Multivan Merida Biking Team 2013

multivanmerida2013
Photo :Merida

スペインのマヨルカ島でメリダのプレスショーが行われておりましたが、そこでMultivan MERIDAチームの体制も発表されたようだね。
メリダと言えば黒にライムグリーンのカラーリングだったけども、今年はコスメティックが大きく変わる。
白が加わり、グリーンの色味もポップになり、軽快になったね。
何と言うか、正義の味方っぽくなった気がする。
ヘルミダ父さんもヒゲを剃らざるを得ないよね(笑

チームのラインナップはこうなる。

ガンリタ姉さん (Gunn-Rita Dahle-Flesjå、ノルウェー、数えるのが面倒くさいほどのタイトルホルダー)
ヘルミダ父さん (José Antonio Hermida、スペイン、2010 世界チャンピオン)
ルディ・ヴァンホーツ (Rudi Van Houts、オランダ、2011 オランダチャンピオン)
トーマス・リッチャー (Thomas Litscher、スイス、2011 U23 世界チャンピオン)
オンドレイ・チンク (Ondrej Cink、チェコ、2012 U23 世界チャンピオン)

史上初のXCEワールドチャンピオンとなったラルフ・ナフが抜けたけど、ガンリタ姉さんとヘルミダ父さんは今季もメリダ。
やっぱね、この2人がいないとメリダって気がしない(笑

姉さんはオレの1コ下なんで、今月10日に40の壁を突破した。
それでも未だにワールドカップで勝ってしまう超人っぷり、今年も他の女子選手の壁として君臨するのでしょう。
感服したのは昨年のフランスだね。
上位陣が滑る路面や勝利のプレッシャーで自滅する中、さすがの安定感で勝ちをもぎとったあたりは年季を感じたもんだった。
特にジュリー・ブレセットには偉大な存在に見えるかもしれないね。
若くしてタイトルコレクションを完成させたブレセットなのに、超えるべき壁として一緒に争うわけだから。

父さんはシューターみたいにピューっと飛んでいくわけじゃないけれど、振り向けばそこにいる、というレースが多かった。
実際、シューターとゴールスプリントに持ち込んだりもしたわけだし。
つまりは安定しているということであり、チャンスがあれば勝ちを取れる選手。
これは他の選手にしてみれば不気味だろうね。
今年も「ふりむけばヨコハマヘルミダという走りで存在感を見せてくれると期待したい。

他の3人もナショナルチャンプやU23の世界チャンプ経験者という強力な布陣であります。
特にU23世界チャンプのオンドレイ・チンクは、キャノンデールに移籍した最強ジュニアのアントン・クーパーをU23で迎え撃つことになる。
学生野球のヒーロー長嶋茂雄にプロの洗礼を食らわせた金田正一投手みたいな立ち位置ってことだ。
昨年のカズ亮対決じゃないが、この先エリートになっても続く対決軸になってくれると面白いのだけどね。
あ、イケメンハンターの淑女の皆様にもお勧めであります(笑

バイクも色が変更されるけど、色々気になることが多い(笑
他に目立つところでは、フォークがDT SwissからRockShoxに変更されたみたいだね。
日本からもMIYATA MERIDA BIKINGチーム、有力ショップや関係者が行っていたので、そのうちネタが出るのを待ちましょうかね(^^)。
とりあえずは、公開された動画から聞き取れるだけ聞き取ろう(笑

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。