Lefty Super Max 2013

bikerumorを見ていたら、Lefty Super Maxの記事が出ておりました。
以前に書いた時の写真よりわかりやすいのでもう一回。

Photo :BikeRumor

2013年モデルのLeftyがフルモデルチェンジされたことは、既に散々書いた。
いやまあ、発表当時に興奮し過ぎて大ネタにしてたけど、その反動で早くも飽きてきたんだけど。
乗ってもいないのに、これは問題だね(笑。

より強く、よりユーザーフレンドリーになったLeftyだけども、このLefty Super Maxはその中でも最もタフな仕様。
内部構造もさることながら、Lefty Maxでは外径も大盛りになっている(アウター42mm、ロアレッグ36mm)。
でもまあ、一番の特徴はこのアクスルだろうね。


Photo :BikeRumor

前にも書いたとおり、Leftyの頂上はとても高い位置にある。
なので、短いステムを使うとトップキャップに干渉しちゃう問題があった。
特に31.8mm径の太いハンドルバーが主流となってからは90mmでもギリギリだったね。
ステムを高く長くできる欧米人ならともかく、背の低い日本人には致命的とも言える欠点だったわけ。
それを解消するのが、この曲がったアクスルというわけです。


Photo :BikeRumor

以前に書いた図をもう一回載せます。
Aの寸法は変わらないのに、ステム長が短くなっているでしょ?
フォーク全体を後ずさりさせたことで、短いステムが使えるようにしたということです。

このLefty Super Max、コラム径は所謂キャノンデールサイズではなく、一般的な1.5だそうな。
本気でアフターマーケットを狙うようですが、どういう評価が下されるか気になるところでありますね。
29erに必要かどうか何とも言えないけど、どうせならストローク可変もやって欲しいね(笑


Photo :BikeRumor

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。