Ryo Saito x BS Anchor


Photo :Ryo Saito(FaceBook)

2年連続のJシリーズチャンピオンである斉藤亮選手が、BSアンカーに移籍。
新年早々のビッグニュースでしたね。
上の写真、たぶん亮選手の地元で撮ったのだろうけど、真っ白な背景がまたカッコ良過ぎであります。

ブリヂストンサイクルは日本の自転車メーカーの代表であり、日本人なら知らない人はいない。
ウチの親もキャノンデールは知らないが、ブリヂストンなら知っている。
もうそれが全てだね。

BSのブログによれば、チーム構成はこうなるそうです。

■チーム名(登録名)
BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM
■監督:
VICTOR Tomaz
■選手:
平野 星矢
沢田 時
斉藤 亮(ミヤタメリダより移籍)
JULIEN Trarieux(フランスアマチュアチームより移籍)

平野星矢選手は2010年のJシリーズチャンピオン。
亮選手は2012-13のJシリーズチャンピオン。
沢田時選手はU23全日本チャンプ。

さらに強力なのが、フランス人のジュリアン選手。
現在のU23フランスチャンピオンであり、2013年U23世界選手権5位という戦歴を持つ。
調べてみたら、世界戦で4位だったのはCannondale Factory Racingのアントン・クーパー。
ジュリアンはクーパーからわずか11秒差だったという物凄さ。

さらに、アンカーはUCI登録チームでもある。
SCOTT SWISSPOWER、CANNONDALE FACTORY RACING、SPECIALIZED RACINGなどは、UCI ELITE MTB Teams。
BSアンカー(Bridgestone Anchor)は、UCI Mountain Bike Teamsという位置付け。
このへんはロードのUCIプロチームやプロコンチネンタルなどと同様だね。
UCIの会長が変わったのでどうなるのか判らないけれども、登録チームかそうでないかで細かい状況も違ってくるのだろうね。
今シーズンはオリンピック出場枠争いが早くも始まる。
カズ選手にやったようなUCIレースの追っかけもやりたい今日この頃でありますよ。
ちなみにUCIルールも朱書きが加えられているようです(ここ)。

乗るバイクは、XR9という650Bバイクだそうです。
リアアクスル周辺のみ真っ赤という大胆なビジュアルが新鮮。
日本の自転車って細々した模様が多い印象だけど、これは海外ブランドにありそうな感じで実に潔い。
エリミネーターなんかでも目立つんじゃないだろうか?


Photo :Bridgestone Anchor

昨シーズン、星矢選手たちが乗っていた真っ黒の怪しくもカッコいいバイクがコレなのかな?
細かい形状が色々と変わったようだけども、リアエンドのループ形状は既にあったようだね。
BSは幸平選手がいた頃に29erのプロトタイプを走らせてたけど、結局は売らなかったよね?
ジャイアントなどと同様に、BSも650Bが最適解だと判断したということなんだろうね。

いや~、しかし来季のBSはかなりのプレゼンス向上がありそう。
国内でどれくらい走るのかわからないけど、1-2フィニッシュなんかもあるかもしれないし、開幕戦が大いに楽しみでありますね(^^)
BSコスメティックな亮選手のドアップ写真は、亮選手のブログのヘッダー画像で見られますよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。