新しいSRAM XX

これはPink Bikeに載ってた、ジェローム・クレメンス(Jerome Clementz)のジキル。

前が一枚なのはともかく、後のギアがフロントよりデカい点に注目。

これはSRAMペケペケの新作、11速ドライブトレインだそうです。

シマノのフロント変速システムとガチンコ勝負するのは大変らしいけど、無理に追わず、使わない方向に進む考え方が面白い。

使いやすさでシマノを選びがちのオレですが、SRAMのこういった押し出しの強さは好きだね。

最近のXCOでも、前1枚でイケちゃうこともあるそうな。

チェーンの薄さやホイールのおちょこ量がどうなっちゃうのかも気になるけど、リアエンド幅も広くなる方向みたいだから噛み合うのかも。

あまりにうまく事が運んでいて、何だか大きな渦に巻き込まれているボクたち、って気もします。

細かい理屈はPink Bikeで紹介されておりますよ(^^)

昔のキャノンデールなら、SRAMに頼らず自前で11速のドライブトレインを作ってたかもしれないね。

中空の大断面クランク、クランクとBBのスプライン勘合、フロント2速なんかも早い段階でこしらえていたわけだし。

時にはクランクと3枚のチェーンリングを全て塊から削り出すという暴挙もやっていたw

だから、SRAMの削り出し一体モノのスプロケットが出てきても、オレはあまり驚かなかったんだ。

この独自規格にショップの方々は大変苦労したと聞くけれども、素人としては無責任に面白がっていたものです。

超軽量カーボンフレームはどこでも作ってるし、生産もアジアに移ったわけだし。

久々に独自の駆動系をこしらえて世間を騒がせて欲しい気もする。

買うかどうかは微妙だけどw、インパクトはあるよね、きっと。

クレメンスを知らない方はこちらね↓

■Jérôme Clementz – Team Cannondale OverMountain 2012

広告

7 Responses to 新しいSRAM XX

  1. komezou says:

    いえいえ、GIANTが離すのは決まった様ですが、今後どうなのかは不明です。

  2. NOBRAND says:

    sinさん

    なるほど(^^;
    削れてくると多少変速し始めるってのが・・・(笑
    そのへん挫けてたらキャノラー続かないですよね~(爆

  3. NOBRAND says:

    komezouさん

    ご無沙汰しております!
    前1枚で済むならそれに越したことはありませんよね。
    競輪選手みたいに、コースに合わせてギア板選ぶ時代が来るのかもしれませんね。
    しかしSRAM Japanってホントですか??

  4. sin says:

    当時の自分には買えません。レースやってた仲間があまりに使えなくて外したのを貰ったんですよ。
    使い込んで削れてくると多少変速するようになるんですけどね~。今ならフーリガンとかにつけて町乗りしたらお洒落ですね。

  5. komezou says:

    ご無沙汰してます。
    これはかなり興味あり、10T-48Tでフロントのサイズがいくつが設定されているのか?も気になる所です。
    しかし、自分はシマノが出さない限り、良くても買わないだろうな〜!
    国内は、GIANTから外れたのでSRAM JAPANを設立なんでしたっけ?

  6. NOBRAND says:

    sinさん

    当時あれを使えたとは羨ましい・・・。
    まだ高校生くらいだったんじゃないんすか?

    カッコいい!けど使えない!ってのが「らしい」ですね(^^)
    あのへんのキワモノパーツ、地味に人気あるみたいですね~。

  7. sin says:

    ギア板削りだしのコーダクランク使ってましたよ!もう、ゴミって位使えないクランクだったw

    でも超格好良かった!チョット前に新品を貰ったんだけど、使えないので売ったら結構な値段で売れてビックリ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。