東京砂漠、シクロクロス東京!

お台場で開催されたシクロクロス東京に行ってきたよ。

今回が初めての開催になったけれども、大成功じゃないだろうか?
内容はね、もうテンコ盛り。
何から書けばいいのか・・・(^^;
迷った挙句、エリート男子のレースから書くことに。
そう、いつもの通り(笑

東京都港区台場、お台場海浜公園。
フジテレビ社屋の足元、レインボーブリッジを望む砂浜。
ここにお馴染みのコーステープが張られる。

こんなロケーションでシクロクロスが開催される日が来るとは思ってもみなかったよなあ・・・。

最も端っこに位置するキャノンデールのブース。
1ヶ月ぶりにカズ選手に再会。

タイでのトレーニングをこなしたカズ選手は、ヘルメット焼けも鮮やかに日焼けしておりました。

出走が決まった頃からドキドキしていた砂浜セクションを試走。
さすがに大変そうであります。

今回のレースには、シクロクロス全日本選手権の上位選手に加えて、海外からも選手を招聘。
結果、キャノンデール所属の選手はカズ選手を含めて4人。
さらにはキャノンデール・ジャパンの社員さん達もチームを組んで出走する。
キャノンデールの冠レースではないけれども、プレゼンスが強く出るレースになった。

これはエリナさんお手製のケーキ。
料理上手の嫁さんもらったカズ選手、自転車降りても勝ち組だよ(笑。

本日のキャノンデールブース前。
往年のパンダ小屋並みの人だかり(笑


カズ選手、今シーズンは以前から乗っているオプティモ・シクロクロスで走っていた。
野辺山では借り物のSuperXに乗っていたけど、今回は晴れて自分専用SuperXに乗り換え。

前日に初めて乗った新車で、今日が2回目の乗車なんだそうな(笑
まあ、正月明けからすぐにタイに行っていたからね。
サイズは48、コンポはシマノ。
ホイールは以前から使うマビックR-Sys、サドルはこの冬から試しているフィジークの新作、というアセンブル。
設計者であるデンク氏曰く、
「SuperXはSuperSixとFlashの合いの子。」
とのことだけども、カズ選手も同じく、
「そのまんまですよ。」
と言っておりました。
この両車の乗り味を気に入っているオレにとっては困った一言(笑


この日最初のレースとなるエキスパートがスタートすると、エリート選手たちもそわそわと準備を開始。
シケイン付近で撮影場所を探していると、強烈なオーラを背後に感じる。
振り返ると、キャノンデールの海外選手3人がバイクを連れてキャノンデールブースへ向かっていく。
何気ない動作ではあるが、やはり迫力というか、訴えるものがあるというか。
白黒に緑ロゴのカラーリングはあまり好きじゃなかったけれど、こうして見るとやはりカッコいい。
オレはミーハーだからな(笑

今回、海外からは6人の選手が招待されていた。
Cannondale p/b Cyclocross worldからは3人の選手が来日。

左から、
ジェイミー・ドリスコル選手
クリスチャン・ホイレ選手
ティム・ジョンソン選手
いずれも世界のシクロクロスを戦うトップ選手だけに、さすがに華がありましたね。
ティム・ジョンソン選手は、記念撮影にも快く応じてくれました。
子供には特に目を細めていたのが印象的。
レース写真では厳しい表情をしているけど、優しそうな雰囲気を漂わす紳士でしたな。

カズ選手、海外3人組、スペースゼロのメンツで記念撮影。
壮観の一言。

アップ開始。

前から思ってはいたが、カズ選手は欧米人なみに顔が小さい(笑。

エリート男子招集時間。
招待選手は壇上に。
帝王辻浦選手を破った若き全日本チャンプ、竹之内選手。

御大、小坂選手。
18年前にはキャノンデールでMTBにも参戦していた方。

カズ選手やティム・ジョンソン選手も壇上に上がっていたけど、写真撮り忘れた(笑

エラい人たちのコースイン。
日本のレースとは思えない。

スタート位置からすぐの場所にあるシケインはご覧の通り。
人酔いしそうな圧迫感(笑

そしてスタート。
このレベルだと、皆が一斉に同じ動きをする。
写真にするとダンスみたいだね。

カズ選手は12位ほどの位置でスタートした様子。

シケインを越えるとシングルトラックに入る。
オレは一番遠い砂浜セクションに一気に移動。

これは1周目か2周目か、砂浜に飛び込んできたのは全日本チャンプ竹之内選手。
追いかけるのはベルギーのベン・ベルデン選手。

3位ティム・ジョンソン、4位ジェイミー・ドリスコル、5位小坂光、6位クリスチャン・ホイレと続く。
カズ選手は10位前後。

砂浜は1直線に伸びていて、一番奥で折り返して戻ってくる。
往路は丘側、復路は海側。
往路はフカフカなままで、どの選手も苦労していた。
復路は潮汐で水気を含んで固まっているのか、乗れる選手はかなりの速度で走ってくる。

竹之内選手は海外勢を抑えたまま、先頭切って爆走。
観客も大盛り上がり。


これは3周目か4周目か。
砂浜を脱出した明かり区間でのティム・ジョンソン選手。
背後にキャノラー発見(笑


カズ選手も疾走。
Jシリーズに比べて、コース脇の看板が作りこまれているので華やかですな。

シングルトラック終盤、明かり区間でのベン・ベルデン選手。
竹之内選手を抜き去って先頭に。

3位でティム・ジョンソン選手。
RedBullカラーのヘルメット、やはり写真映えするねえ。

小坂選手。
ティンカー・ウォレスと同世代の鉄人。

そしてカズ選手が続く。

トップはベン・ベルデン選手。
竹之内選手は2位で食い下がる。

クリスチャン・ホイレ選手が3位に浮上、ティム・ジョンソンが続く。

カズ選手は10位前後。
このへんからオレも順位がよく判らなくなった(^^;

周囲を見れば判るとおり、ここはハブより高い段差のステアケースセクション。
ほぼ全員が担ぎ上げていた。

ただ一人を除いては・・・。

これには居合わせた観客一同、「おお~」と感嘆。
魅せてくれました。

3位に再びティム・ジョンソン選手。
クリスチャン・ホイレ選手はちょっと離れたね。





カズ選手、6分くらいで戻ってきた。
まだステアケースは続く。
まだ元気そうです。

竹之内選手。
海外勢を従える走りには、意地を感じたんだよね。
不敵な面構えの若い選手、今後の活躍が楽しみ。

ティム・ジョンソン選手。
トップ選手だし、タフなアメリカ人のイメージがあったんだけどね。
写真で見ると、オークリーに隠された眼差しはかなり柔和なんだ。
日本でももっと広く知られて欲しい選手であります。

砂浜セクションの脱出口周辺。
ここは微妙に登っていて、しかもコースが狭い。
ひしめく観衆の壁が日本離れしている。

カズ選手曰く、砂浜の折り返しから戻ってくる時、この辺りが人の壁に見えたそうな。

「そこに飛び込むと思うと怖かったですよ(笑」

カズ選手が砂と格闘。
その姿に観客も大喜び?(笑

そして、この先には低い階段セクション。

ここでも妙技連発のカズ選手。

レース中にこれをやるには、「よっこらしょ」と言うレベルじゃ無理。
全く危なげなく、スピードも殺さずにクリアするカズ選手に観客も大喜び(笑。

しかし絵になるポイントでしたね。
日本じゃないみたい。

レースも終盤。
竹之内選手の気迫。

カズ選手、SuperXは気に入ったようです。

ジェイミー・ドリスコル選手。
砂浜の往路は最後まで選手を苦しめる場所でした。

小笠原カントクも疾走。
このヘルメット、20年位前のやつじゃないのかな??(笑

ティム・ジョンソン選手。
今回のレースがシーズン最後だそうですが、本気のレース見たくなったね。

クリスチャン・ホイレ選手。
スイスから遥々来日してのレースでした。
ロードレーサーとしても来日したことがあるそうです。
サドルは東京スカイツリーの如き高さ(笑

カズ選手。
エリートの時間帯は干潮がピークを迎える頃で、レース終盤に連れてどんどん潮が引いていた。
後半にはこのへん走りやすかったんだろうか?

レースが終了。
ティム・ジョンソン選手の周囲には人だかり。
キャノンデールブース前は常に人が溢れているような状況でした。

ティム・ジョンソン生着替え(笑

ブース前のバイクラックはSuperXだらけ。
もうお腹一杯(笑

ゴール後のカズ選手。
この後、キャノンデールジャパン社員やCOGの面々が参加する耐久を観戦。
爆笑しながら大盛り上がりすることに。
それはまた次回に書きましょう。


カズ選手はオレにこう言った。
「いつになったらもがく姿を見せてくれるんですか!!!」
「今日だったらゆっくり見れたのに!!」
うーむ。
特にシクロクロスにおいては40歳を迎えたことが言い訳にならないことは判ってるんだけどさ~(^^;
来年は何かに出ないと怒られるかも・・・?(笑

12 Responses to 東京砂漠、シクロクロス東京!

  1. NOBRAND says:

    みちみちさん

    え?
    そうなんですか??
    ということは、さらに勝ち組じゃないですか(笑

    松本城シクロの話、聞きました!
    思い出多い場所だけに、大いに気になりますね(^^)

  2. みちみち says:

    違うんですよ、NOBRANDさん
    カズ君、料理上手な奥さんと結婚したのではないんです
    えりりん、結婚前はホントに料理できなかったのに
    カズ君のためにすごく努力してここまで上手になったんですよ(≧∇≦)
    100%カズ君のために上達した料理
    美味しくないはずがない(*^o^*)

    あとね9月に松本城でシクロが開催されるみたいですよ~(^o^)/

  3. NOBRAND says:

    弐の槍さん

    お疲れ様でしたね!
    次の日はブチこけたようですけど、大丈夫ですか??
    痩せたのはメタボのためであって、自転車のためじゃありませんよ!(笑
    つうか、弐の槍さんのキッパリは認めません!!(笑

  4. NOBRAND says:

    ヤノさん

    またやっちゃいました(笑
    回を重ねるごとに重くなるので、この先いつまで持つのかしんぱい・・・(^^;

  5. NOBRAND says:

    たけちゃんさん

    う、念を押された・・・(笑
    来られなかったのは残念でしたよ~。
    吉見はデビューには良さそうですけど・・・(^^;。

  6. NOBRAND says:

    マナブさん

    まさかあそこでやるとは思っていなかったのでビックリしました。
    普通にヒョイと上がってしまうのはさすがでしたね。
    シクロクロス、見てるとやりたくなるのですけどね・・・(笑

  7. NOBRAND says:

    GENさん

    いや~、カメラ教えていただいてありがとうございました。
    モヤモヤがスッキリしたので精進します。
    しかしGENさんの写真はさすがでしたね。
    もっとたくさん見たいっす!!

  8. 弐の槍 says:

    来年とは言わず今年始まったばかりですから、是非、レースに出て下さいね。
    私ですか・・・当然出ません!キッパリ!(爆)
    別人のようにすっきりしていたので、今年はやる気だなって勝手に思っちゃいました。
    場所も有るでしょうが、とても盛り上がって、多くの観客を呼ぶ事に成功した大会ではなかったこと思います。これが定着して競技人口が増えるとメジャースポーツの仲間入りが出来るのになんて思っちゃったりしました。

  9. ヤノ says:

    これまでの中でいちばんの長編ですね。
    iPhoneじゃ無く家のPCでもう一度見直そう(笑)。選手の息遣いが感じられる距離での観戦はコーフンしました。(^-^)/

  10. たけちゃん says:

    吉見に来てくださ~い。(選手としてですよ。)

  11. マナブ says:

    KAZU選手のステアケース!さすがインストラクターだ!
    当然イシムさんもあの段差は乗り超えたんだろうな!(爆)
    しかし、いい写真ばっかりでさすがだよ!
    カトちゃんがシクロ参戦するときは付き合うぜ~~~

  12. GEN says:

    NOBRANDさん、こんにちは
    シクロクロスでは、お疲れ様でした。
    流れがわかる写真や、イメージショットがイイですね!
    公園内のタイトな走りも迫力があってなかなかイイですよ!またこんな機会がありましたら、御一緒させて下さい!
    よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。