Bike & Kits of Cannondale Champion System/C Project

DSC_1082

正月早々のカズ密会の続きです。
実は1月2日にカズ選手に会うのはこれで3年目。
2011年はオレが帰省する道中で、自転車に乗るカズ選手とすれ違っただけ(声はかけてない)。
2012年は城ヶ島で待ち合わせ、島の紹介をした。
そして今年、ロード選手としてやってきてくれたわけです。

DSC_0979

待ち合わせた城ヶ島は暴風だったので、場所を移動することに。
強風の城ヶ島大橋を渡り返したわけなんだが、自転車傾けてやっと真っ直ぐ走るような状態。
極端なリーンアウト姿勢で直進する状況といえば判るだろうか?
2人して

うおー、こええ!
ヤバいよこれー!

とワーワー騒いだのは言うまでもない(^^;

移動した先は小船が浮かぶ小さな港、毘沙門湾。
港がある場所はそれなりの条件が整っているもので、比較的穏やかでありました。
カメラマンの腕が稚拙過ぎたのだけど、可能な限りパシャパシャさせてもらいましたよ。

正月を迎えた瞬間に発表されたCannondale Champion System/C Projectのジャージ。
ジャージはCOGの忘年会が初見だけど、ヘルメット、アイウエア、グローブなどを含めた姿を見るのは初めて。
ここ数年はモノトーンだったMTB時代と比べ、かなり華やかになった感じだね。
デザインの評判が非常に良いそうで、カズ選手としても大いに喜んでいるようです。

DSC_1023

COGの忘年会でジャージが発表された記事を書いた時、このジャージを

「シックかつビビッド、それでいてしつこくない」

と書いた。
我ながらうまい事言ったと思っていたのだけど、実際その通りでしょ?(笑
ジャージにはUCIコンチネンタルチーム名である「C Project」の文字が入る。

DSC_1059

そして、「Cannondale Champion System 」の文字も。
長年キャノンデールのチームロゴを見てきたけれど、これは文句なくカッコいいね。
これは是非ともチームロゴのステッカーシートを作るべきだね。
昔のVOLVOチーム、Saecoチームのように(^^)

DSC_1053

ジャージはもちろんChampion System製。
このメーカー、どことなく日本離れしたデザインのジャージが多い気がするね。
SRAMの赤いロゴが光るあたりがカッコ良し。

DSC_1049

グローブはDeFeet製。
ゴワゴワしたものが多い自転車グローブだけど、これはそうならないように作られているそうな。
材質はサイクリストにお馴染みのCoolMax。
ツーリングなんかにも使いやすそうだね。

DSC_1044

ヘルメットはLAS製を使うそうで、これはANUBIというモデルだろうか?
カズ選手はデビュー以来ずっとBELLを被ってきたのだけど、実際に被った姿を見るとかなり新鮮。
ヘルメットはブランドごとにデザインポリシーが全く違うので、気分新たにという思いが強まるアイテムの1つじゃないかな?

DSC_1045

サングラスはMTB時代から愛用のadidas Evil Eye
しかも、オレが持っているのと同じネオンオレンジカラー。
さては・・・・・マネしたね?(笑

DSC_1048.

冗談はさておき、Champion Systemのロゴカラーがオレンジだからだろうね。
かなり目立つ色だし、ジャージの色にも合っていると思う。

ネオンオレンジのEvil Eyeには、個人的にも思い入れがあるんだよ。
オレはもともとオークリー以外は使わなかったんだけど、昨年2月の東京マラソンの受付会場で初めて試してみた。
パキっとしたオレンジが目を引いたんだよね。
他の色も試したんだけど、カズ選手に

オレンジがいい!

と言われ、すっかりその気になったという経緯がある(笑

https://cognobrand.files.wordpress.com/2012/02/img_0715.jpg

シーズン開幕のJ2緑山に行ったら、メリダの亮選手がネオンオレンジのEvil Eyeを使っていた。
亮選手も前年からチェックしていた選手だったし、偶然にお揃いになっちゃって妙に喜ぶオレがいた(笑。
中学生みたいだね(^^;

その後は、この2選手のガチ勝負が繰り広げられるシーズンが展開された。
お二方と繋がっているような気分で、密かにニタニタしていたわけです。
それが今回、勧めた張本人がロードレースで使うことになったことで、ますますオレにとっては特別な一品に。
思い込むのはオレの勝手なので、異論は一切聞きません(笑

シューズカバーも専用品が用意される。
オレはシューズカバーは使わないんでカッコよさを考えたことないけど、これは素直にカッコいいよ。
ここにもチームの気合を感じるわけです。
中に入っているシューズはNorthWave製であります。

DSC_1043

そして、バイク。
使うのは勿論SuperSix Evo。
一部にグリーンの差し色が入ったカラーで、もちろん日本でも販売されるもの。
カズ選手の使うサイズは50であります。

DSC_0999

黒いフレームカラーは、カーボン繊維がそのまま見えているもの。
日が当たるとキラキラ光る。

DSC_1062

DSC_1019

SuperSix Evoのマーキングは、商標の問題で「EVO」 ではなく「6」に変更された仕様。
これについては物議を醸したようですが、これだけカッコ良ければいいんじゃないの??
実物は異常にカッコいいので、全然気にならなかったよ。

DSC_1020

DSC_1019

クランクはキャノンデール伝統の切削工法で作られるSLクランクがセットされていた。
チェーンリングはFSA。
最終的には鍛造圧釜製法で作られたSiSL2クランクになるそうな。

DSC_1000

ペダルはスピードプレイを使う。
このペダル、初めて見たのは15年以上前かな?
当時はトライアスロン用として宣伝されていた記憶があるけど、最初見たときはギョっとしたよね。
オレは使ったことないけど、根強い人気があるみたいだね。

DSC_1002

コンポーネントは、軽さが際立つSRAM REDのグリーンバージョン。
緑色ではあるが、あくまでもREDなのであります。
このブラケット、細くて握りやすいんだよね。
カズ選手もそこを気に入っているそうです。

DSC_1004

チェーンはMTB時代から使い続けるKMCの金色チェーン。

DSC_1003

DSC_1016

SRAM得意の彫刻スプロケット。
1つの塊から削り出されたものだけど、こういうムチャクチャな切削は往年のキャノンデールの得意技でもあったからね。
キャノンデールにはよく似合っている気がする。
スプロケットの軽量化は結構効くしね。

DSC_1018

ホイールはマヴィックを使う。
カズ選手がマヴィックのホイールを使うのは久しぶりかな?
2010年はCrank Bros.、2011年はDT Swissカーボン(欧州でCrossMaxを使うこともあった)、2012年はPAZさんの手によるNoTubes ZTRだったし。
この日はCOSMICで来ようとしたらしいけど、あまりの風の強さにさすがに止めたそうな。
そりゃそうだよ、こんな風だもの(^^;

DSC_1086

というわけで、この日は練習用ホイールで参上。
意外にもキシリウム・エキップを使うそうです。
キシリウム・エリートの下、アクシウムの上、という位置付けのキシリウム・エキップ。
前後で3~4万前後のお手頃ホイールだけど、練習用としては好感触の様子。
タイヤはマヴィックのイクシオン。
ホワイトレターが異様にカッコいいので、マヴィック好きとしては気になるタイヤだね(笑

DSC_1021

そういえばカズ選手、マヴィックの高級ホイールに施されるリムのヤスリ目加工(エグザリット加工)にはたいそう驚いたそうな。

MTBみたいにブレーキが効くのでビックリしましたよ。

ちなみに、リムに放射状の刻みを入れてブレーキの効きを強める発想は昔からあった。
トライアルのライダーがリムにああいう傷を入れ、効きを強めていたからね。
マヴィックはこれを一歩進めて専用シューと組み合わせ、アジア2位のMTB選手を唸らせる効きを実現したわけだね。

DSC_1012

サドルはフィジーク・アリオネ。
MTB時代から、カズ選手はロードではアリオネを使っていた。
シートポストはFSAのSL-Kであります。

DSC_1006

アリオネには、もともと黒地に白の太いラインが入った柄があった。
あれはオレも気に入っているのだけど、これはさらにカッコいいね。
外して持って帰ろうと思ったことは内緒にしないとね(笑

DSC_1077

このベース材質は一時流行りかけたホワイトカーボン??
レールはキウム合金製。
ウエイトコンシャスなカズ選手ではありますが、サドルのレールは金属を好む。
軽さで言えばカーボンレールに分があるけど、このへんに一切の迷いがないあたりがプロ選手らしい。

DSC_1068

ハンドル、ステムもFSA SL-Kを使う。

DSC_1007

サイクルコンピュータはGarmin。
MTB時代にはポラールを使っていたけど、これも今回変わるものの1つ。

DSC_1014

コスメティックはさすがにキャノンデールで、完璧と言って良いほどカッコいい。
まだ最終形ではないらしいのだけど、それはおいおい明らかになるのでしょう。

カズ選手はすでに始動を始めていて、正月が終わったらすぐにタイ合宿に向かうとのこと。
タイからの帰国後は、春までチーム合宿の日々になるそうな。
あっという間に開幕になりそうではありますが、既に気合は充分といった雰囲気でありました(^^)

DSC_0972

広告

4 Responses to Bike & Kits of Cannondale Champion System/C Project

  1. NOBRAND says:

    TRPさん

    このジャージ、シクロクロスやMTBにも合いそうだねえと話してたんですよ。
    売られるのは半袖・ビブのみなのか、あるいは長袖やシューズカバーも含むのかは判りません。
    署名運動すれば実現するかな??(笑

  2. たろっぱ says:

    黒リクもそうでしたが、このジャージも購買意欲をそそりますね。
    まぁ、KAZUさんが着ているからカッコイイってのは百も承知だけど、このジャージは絶対カッコイイと思う
    ~♪

  3. NOBRAND says:

    dengreeさん

    ここ数年、MTBはどうしても東日本中心でしたからね。
    ロードレースは関西も多いですからすぐ見られますよ(^^)

  4. dengree says:

    ますます間近で走る姿、見たくなって来ました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。