2014 シクロクロス世界選手権

週末にオランダで行われたシクロクロス世界選手権。
ジュニア、女子、U23、エリート男子と、YouTubeのuci channelで全部観ましたよ。

しかし男子は凄かったね。
スヴェン・ネイスとゼネク・スティバーのマッチレースは見応えあり過ぎた。
コースの大変さはそれまでの中継で感じていたけど、異次元のスピードとテクニックでガチンコ勝負。
ネイスはソツなく華麗にこなし、スティバーは闘志ムキ出しでパワフル、という印象。
素人目には、U23くらいになれば体格的にはエリートと変わらないんじゃないの?と思う部分もあったんだけど、もう全然違ったね。
最後にネイスがミスを繰り返して決まったけれども、世界選手権にふさわしい、素晴らしいレースだったと思います。
ダイジェスト版の動画がコレです。

Mens Elite Race -Edited-

*
女子は5連覇しているマリアンヌ・フォスが6連覇を達成し、自身7度目のアルカンシェル。
まだ勝ちたいの?と言われるほど強いのだけど、やはり地元オランダでの世界戦は特別なのでしょう。
ワールドカップ・イタリアでフォスとマッチレースを展開したケイティ・コンプトンは、序盤でトラブルに巻き込まれて早々に離脱。
フォスの独走になったのは少し残念だったけれども、イタリアのXCライダーでもあるエヴァ・レックナーの粘りは感じ入るものがありました。

Elite Women Race -Editted-

*
機材的にも興味深かったね。
コースはヌタヌタ度が高い状態で、ディスクブレーキの優位性もありそうに思えた。
でも、スティバーもネイスもカンチ仕様で出走。
登山みたいな担ぎがあったから、絶対的な軽さが良かったんだろうか?
それとも、泥で嫌でも減速するから強力なブレーキングフォースは必要なかったのだろうか?
MTB同様、このへんも興味深い点ではありますね。

さて、これで今週末はお台場でシクロクロス東京。
キャノンデールの2m男、ライアン・トレボンを生で見られると思っていたのだけどね・・・。
残念なことに、世界戦で負ったケガの大事を取って来日中止になっちゃったとか。
来年に来てくれることを期待したい所です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。