Cannondale Champion System/C Projct Team Presentation 2013

DSC_2098-1

ある日、どういうわけだかこんなお誘いが来たんだ。

キャノンデール・チャンピオンシステムのプレゼンに来ませんか?

うーむ、これは罠だ。
ほれ、オレはイタリアのMTBヒーローであるCFRのマルコ・フォンタナを本棚氏とか書いてるわけだよ。
ガッツある走りで銅メダルも取ったのに、サドル・トレターナとか言っちゃってるわけで。
いつかキャノンデールに怒られるんじゃないかと思うこともあるのさ(笑

DSC_1945-1

冗談はさておき。
今回のプレゼンテーションは一般向けではなく、スポンサーとプレスを対象としたもの。
自転車業界ではない方々の方が多かったようだね。
そこに何でオレが呼んでいただけたのかよくわかんないけど、興味はあるのでトコトコ行ってみたわけです。

DSC_2123-1

DSC_2017-1

昨年の秋にもメリダのプレスショーにお邪魔させていただいたけれど、今回も集まるのはお仕事モードな方々。

「このような体制で、このような目標を持って活動します。」

とやるわけなので、選手の皆さんもどことなく硬い雰囲気。
このへんは秋にお邪魔したメリダのショーの時も同じで、カズ選手もレース会場とは少し違う表情をしている。
前日のシクロクロス東京で会場を沸かせたティム・ジョンソンも列席しておりました。

DSC_1960-1


チームについてプレゼンテーションを行った佐藤GM。
年齢はオレの2つ上だから、殆ど同世代。
チームのボスなわけで、ステークホルダーの皆様を目の前にチームをお披露目であります。

DSC_1967-1

ロードレースのチームの運営は大変と聞くけど、UCI登録チームとなると想像もつかない。
グレッグ・レモンがお好きと聞いたことがあるのでお話したかったんだけど、さすがに忙しそうなので声はかけられず。

DSC_1969-1

そして、選手の紹介。
皆さん1人づつ抱負を述べた。

DSC_1973-1

最強のヒルクライマーとして知られる森本誠選手。
33歳にして初めてプロに転向という決断が話題を呼んでいる。

DSC_1979

さすがにコメントも堂に入ったもの。
最年長という言葉を連発していましたが、並の人間でないことは皆さんよくご存知なわけでね。
キャノンデールには50を越えてなお現役のティンカー・ウォレスもいるんだし、大いに自分を貫いて欲しいものだね。

そして、カズ選手。
こちらもMTB選手としての絶頂期にロード転向という話題性を持って移籍したわけだね。
カズ選手も過去にはチームメイトがいたけども、ここ数年は1人で看板を背負っていた。
MTBレースそのものは個人競技だし、同じジャージを着る集団の中にいるってのはなんだか新鮮ではあります。

DSC_1986-1

この2選手は似ているようで真逆なようで、ハタから見ている限りでは興味深い組み合わせ。
カズ選手はカテゴリーは違えど、プロとして10年やってきた選手。
森本選手はフルタイムワーカーでありながら、プロ選手並みの名声を手にするという離れ業をやってのけた選手。
つまり、この2選手はバックボーンが両極端なわけで、これがどういう化学反応を起こすのか?
このチームの面白味の1つではないかと思っているのだけどね。
もちろん相手は他チームなわけだけども。

若手というにはあまりにも若い、岡篤志選手。
オレから見たらカズ選手も一回り下なんだけども、そのさらに一回り下という若さですよ。
まだ高校生なんで、オレとしても大人の選手のように面白おかしく扱うことはできません(笑

DSC_1988-1

とにかく、このチームは若い。
こういった場に馴れていない選手も多かったようで、何となくこちらも緊張したね。
場数を踏んでいくうち、顔つきもどんどん変わっていくのでしょう。

DSC_1995-1

メカニックの日比谷さん、マネージャーの岩切さんも御挨拶。
岩切さんはCOGの人たちとも既に絡みがあるようだね。

DSC_2000-1

チームの紹介が終わると、タイトルスポンサーの御挨拶に。
まずはチャンピオンシステムの棈木社長。
こちらもUCIプロチームを抱える企業であります。

DSC_2023-1

そして、キャノンデール・ジャパンのマーケティングマネージャーである伊藤さん。
海外出張中のマリオ・スタイン社長に代わっての御挨拶。

DSC_2025-1

そして、フォトセッション。
前行って撮ってくださいよ!と言ってもらったんだけどね、やっぱり本職の人たち差し置いてはできません(笑

DSC_2043-1

DSC_2044

DSC_2045

DSC_2047-1

ゲストのティム・ジョンソンとも記念撮影。

DSC_2050-1

前日のシクロクロス東京ではヒゲを生やした姿だったけど、この日はご覧の通り。
場をわきまえた紳士な振る舞い、オレみたいないい加減なオヤジとは違うよね(笑。

DSC_2052-1

DSC_2053-1

プレゼンテーションが終わると、懇親会。
旨そうなもんが一杯並んでいたよ。

DSC_2014-1

DSC_2058-1

DSC_2057-1

でも、オレは何も食えませんでした。
写真ばっかり撮ってたからね。
馴れない場所で緊張してたのか、ビールを3杯ほど飲んだら酔っ払ってしまいました(笑

DSC_2065-1

このSuperSix Evo、正月にカズ選手に見せてもらった時から少し変わっている。

DSC_2071-1

まず、クランクが鍛造厚釜製法のSiSL2に変わっている。
前身のSLクランクは、その値段とスパルタンな見た目の割にはゴツゴツしておらず、初心者にも踏み易いクランクだった印象だけどね。
これはどういう感触に変わったのか興味ありますな。

DSC_1950

そして、チェーンがKMC得意のカラーチェーン、キャノンデールのグリーンに染められた。
写真撮っている時、一緒にかがんで眺めていた外国の方はこう言ったよ。
うーん、びゅーてぃほー。
いやマジだって(笑

DSC_1954

最初は大人しかった皆さんも、酒が入ってくるとエンジンがかかってきたようです。

DSC_2083-1

DSC_2093-1

DSC_2095-1

DSC_2084-1

DSC_2097-1

それでも時折引っ張り出されるカズ選手。
MTB選手としての絶頂期に転向を決めただけに、充分な話題性を持ってシーズンを迎えることとなった。

DSC_2119-1

やはり、チームの顔として振舞っていたように見えましたな。

DSC_2120-1

宴もたけなわになった頃、お店からこんなプレゼントが。
チームカラーをあしらったケーキであります。
DSC_2146-1

このケーキの写真を撮っている時、背後に凄い視線を感じたんだよ。
女性達の目がキラーンと光ったように見えたのは気のせいか?(笑

DSC_0404-1

このケーキが出てきた頃には結構酔っ払っちゃってて、カウンターの隣にいたティム・ジョンソンに話しかけもせず(笑
スーパースターに失礼なことをしちゃったよ。
ごめんね、ティム(^^;

DSC_2111-1

ベテランプロ選手もいれば、若い選手もいる。
フルタイムワーカーもいれば、アマチュアのスターもいる。

DSC_2134-1

昔と違い、ロード選手のことを細かく語るメディアやブログは多いので、オレなんぞが細かく語るまでもないのだけどね。
そんな彼らにとって、このチームはどういうものになるのかな?
などと考えも巡るわけですよ。

DSC_2147-1

それぞれの思いで自転車に取り組んでいて、巡り合わせで1つのチームになるわけでね。
MTBにもチームはあるけど、共に戦うという意味ではロードのそれは密度が全く違う。

DSC_2161-1

若いから衝突もあるかもしれないし、ベテランの示唆に反発したくなる時もあるかもしれない。
どの組織にいたって、そういうことは起こるもの。
自転車チームも、きっと同じなんじゃないかなとは思うわけです。
チームとしては大変だろうけど、それらを乗り越えて強いチームであって欲しいものだね。

DSC_2168-1

ファンに愛されるという意味では、一番成功しているのは宇都宮ブリッツェンだろうね。
ジャパンカップやシクロクロス東京を見れば判るとおり、やっぱりレースの雰囲気は選手と観客が作ると思うわけです。
キャノンデールが抱えるCOGもロード指向の方が多いようなので、キャノンデール・チャンピオンシステムも充分なポテンシャルを持っている。
ブリッツェンの盛り上がりに負けないファンを持つチームに育って欲しいものです。

DSC_2155-1

というわけで、潜入レポートは終わりです。
オレ自身も緊張しちゃってたし、選手の皆さんとはほとんど話はできなかったけどね(^^;
遅かれ早かれ、皆様に御挨拶できたらと思っています。

お招きいただいたキャノンデール・ジャパン、素人ブロガーの潜入にご理解いただいたチームの皆様、ありがとうございました。
まずは4月7日の修善寺チャレンジロード、大きな活躍を期待しております。

DSC_0389

DSC_0386-1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。