KAZU, The challenger.

オレが幕張で呑気に遊んでいた週末。
カズ選手は栂池でJPT第6戦 栂池ヒルクライムで奮闘していたわけだね。
ご本人のレースレポートがアップされています。
栂池はかなり暑かった様子だけども。

最近のカズ選手のレポートを読んでいると、心情をかなりストレートに書いている気がする。
MTB時代からレースの度に丁寧に書き続けているけれども、数年前の若者らしい感じとは全く違う。
強力な選手やチームに振り回され、ギリギリとした表情で走っているのが目に浮かぶような文章。
苦しさの中に光明を見出そうとしているハングリーさがアリアリとしていて迫力がある。

カズ選手のニカっとした笑顔を誰もが印象に残していると思うけれど、そういう感じとは違う顔を見せていますね。
プロの自転車選手としての厳格さが表に出ている気がします。
スマイリーなカズ選手のウラ側にある自転車選手としての真髄が垣間見える気がする。
一度読んでみることをお勧めしますよ。

MTBで欧州遠征している時にずっと感じていたのだけど、表情がどんどん変わっていった気がしたんだよね。
単純に年令もあるだろうけど、厳しい環境で厳しい体験を重ねて作られた男っぽさが出てきたというか。
数年前のツルツルとした表情とは明らかに違っていた。
だから、ロードで奮闘するカズ選手もまた表情が変わると思うのです。

チームとしては、全日本タイムトライアルでダブルタイトルを獲得した週末でもある。
そのことを我がことのように喜ぶ様子もまた、カズ選手らしいところ。

カズ選手のレポートには、
オールアウトに近い状態で後退~
~どうすることもできなかった。
といった一文がある。
レベルは全然違うが、オレも幕張でそんな感じになっていたよ(^^;
自分で走ってみると、気持ちとは裏腹に進まない自転車と自分に何とも言えない苦々しさを覚える。
久しく走っていないオレが突然走ろうと思ったのは、そういった選手の思いを肌で感じてみたくなったからなんです。
そうしないと、書いていることがどんどんウソっぽくなる気がしてきてたからね。

今週末は富士山あざみラインでのヒルクライム。
粘って粘って、また何かを見つけて欲しいね。
どんなレースを展開するか、またレポートを楽しみに待っています。

広告

2 Responses to KAZU, The challenger.

  1. NOBRAND says:

    sinさん

    環境が人を作るってのはホントだと思いますね。
    レーサーだけでなく、一般社会でもそうだと思うし。
    ロードレースで変わるであろう表情を楽しみにしたいと思っています(^^)

  2. sin says:

    その表情の変化は僕も感じてました!
    カズと出会った頃はまだ24〜5歳だったと思うけど、J上位の若者って感じでした。
    海外に出たあたりから芯が太い走りをするようになり、男の顔になった感じがしました。僕が言うのも生意気な話ですがw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。