Mr.Scott Montgomery, Where are you going?

キャノンデール創業者のご子息であり、副社長でもあったスコット・モンゴメリーさん。

キャノンデール・ヨーロッパやキャノンデール・ジャパンをブチ上げ、ボルボチームの黒幕でもあった人。

2003年のキャノンデール倒産劇のあとにSCOTTにいたわけですが、2010年の秋にはこちらも辞めていたようですね。

ちっとも知らなかった(^^;

てっきりまだいるものと思ってゴチャゴチャ書いちゃったけど、信じちゃった方々、申し訳ありませんでした。

で、何をやってたのかというと、Lifeboat Events(LBE)なるベンチャー企業の会長さんに納まっていたそうな。

この会社、自転車業界におけるトレードショー開催を請け負う会社で、アメリカ各地でDealer Campと称して展示会をやってる。

コンセプトは「Meet, Ride, Decide」。

会って、乗って、決めるわけだな(笑。

他にも「Press Camp」「Urban Press Camp」なるイベントパッケージがある。

いずれも業界相手のビジネスっぽくて、今のところ我々一般消費者とは距離があるみたい。

モンゴメリーさん曰く、自転車メーカーが展示会にかける費用はかなりの負担なのだそうな。

コストダウンの助け舟になる、ということから「Lifeboat」という社名になっているとか。

モンゴメリーさんが起業した会社ではなくて、そのビジョンに可能性を感じて参加したようです。

ところがぎっちょん。

既にLBEにモンゴメリーさんはいないのだ。

どうも方針に違いが生じ、8ヶ月足らずで去ることになったようです。

プータローとなって9月のユーロバイク会場に姿を見せた時のインタビューでは、

「これまでのキャリアで一番面白かったのは、キャノンデール・ヨーロッパやキャノンデール・ジャパン、SCOTT USAを立ち上げていた時。」

というコメントをしています。

今後やりたいことは「entrepreneurial environment」だそうですが、起業家を支援するベンチャーキャピタルのようなものなんだろうか?

ユーロバイクにいたくらいだから、自転車業界でやりたいんだと思うけれども。

95年頃のキャノンデールのキャッチコピーはこうだった。

Cannondale, The future of cycling

LBEのPress CampのWebサイトにはこう書いてあった。

The Future of Cycling Media Events

そして、ユーロバイク会場でのモンゴメリーさんは自身をこう定義する。

I’m a brand builder, a market maker.

Leftyを世に出した張本人が、昔と変わらぬ未来志向で何をやるのか?

大いに気になるところではあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。