Movie, Canndale Factory Racing 2013

CFR2013

Cannondale Factory Racingの2013年動画が公開されたね。
ロードのCannondale Pro Cyclingは、ちょっと前にカッコ良過ぎる動画が公開されておりましたが、やっとMTBチームも作ってもらえたようだね。

Introducing Cannondale Factory Racing XC 2013

*
キャノンデールのワークスチームではあれど、ロードチームほど大所帯ではないCFR。
ライダーの他に、マネージャーたちスタッフの露出が多いのも特徴ではあります(笑

ライダーの構成はもう何度か書いたけれども、兄さん2人と若者2人の計4人。
往年の光GENJIのような年令構成で、リオまでの4年間を見据えているようだね。

maf mf

本棚氏とフミック兄さんはとにかくワールドカップで勝つことが使命。
彼らも30歳を迎えており、リオの頃には34歳くらいになる。
難しい時期に入っているのは間違いないけれど、メリダのヘルミダ父さんの例もあるからね。
昨年以上の走りっぷりを期待したいところではあります。

ac ks

ジュニア世界チャンプであるアントン・クーパーには、現在のニノ・シューターのような立ち位置が期待されるのでしょう。
個人的にも、キャノンデールがXCOでのアルカンシェルを取る姿を長年待っているのでね、彼の今後には大いに期待しています。
キーガンは仙人ティンカーやビショップ父さんらに代わり、次世代のアメリカを引っ張っていく選手に育てるのだろうか?
XCO中心のヨーロッパとマラソンライド流行のアメリカのMTBシーンの乖離は今後も大きくなる気がするのだけど、やはりアメリカンブランドには強いアメリカ人選手がいて欲しいもの。
多くの経験を積んで大きな選手に成長することを期待します。

いやいや、こうやって書くと改めて開幕だな~という気がしてきたよ(^^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。