Prototype Lefty & Scalpel

イタリアのキャノンデールマニアであるeliflap氏。
カーボンフレームの塗装を全部剥いで超軽量バイクこしらえたりする凄い人ですが、彼のブログを見てたらこんな写真がありました。
初代スカルペルのプロトタイプフレームだそうです。


Photo :eliflap

シートチューブ上にあるリンクのピボット部分が補強されているようですね。
特徴的なチェーンステーは黄色っぽい色。
製品では真っ黒なんだけど、樹脂の経年劣化なのか繊維材質が違うのかは判りません。
当時はリアショック回りが94年頃のスペシャFSRにそっくりだと思っていましたが、赤く塗られるとますます・・・(笑

で、これがLeftyのプロトタイプらしい。


Photo :eliflap

このプロトタイプは上側のクラウンがないけれど、それ以外でも初代Leftyとの違いがかなりある。
たとえば、

1. アクスルが真っ直ぐ →製品ではテーパー形状になっている。
2. ブレーキキャリパー台座に切り欠きがない →製品では切り欠きがあり、ボルトを緩めるだけで外せる。
3. エアバルブがロアレッグの後ろ側にある →製品ではロアレッグの下端にある。
4. 写真で見る限りロアレッグが丸断面 →製品では四角断面(ニードルベアリングが走るため)

何より興味深いのは、やはりロアレッグが丸断面であることかもね。
現行のLeftyのロアレッグが丸断面に変更になったのは衝撃的だったけど、当初からアイデアとしては存在していたようですね。

色々思い出してみると、Leftyのご先祖様にはこんなフォークがあった。
左の金色フォークがHeadShok Moto、右の黄色いフォークがHeadShok Moto FRという。

hsmoto

金色Motoは真っ赤なSuperV DHと共にデビューし、当時のシーンに衝撃を与えたもので、ストロークは120mm。
倒立だからというのもあるけど、アウターレッグの下端に現在の丸太Leftyの面影。
現行のLeftyはこのフォークからもインスパイアされたのかもしれないね。
HeadShokと名の付くフォークは数あれど、ニードルベアリングが入っていない唯一のフォークであります。

黄色Motoは金色より後に出たタイプで、ストロークも100mmに。
ニードルベアリング構造が復活し、SuperVにアセンブルされることが多かった。
長らくタンデムMTBのフォークとしても使われていたね。
クラウンやアウターチューブの形状、ブーツ付きであることなど、初代Leftyを思わせるディテールが垣間見える。

この2本のダブルクラウンフォークがデビューしたのは90年代後半。
最後にデビューしたのがLeftyでありました。
Leftyの開発がいつから始まったのかは知らないけれど、ご先祖様の変化に影響されていたのかもしれないねえ。

00Lefty

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。