Monochrome, Human Powered Airplane Test

DSC_5210

昨年12月の桶川以来、人力飛行機のテストは見ていなかったのですがね。
今日はアジア選もあるし、なんとなくソワソワしていたこともあって、カズ選手に会いに深夜に富士川へ向かったわけですよ。

雨止むかなと思いつつ走っていたら、足柄あたりで見覚えのある車が横をバビューンと。
ロックオンしたつもりが逆にロックオンされてしまい、連行されました(笑。

IMG_2052

暗闇の富士川滑空場に着いたら、早くも機体組立が始まっておりました。
ここは滑走路の先端で、富士川の河口。
海が目の前という場所なのに、風が止まっていたんだよね。

DSC_0507

この飛行機、カーボンファイバーのフレームにバルサ材とスタイロフォーム、ポリプロピレンフィルムで作られている。
この大きさなのに重さが40kgもないそうなので、風があると組み立てることもできないそうです。

DSC_0504

そして夜が明けた頃、機体が飛行機の形になる。
今朝は明るくなってもモノトーンの世界。

DSC_5205-1

明るくなったのはカズ選手の髪の毛。
数年ぶりに色を入れたようです。
ちなみに、ヤマハ・エアロセプシーのパイロットとしては4代目になるそうです。

DSC_5214

滑走路の反対側には別チームの人力飛行機が。
こちらは学生さんのチームだそうですよ。

DSC_5204

海の向こうには沼津市街。

DSC_5221

しかし明るくなってくると・・・

DSC_5238

あ~、海から風があ~( ̄◇ ̄;

DSC_5237

そして、撤収の判断が。
日常生活的にはなんてことのない風なんだけども、この飛行機にとっては強風。
お天道様相手にこの地道さ、本当に大変。
チームの方に聞いたところ、世界記録を狙うフライト時は御前崎周辺までの海象状況を予測し、さらに厳しい判断をするのだそうです。

DSC_5227

これは河口の波。
滑走路を越えて、この海の上空を飛んでいくことになる。

DSC_5252

来週は今シーズン最大のレースとなるTour Of Japan。
飛行機の方は世界記録への期待。
日頃は人懐こいカズ選手ではありますが、2つのプレッシャーを抱えてへっちゃらな顔をしているあたりはやはりプロアスリート。
相手は自然なので困難が予想されますが、頑張って欲しいですね~。

DSC_5241-1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。