Cape Epic 2013 Stage 5-6, Kohei injured.

Cape Epicも今日で終わり。
これを書いている時点では。第7ステージが半分くらい終わったところ。
トップにヘルミダ父さんチーム、2位にサウザー&クルハヴィ、3位になんとCFRという局面。
もうすぐ最終結果が出るけれど、第6ステージまでの総合成績はこんな感じ。

Absa Cape Epic 2013 Stage 6 Overall
1.Burry Stander – SONGO :27:13.26,0 Christoph Sauser, Jaroslav Kulhavy
2.Bulls :+6.21,2 Karl Platt, Urs Huber
3.Bulls :2+26.01,7 Thomas Dietsch, Tim Boehme
4.Multivan Merida :+44.08,8 Jose Hermida, Rudi Van Houts
5.Cannondale Factory Racing:+1:05.56,4 Marco Aurelio Fontana, Manuel Fumic
6.SCOTT Factory Racing :+1:11.55,9 Philip Buys, Matthys Beukes
7.Bulls 3 :+1:25.36,6 Stefan Sahm, Simon Stiebjahn
8.Superior-Brentjens :+1:38.09,6 Hans Becking, Jiri Novak
9.Cannondale Blend :+1:50.56,4 Darren Lill, Charles Keey
10.Torpado Surfingshop :+2:23.23,6 Roel Paulissen, Yader Zoli

総合トップは南アフリカのヒーローだった故バリー・スタンダーの名を冠したBurry Stander SONGO。
サウザー&クルハヴィという当代世界最高のペアが守っている。
2位のBullsチームも6分差なので油断はできないけれども、サウザーは3連覇を目前にしているわけだね。

山本幸平選手のSONGO2チームは、リザルトから消えてしまった。
第6ステージで幸平選手が手首をケガしたらしく、第7ステージはDNSということになったようです。
スペシャライズドが動画を公開しておりますが、これは痛そうだ・・・。
ほぼ毎日トップ10に入る成績を残していたので、日本人としても凄い凄いと思っていただけに残念。
もちろんご本人が一番悔しいだろうけども、5/12のアジア選までに治ることを祈ります・・・。

CAPE EPIC 2013 STAGE 6

*

辛そうな写真ばかり出てきたCFRのフミック兄さんと本棚氏は、後半になってネタっぽい写真が出てきましたよ。
第4ステージで2位に入ってから機嫌が良くなったのかな?(笑
こういうお調子者っぽい写真が実に似合う兄さんと本棚氏であります。
しかし写真にクレジットされているEGO-Promotionってところ、いい写真ばっかり撮るよなあ・・・。


Photo :EGO-Promotoion


Photo :EGO-Promotion


Photo :EGO-Promotion

CFRの2人は、Cape Epicでは一貫してバギーショーツを履いております。
昨年のワールドカップ・チェコでもフミック兄さんが履いていましたが、欲しがる人が多いのに一向に売られず。
でも、Cape Epic期間中にこんな写真が流れてきたよ。
非常に判りやすいタイミングであります(^^;

cfrbuggy

お値段はビブよりはお安いようなので、かなり人気が出そうではあります。

Grand Masterという貫禄と威厳に満ちたクラスで走っているトム・リッチー氏は、総合6位なのかな?
サラリーマンで言えば定年間近な御年であるリッチーおじさん。
凄いとしかいいようがありません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。