湘南国際村でMTB??

DSC_7521-1

少し前の話になるけれど、神奈川県葉山町にある湘南国際村でMTBのスクールイベントが開かれた。
近いこともあり、お邪魔してきたわけです。

神奈川のサイクリストにとって、湘南国際村と言えばヒルクライム練習を連想するのだろうね。
実家からも近い場所なんだけど、オレが自転車始めた頃はまだ造成中だったかな?
どのみち坂道だらけなので、オレにとって縁遠い場所であると決め込んでいたわけですがね(^^;

DSC_7808

で、湘南国際村が管理する手付かずのエリアを、MTBで活用しようという動きが始まっています。
土地を管理するのは神奈川県、MTBで活用しようとしているのは神奈川県マウンテンバイク協会であります。
神奈川県マウンテンバイク協会のJMA公認インストラクターによるレッスンが開かれるというので覗きに行ってきたわけですが、ここに辿り着くまでに2年かかったとか。

DSC_7535

場所は湘南国際村の一番奥。
一本の舗装路以外は進入禁止になっている場所。
MTBのイベントが開かれたとはいえ、現在でも許可なくしては入ってはいけない。
KMAからも声明が出ているので、一読してくださいね(ここ)。

集まったのはキッズからXCエリートライダーまで、という幅広さ。
スクールですからね、最初は準備体操から始まるわけです。

DSC_7559

DSC_7563-1

そして、インストラクターの指導の下、8の字スラロームや一本橋などの基礎を体験する。

DSC_7593-1

DSC_7608-1

DSC_7663

キッズだけでなく、大人も。

DSC_7591-1

当然、エリートライダーも容赦なく体験するわけです(笑

DSC_7615-1

オレが自転車始めた頃はインターネットなんてない時代。
自転車趣味と言えば、ショップが中心だったんだよね。
強い選手がいて、中堅がいて、初心者やキッズがいて。
ただ、そういった完成されたコミュニティを持つショップも多くはなかったので、そういった環境に身を置けるかどうかは運みたいなものだったかもしれない。
オレ自身はそういう体験をできなかったクチなので、エリートライダーが近くにいる環境は見ていて羨ましく思ったよ。

DSC_7601-1

一通りの基礎を終えたら、コースに出てみる。
とても神奈川県とは思えぬ光景。

DSC_7766-1

DSC_7799

カメラ抱えつつ、
「オレは一体何を見ているんだろう?」
という気分になったよ。

というのも、MTBと言えば長野県!という変な固定観念を持っていたのですよ。
MTB始めた頃に白馬岩岳の印象が刷り込まれたせいだと思うのだけどね(笑

でも、ここは神奈川県。
今になって故郷を眺めてみれば、海も山もあるし、平坦路もあれば峠もある。
自転車趣味やるには恵まれた土地だと思う。
けど、やはりMTBが走れるトレイルは非常に少ないんだよね。

今回はサイクラリー喜輪さんのクラブチームの皆さんがいらしていました。
この日に来ていたクラブ員の方々は、普段はロードレーサーを嗜む方々だとか。
喜輪さんは国内最強レベルのMTB選手を何人も抱えているけれども、やはりMTBを体験して欲しくても場所がないという問題が大きかったそうです。
そういう意味では、今回の試みを体験した皆さんがどう思ったのか?
気になるところではありますね。

DSC_7792-1

当日の詳しいことは神奈川県マウンテンバイク協会のWEBサイトに出ています。
今後も色々とプランがある様子。
オレ個人としてもこの周辺はほぼ地元であって、思い出深き場所。
神奈川県からオリンピックを目指すMTBライダーが現れてくれたら、やっぱり嬉しい。
この場所がゆりかごとして機能し、未来の日本のエースが飛び出していったら・・・。
オッサンの夢は大きくなるばかりです(^^)

DSC_7696-1-1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。