J1XCO第6戦 石川、亮選手優勝

昨日はMTBアジア選のDHで清水選手が優勝しましたねえ。
青木選手は3位だったそうで、なにやら幸先の良いアジア選であります。
XCOはどうだったのかな・・・?

で、日本ではJ1石川。
残念ながらDHはコース崩壊のためキャンセルになってしまったそうだけど、XCOはこういう結果だったようだね。

1. 斉藤 亮 (MIYATA-MERIDA BIKING TEAM)
2. 平野星矢 (BS ANCHOR)+3’23.81″
3. 小野寺健 (TEAM SPECIALIZED) +5’17.7″
4. 合田正之 (サイクルクラブ3UP) +6’43.11″
5. 山田 主 (Club Grow) +7’47.43″

スタート前の写真を見ると、亮選手は今回も26インチを選択した様子。
2位の星矢選手に3分以上の差をつけての圧勝だったようです。
これで今季はJ1で2勝3勝となり、最終戦白馬でのチャンプ獲得に王手をかけた、ということになるのかな?
(勝利数間違えました。失礼しました。)

現地には行けなかったけれど、計測を担当するワキタソフトさんではラップ状況もグラフで示してくれる。
今回のレースで、1位~5位までのラップタイム変遷はこうなっている。


http://wakitasoft.com/Timing/Results/2012/20121014/index.html

データを見ると、亮選手は全周回で最速ラップを叩き出し続けている。
最初から最後までブッ飛ばしたわけだね。
まるでワールドカップのラップタイムを見る思いがする。
3位の小野寺選手は後方から追い上げたようだけど、中盤には亮選手とほぼ同じタイムを叩き出している。
4位の合田選手は、今回は長らく3位を走っていたそうな。
最終周回でタイムが落ちてしまったようだけど、サラリーマンライダーでこのレース内容は凄過ぎる。
その意味では、プロ選手以上に驚異的に思えるね。

国内のXCOレースもいよいよ最終戦。
白馬がますます楽しみになってきたね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。