今週末のカズ選手、J1第7戦 白馬

今シーズンでJシリーズを卒業し、来季からなんとロード選手に転向することを発表したカズ選手。
今回の白馬さのさかは、JシリーズのXCO選手としては最後のレースになる。

MTBに全く乗らないわけではないのだろうけど、大きな区切りであることには違いはない。
さすがに最後なんで、富士見以上にCOGの方々が集結するのだろうね(笑。
オレ個人としては、いつものように粛々と写真撮るのみ、であります。

現在のランキングトップは、メリダの斉藤亮選手。
今シーズン初戦のJ2緑山での走りを見たとき、昨年に比べてとても情熱的だと感じたんだよね。
それをずっと貫き通し、カズ選手との激しい競り合いで大いに会場を沸かせてくれた。
9月の富士見、前戦の石川と、ひたすら26インチバイクでぶっ飛ばしまくっているので、恐らく今回も飛ばすと思う。
後続がいようがいまいが力の限り、というあたりが亮選手らしく思えるのだけど、どうだろうか?

ちなみに、先日お邪魔したメリダのプレスキャンプで、亮選手のレースバイクを持ち上げる機会があったんだ。
プロの手によってカリカリにチューニングされたこのバイク、スカっとした異様な軽さで驚いた。
オレ自身Flashに乗っているし、軽いバイクには慣れているつもりだったけど、さすがに次元が違ったね(笑。

そして、ランキング上で亮選手に迫るのは、ディフェンディングチャンプの小野寺選手。
今シーズンは故障もあったようで、カズ亮対決に絡むことがなかった。
だけど、振り返ればランキング2位という位置ですよ。
序盤にペースが上がらずとも、中盤からモリモリとペースを上げられるおっかない選手。
往年のF1ドライバー、アラン・プロストを思わせる、非常に芯の太い強さを感じる選手だね。

さて、アジア選のためにJ1石川を欠場したカズ選手。
アジア選で兄弟の夢を最大化した代償として、Jシリーズのタイトルを取る可能性を失っている。
これはアジア選の日程変更の影響なのだけど、最後のシーズンだけに悔やまれる。
でもまあ、強い選手というのは気持ちの切り替えも早いので、ベストなレースをすることだけを考えているはずだね。

コースは白馬村の南端、佐野坂に近い白馬スノーハープ。
言わずと知れた、長野オリンピックでXCスキー会場となった場所だね。
コースの線形は一般的なXCOコースとは違い、幾何学的な印象がある。

この辺りは山の谷間にあるせいか、カラっとした印象があまりない。
昨年もドロドロのマッドレースになったし、果たして今年はどうなるだろうかね?

白馬は既に冬支度のようで、宿にはこたつが出されているとか。
上位陣は皆が寒さに強い選手。
さてさてどういったレースになるのか?
非常に楽しみな秋の白馬であります。

え?お前来るのかって?
行くに決まってんじゃん!(笑

最後だからもう一発!

さらに次世代キャノラーいっくんにも頑張って欲しいっ!(笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。