Max Plaxton joins Cannondale Factory Racing


Photo :Cannondale

Sho-Air Cannondaleに所属するカナダのXCチャンプ、マックス・プラクストン(Max Plaxton)。
少し前のニュースだけども、Cannondale Factory Racing(CFR)に入るそうです。
本棚氏、フミック兄さん、アントン、キーガンと同じチームで走るよ、ということですね。

ロンドンオリンピックが終わってメンツを変えた2013シーズンのCFR。
開幕でいきなり兄さんがポッキーになったりして、成績は芳しくなかったのが正直な所。
復帰後の兄さんが世界戦で2位に入ったのは大きな救いだったけれどもね。
そんな中、キャノンデール勢として気を吐いていたのがこのマックス。
レッドブルな本棚氏より上位でゴールしたレースもあり、成績的にはエースそのものだった印象があります。

マックスは1985年生まれの28歳。
日本産のアジア王である山本幸平選手と同い年になるのかな?
成績的にもトップ10選手なので、幸平選手がガチで競り合う相手の一人、ということになるだろうね。
カナダのメディアに対して色々とコメントしていますが、やはり目指すはポディウムとのこと。
選手としては心技体が揃ったバランスのいい時期なのだろうし、見応えある競り合いを期待したいところ。

Sho-Airも北米サテライトのタイトルスポンサーという立ち位置から、キャノンデール全体で名前を見るようになったね。
サガンたちのCannondale ProCyclingのジャージにもロゴがあるし、今季はCFRのアパレルにも名前が入るようだし。
今回の移籍はそのへんも関係あるのだろうけれど、素人にはどうでもいいこと。
ボルボな時代の夢を引き摺り続けるオレとしてはね、
そろそろ勝ってよキャノンデール!
という思いが全て(笑

まあ、我々オッサンにとっては、やっぱりキャノンデールのMTBはアメリカそのものですよ。
そんなかつての青年達のノスタルジーなプレッシャーも背負うかもしれない、北米最速男であるマックスの移籍。
名実ともにワークスとなるわけなので、期待せずにはいられませんね(^^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。