3度目のカズ亮対決、J1第4戦 富士見

今日行われたJシリーズXCO第4戦、富士見。

優勝はカズ選手、2位に亮選手、3位に小野寺選手という結果に。

全日本、ニセコと続いたカズ亮対決がまたも展開され、大いに会場を沸かせたようです。

ちなみに今回は写真ありません。

カメラの充電も済ませていたけど、どうにも体調がすぐれない。

寝込むほどじゃないものの、炎天下を走り回るにはちと辛かった。

異動したてで体調崩すわけにも行かないので、富士見に行かずにDNSを決め込んだのです(笑

富士見には特急あずさで簡単に行けることを実証しようと思ってたんだけどねえ・・・。

オレ如き素人のブログでも楽しみと言ってくださる方もいらっしゃるので、その意味ではご期待に応えられずゴメンなさいです。

で、イチさんのツイキャス中継をモソモソと見ていたわけですが・・・(イチさんに大感謝!)。

展開は1周目からずっとカズ亮対決。

早くもオレは行かなかったことを後悔(笑

カズ選手が先頭を引き、亮選手が貼り付くという状況が延々と。

カズ選手としては逃げを打とうと色々やったのだろうけど、とにかく亮選手が離れない。

「いつまで続くんだろう・・・?」

と思いながら走っていたようです。

天気は晴れたようだけど、降り続いた雨で路面はルーズ、まさに先週のシクロクロスに近い状態だったっぽい。

湿気のせいか、カズ選手はジャージ全開。

そのまま最終ラップに突入し、全日本と同じリフト下でカズ選手がアタック。

最初から引いていたので脚が残っているか心配ではあったものの、ゴールにはカズ選手が最初に現れて優勝。

今季2勝目、しかも前戦ニセコに続く2連勝で、通算4勝目を挙げた。

ゴール後にはいつもの握手かと思いきや、なんと抱擁ですよ( ̄◇ ̄;

すでにこの2人の間には、「魁!男塾」の世界に通じるものが芽生え始めているのだろうか?(笑

濡れた下りなどのテクニカルな場面では、小学生の頃からトライアル遊びで育ったカズ選手が有利に見えた。

ワールドカップ南アフリカなどのエゲツないコースもこなしてきたわけで、このへんはやっぱり年季が出る。

しかし、亮選手は必ず登りで挽回するのだ。

カズ選手も登りを得意とする選手だけど、亮選手の20年以上に渡るXCスキーで鍛え上げた強靭な出力はやはり驚異的。

ここに更なるテクニックや戦術を身に付けたら、一体どうなっちゃうのか?

ここが斉藤亮という選手の面白いところで、見所だと思うんだよね。

もちろん、9年もキャノンデールの看板選手として走ってきたカズ選手がそれを許すはずもない。

カズ選手もチャンプを狙うと公言しているし、ランキング上はかなり不利な状況でもある。

両者の条件がこうも絡み合った面白い組み合わせはそうそうあるもんじゃないと思うけど、如何でしょうかね?

見応えある競り合いの結果としてJシリーズが盛り上がればと願うばかり。

レーサーの魅力はレースでこそ輝くわけだからね。

そういえば、MIYATA MERIDAのチームサイトに、ランキング状況が表示されるようになったようです。

選手の抱える思いは立ち位置に左右されるわけだから、レースに感情移入しやすくなる仕組みはとっても重要。

プロ野球だってJリーグだって、日々変わるランキングが報道されるから盛り上がるわけだしね。

このブログも勝手にカズレースカレンダーを作っているけど、もうちょっとわかりやすいようにしたいなと思っています(^^)

広告

6 Responses to 3度目のカズ亮対決、J1第4戦 富士見

  1. NOBRAND says:

    ニノ槍さん

    イチさんの中継で充分後悔しましたよw
    今のXCO、ワールドカップなんかも最初から最後までペース変わらないみたいすね。
    運動強度高過ぎて、もはや参加する気になりませんね(笑
    周到な応援配置もお疲れ様でした!

  2. 弐の槍 says:

    今回、来れなかった事を後悔するぐらいのマッチレースでした。12位以下はラップしたみたいで、しかも、5周回目まで、ラップタイムが落ちなかったのは凄いの一言でしたよ。
    意外とトップ2人がずば抜けてしまっていたので、あまり話題には成りませんでしたが、マシュンの走りがとてもキレキレでカッコ良かったですよ。メカトラと転倒で、下位に沈んでしまいましたが。
    朝の濡れたゲレンデの登りでは、26erがピッチ良く回して登って行くのを見て、ぬかるんでスリッピーな路面の時は29erより26erが良いんだなぁとも思いました。
    bellさんとマナブさんが真面目に仕事しているのを目の当たりにするととても新鮮でした(爆)

  3. NOBRAND says:

    イチさん

    暑い中で中継ありがとうございました。
    おかげで少し気が収まりました(^^;
    行ったら今頃は大量の文章と写真で四苦八苦してたかな?(笑
    異動のストレス、思った以上に残っているようです。
    9月はムチャクチャ忙しい時期なので、行けるかなあ??
    行きたいんだけどなあ~

  4. ichi4you says:

    ツイキャスを見ていただいてありがとうございました。
    いや〜ちょっと興奮しすぎました(爆)
    NOBRAND さんが来ていないと知ったとき、皆、動揺していましよ。
    「NOBRANDさん体調管理がなってないじゃないですか〜」KAZU談です(笑)
    体調不良とは残念でしたが、素晴らしいレースをKAZUさんと亮さんが展開してくれました。
    夏休み後のレースがますます楽しみですね!

  5. NOBRAND says:

    >マナブさん

    富士見に集中しがちな国内の状況、どんどんエスカレートする海外の動き。
    いろいろ見据えながらのコース変更だと思いますが、見る方は単純に楽しいです(笑

    カズ選手と亮選手では、得意とする武器が違うと思うんですよ。
    もちろん物凄くハイレベルな次元での比較ですけど、カズ選手にはテクニックと経験が、亮選手にはパワーと伸び代があると思うのです。
    さらに両選手ともに譲れない思いを公言していますからね。
    自身のもっとも得意とする武器で勝ちを争うのが一番面白いです。
    カズ選手のチャンプも見たいし、亮選手がカズ選手をやっつける姿も見たい。
    オレの心は激しく揺れ動くわけですが、もはやここにキャノンデールもメリダもないですね(爆

  6. マナブ says:

    今回の富士のコースはちょっと難しかったね。コースレイアウトが難しくなると、やっぱりKAZUに一日の長があるのかな?って感じがした。

    今年のKAZUはやっぱり違うね!W杯で転戦してきた経験が確実に国内のレースに活かされてる。自信は安定感となって現れている。だから強いね。斉藤選手も相当頑張らないと、このままではKAZUには勝てないかもしれないね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。