散歩 with CAAD X

DSC_0702

キャノンデールの新製品ネタと、レースばかり追っているこのブログ。
とはいえ、自分で自転車と乗る時はチンタラのんびり走っているのが一番幸せだったりするのです。
最初がツーリングだったというのも大きいだろうけど、昔から変わりませんね。

このCAAD X、本国ではディスクブレーキ仕様を含めて4種類ぐらいあるのだけど、日本国内では10万円を切るCAAD X Soraのみが展開されている。
本格的なスポーツバイクに入門しようという人にとっては、10万円という値段は最初のハードルだと思うんですよ。
その後は30万、50万と感覚が狂っていき、今では100万オーバーに乗る人も珍しくはないけどね(^^;

CAAD Xは、その入口に立つ位置付けだろうね。
正直に言えば、ハイエンドみたいな羽のような軽さや、漕いだ以上に伸びるようなアクセラレーションは感じられない。
けれど、乗るほどにいい自転車だなと思うのです。

DSC_0701

理由はやっぱりフレーム。
アルミフレームといえば、硬くてゴツゴツしている印章を持つ人が多いだろうね。
でも、このバイクはCAAD10同様にゴツゴツした衝撃をかなり丸めて伝えてくる。
それでいて、コーナリングしている時に腰砕けになるようなこともない。
往年のアルミにこりごりしているような人はちょっとビックリすると思う。

DSC_0731

完成車状態でついているパーツはシマノSora。
キチンとセットアップされれば調子が外れたデュラエースより全然具合がよろしい。
オレは自分でゴッソリ変えてしまったけれど、自転車がシンプルなだけにカスタマイズすればオーナーの色が出やすいだろうね。
アルミだから、その気になれば塗り替えだってできる。

DSC_0741-1

キチンとポジション出せば、レースにだって使えると思うよ。
純レース用バイクに比べたらアップライトなポジション設定になっているけど、普通の人にとっては怖いくらいに下げることはできる。
キャリア付ければツーリングにも出られる。
メーカーがなんにでも使えると言うと「ホントかよ」と思うけど、このバイクはホントに使いでがある。
乗っていて単純に楽しいし、気分がいいです。

Flash CarbonとかSuper Sixも持っているけれど、オレにとっては散歩の友としてこれに勝る自転車はない。
オレは緩い走り方しかしないけど、脚のあるライダーが乗ればアルミらしい瞬発力も出せるはずだよ。
モンゴメリ時代のキャノンデールにはまず考えられなかった価格帯ではあるけど、テクノロジーはいつの時代も一般化して当たり前になっていくもの。
2013年のキャノンデールはこの価格帯でここまでやった。
アルミの雄の面目躍如だろうね。

DSC_0749

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。