今週末のカズ選手、UCI World Cup #3 チェコ

カズ選手の欧州遠征も残すところあと2戦。

今週末はその1つ、ワールドカップ第3戦チェコに出走する。

カズ選手はもう現地入りしていて、コースもぐるぐる走っているようですね(^^)

昨年のチェコのレースは、オリンピックの陸上競技中継を彷彿させる移動カメラとか、なかなか目新しい映像を見せてくれました。

地元選手であるクルハヴィが極めて快調の状態で凱旋したこともあって、見るからに盛り上がっていた記憶がある。

実際、色々と評判が良かったみたいだね。

*

エリナさんがFBにジャンプセクションを調子よく飛ぶカズ選手をアップしてくれましたが、元気そうですね。

昨年のカズ選手は、ここで当時のワールドカップ自己ベストである78位を記録した。

その意味では相性良かったのだろうし、良い印象を抱いているコースじゃないかな?

その次のイタリアでは、さらに74位と自己ベストを更新している。

こちらは2008年世界戦でも訪れた既知の地であることもメンタル的に作用したのかもしれない。

そして今回のチェコでは、上記2つの条件が揃うことになる。

いきおい、昨年以上の好成績を期待しちゃうオレがいるわけですよ(笑。

今回は完走はもちろん、60位以内という目標の達成も期待したい。

カズ選手はこういったギミックコースは大好物のはずだし、大いに燃えて欲しいものだね。

CFRのトップ2名も、今年は2戦連続で3位という好成績を残している。

こうなったら表彰台の1つでも上を狙って欲しいもの。

フミックも本棚氏も昨年より後半の粘りが出てきたように見えるんで、こちらもやはり期待しちゃうわけだよ(^^)

昨年のコースはこうなっていたね。

星矢選手が派手に転倒し、Freecasterで何度もリプレイされたのは、Rock’n Rollというセクションでした。

そして、今回のコースはこれ。

開催地は昨年と同じ、コース自体も昨年と大きく変わっていない様子で、Rock’n Rollも健在のようです。

ただ、よくよく見ると変化はやはりあって、今年はループセクションが廃止され、九十九折りの量も減っているみたい。

この変更によって29erの巡航性能が発揮しやすいようになったのかはわからない。

けれども、ちょこまかしたセクションが得意ではなさそうなクルハヴィ+29erに向いている感じではあります。

しかし今年はアルカンシェルの呪いでパっとしないクルハヴィ、ここで勝てるか否かは注目したいところ。

調子悪かった昨年のニノ・シューターよりも成績が悪いので、ここで勝てないとかなり株を落としてしまう気もする。

チェコ出身で世界のトップを走る選手はクルハヴィだけみたいだから、ぜひとも奮起して欲しいね。

国内決戦となる八幡浜まで、残り3週間を切っている。

そこで思う存分に力を出し切るためにも、カズ選手には熱い熱いラップを期待しています。

エリート男子は日曜日の現地時間14:10(日本時間21:10)スタート。

コンビニでRedBullを1缶買って、視聴料払っておきましょうね(笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。