Road tire by KENDA

最初に買ったMTBについていたのはパナレーサーでした。
SMOKEとDIRTという前後のトレッドが専用だったやつね。
その後はIRC、TIOGAを経由してHUTCHINSONになった。
ロードはIRCからすぐにHUTCHINSONになったね。
理由は簡単で、当時ランスやボルボチームが使ってたから(笑
こういうタイヤがいいという好みは当然あるし、本来はそうやって選ぶものだけども、基本的にミーハーだからね(^^;

で、ケンダ。
このブランドを初めて知ったのは「うなぎチューブ」の頃だから、世紀末だね。
富士見でパンクしまくって悩んでいた時、店で見たサンプルの厚みに驚いて飛び付いた。
エア圧を落として岩に乗った時、リムを通じて伝わるオン・ザ・ゴム板感。
スネークバイトから開放された気分でDHが楽しくなったことを思い出します。
その後はトマックやロープス、ティンカーなどのレジェンドライダーのシグネイチャータイヤを多く出している。
だから、ケンダと言えばペタペタしたコンパウンドのMTBタイヤ、というイメージが強いわけです。

でも、ロードもあるんだよね。
しかもキャノンデールチームが使っている。

2013CDlePcKenda

使ってることは知ってたけど、使おうと思ったことはなかったんだよね。
ただ今使っているタイヤが減ってきたので、新しいタイヤのことを考え始めてふと思い出したわけ。
オレの周囲でも使った話は聞かないけれど、前掲のビジュアルイメージを見せられるとミーハー心がフツフツと(笑
レースをしないオレには「クリテリウム」というタイヤがちょうど良さげ。
25Cもあるようだし、試してみようかな?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。