですね!
    割とフラット基調なんですかね?
    あのトレック懐かしいですね〜登場雑誌で観たのを思い出しました。部屋にトマックのポスターもあったなぁ(^-^)
    リッチー(笑)いいなぁ、かっこいいですよね〜。来年出たいイベントですね(^-^)v

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。