ワールドカップ開幕直前、東京シクロクロス

かつてないほどにシクロクロスが盛り上がった冬も終わり。
八王子で行われた東京シクロクロスに行ってきたよ。

結果はカズ選手が2位の向山選手に半周近い差をつけての圧勝。
シーズンイン直前のワールドカッパーの凄さを見せてくれた。

今回、オレの見物目的は2つあった。
1つはシクロクロスそのもの。
牧場や公園ではなく、ベッドタウン八王子の市街地で開催される点に興味があった。
もう1つは、開幕直前のカズ選手の様子。
次に会えるのは5月末の八幡浜。
その時には昨年以上にピリピリしているはず。
今日のカズ選手はオフとオンの狭間にいるわけで、その意味では特別な状況。
さて、今日は何が見られるか?


場所は八王子市役所の目の前。
浅川という川の河川敷で、鶴巻橋という橋の下。

橋の上からはグリーンのテントがすぐ見えた。
目立つのはいいことだね(笑

ワールドカップ開幕、オリンピックシーズンの始まりを控えたカズ選手であります。
先週の東京マラソンExpoで会った時も感じたのだけど、見るからに研ぎ澄まされていた。
完全オフだった年末とは明らかに違うことは、オレにだって判る。

カズ選手にとっては、このあたりは生活の場。
いつも普通にあの橋通ってるんですよ(笑

本日持ち込まれたバイクたち。
もちろん、今日はSuperXで出走する。

CAAD Xは試乗車として用意してくれたもの。
サイズのデカいのは乗ったことがあるのだけど、今回はジャストサイズで試乗できたよ(^^)
エリナさんはワッフルを振舞ってくれたんだけど、写真撮り忘れてしまった(笑

そして、シーズン用に再整備されたFlash29erもお披露目。
この冬にオレたちと遊んでくれた時に乗っていたバイクだけど、そうとは思えぬ凄味を漂わせておりました。
このバイクについては細かい写真も撮ったので、また後日。


今回のコースは、鶴巻橋の下をくぐる形の長細いレイアウト。
川側はMTBみたいな凸凹セクションやシケイン、泥濘セクションがあった。


砂地セクションはお台場ほどではないものの、やはり皆さん格闘されていました(笑。

岸側は高速フラットダートの長大なストレート。
途中に凸凹が一発入るとはいえ、幅も広い。

足のある選手はここで無理なく追い抜きができる。
ローディーもMTBerも、それぞれに強みを出せるような絶妙な構成。


キッズクラス、ビギナークラス(たっちゃん出場!)、中級クラスが終わり、いよいよ登録者クラス。
さて、行きますか。


しかし今日はあいにくの曇り空。
雨が降らないのが不思議なくらいの重い雲。

これまで見てきたカズレースは天気が良かったんだよ。
オレみたいな素人でも、カメラが勝手にキラキラ写真にしてくれた。
しかしこういう状況ではもうダメ。

というわけで、お台場に続いてGENさんのニコニコカメラ教室を受講(笑
ワールドカップを控えるエリナさんも、大真面目に受講しておりました。
職業カメラマンなのに丁寧に教えていただき、感謝しております。

ちなみにGENさんが着ているのは、キャノンデールのメトロジャケットという雨天用のもの。
モーフィスシェルより防寒防水レベルが高いものらしいけど、曇天下の会場で非常に目立っていた(笑
目が痛いくらいの蛍光グリーンなので、被視認性は間違いなく高い(^^;。

今日の招待選手は2人。
カズ選手と、右隣に立つ向山選手。
向山選手は昨年の覇者であります。

カズ選手が国歌斉唱(嘘

そして、スタート!
向山選手が飛び出す。

カズ選手はなぜか置いてけ堀。
この機に乗じて向山選手が逃げる。
逃げる、追い上げる状況になったわけで、見てる方としては面白い展開に。
うっしっし。

序盤先行は向山選手。
カズ選手は10位以下にいたような気がする。

しかしシーズンイン直前のカズ選手は速い。
スムーズに順位を上げ、向山選手を追い上げていく。

3周目くらいだっただろうか?
先行していた向山選手をパスし、トップに躍り出る。

向山選手も懸命に追うが、今日のカズ選手はとにかく速かった。
MTBのトップ選手だけに、凸凹セクションは失速させず、流れるように走り抜けていく。

しかし、今日は高速ストレートのスピードの伸びが印象的だった。
シクロクロスは惰性で走れないので、見ていてもグイグイ踏んでいる感じがありありとしているのが普通。
でも、今日のカズ選手はスーっと走り抜けていくのだよ。

レース後のカズ選手曰く、
SuperXがコースに合ってました。気持ちよかったです。

SuperXはSuperSixとFlashの合いの子。
であれば、レーシングスピードになるとフライホイールが付いたように速度が伸びるのだろうね。
Flashではあるけど、オレ程度でもそれを感じることができるから。
カズ選手の感想は、見ているこちらの印象を裏付けるもの。
キャノラーであること抜きにしても、かなり走るバイクのようです。
次に買うならこれかな~、やっぱし(笑。

そんな調子のカズ選手、後続をブンブン引き離してしまう。

向山選手も懸命に追う。

レース終盤になると、向山選手との差はほぼ半周にまで広がる。
全員周回遅れにするつもりで走っていたのかもしれない。
日本での最後の追い込みだからね・・・。

今回の写真を見ていて、カズ選手はまた表情が変化したように感じた。
もともと整った顔立ちなせいもあって、数年前まではあどけなさも残していたでしょ?
一回り年上の我々から見たら、かわいいというかね(失礼)。

しかし、もうかわいくないよ(笑。
昨年あたりから表情が変化し、男っぽくなった。

この変化を感じているのはオレだけじゃなく、キャノラーではないkomezouさんも言っていた。
最大の目標を目の前にした今、さらに男っぽく精悍になったように見える。

日頃何気なく通る場所でのシクロクロス。
背景は婚姻届を提出したという八王子市役所であります(笑。

このお子さん、カズ選手が通るたびに大声援。
小さい体で大きな声援を送っておりました。
やまもとせんしゅがんばれ~

そろそろゴールかと思ったら、またも間に合わず。
ついにシクロクロスでのゴールシーンは撮れずじまい(^^;

というわけで、カズ選手は気持ち良さそうにSuperXを転がして圧勝。
レース直後にニコニコしているあたり、いい追い込みができた様子。

向山選手と歓談。
こちらも気持ち良さそうな表情でありました。


表彰での歌唱(笑
生活の場で開催されたレースに感慨大きい様子。
またやって欲しいですね。あ、MTBもお願いします(笑

1位の賞品はいろいろあったけど、じゃんけんで勝った結果、これがオレの所に回ってきちゃった(笑。
モノ貰うの慣れてないので恐縮であります(^^;



3日後には南アフリカへ飛び立つカズ選手。
5月末の八幡浜までしばしお別れ。
それまではネット中継の向こう側で声援を送ることになる我々と握手。

今回は超地元でのレースとあって、お隣さんも応援に来ておりました。
出発直前の節目が生活の場、というのも感慨深いものがあるのではないでしょうかね?
傍目にはリラックスしていたし、実際、いつものようにゲラゲラと笑いながら話していたんだけどね。

時折見せる表情は、どことなく違うものでありました。
大きな舞台へ上がる直前であることを漂わせるように思えたのはオレだけだろうか・・・?

さあ、2週間後にはいよいよワールドカップ。
南アフリカとヨーロッパで魂燃やして、八幡浜での決戦を待ちましょう!

広告

2 Responses to ワールドカップ開幕直前、東京シクロクロス

  1. NOBRAND says:

    GENさん

    露出とか教えていただいちゃってありがとうございました。
    おかげさまで真っ黒写真はほとんどなかったです。
    メトロジャケットはずっと気になってたのですが、GENさんの見て決心。
    早速ポチりました(笑
    早く直してすぐ行きます!

  2. GEN says:

    NOBRANDさん、こんにちは
    日曜日は、お疲れ様でした。
    今回も色々な撮影カットがあってカッコ良く撮れていますね!レースの感じが伝わって来ます。
    自分の姿は、久しぶりに見ましたよ(笑)もっと絞らないといけない体型です(泣)
    マシンメンテが終わったら、こちらにも走りに来て下さい!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。