RYO in Cyprus, Sunshine Cup #2 Voroklini

地中海に浮かぶキプロスでシーズンインを迎えた亮選手たち。
先週行われたAfxentiaでのステージレースのレポートが出ていますが、見ました?
やはり最初の敵は渋滞みたいで、そこをどうコナすかでその後のレース運びも大きく変わる印象。
亮選手の立ち位置では、これを国内で鍛えることはできない。
とはいえ、やはりスキーで世界を巡った経験値のせいなんだろうね。
持ち前の気持ちの強さで体を前に押し出しているようです。
亮選手はレポートを丁寧に書く選手なので、ご一読をお勧めしますよ(^^)

この週末は、Vorokliniという場所での第2戦。
このレースは純然たるXCO、一発勝負であります。
もちろんUCIレースで、カテゴリはClass1。
ワールドカップ(WC)、オー・クラス(HC)に次ぐランク。
八幡浜がClass3といえば、走る人には想像がつくかもしれないね。

コースはこんな感じ。
線形自体はシンプルに見えるね。

スタートループとファーストループが終わると、スタート地点を逆走するレイアウトってのが珍しい。
こんなレイアウトもアリなんだな。
標高差は120mほどで、登っているか下っているかのいずれか。

これは2011年のコース動画。
カズ選手が出走した当時のものだけど、亮選手がブログに載せてる写真を見る限り、あまり変わってないと思う。
とにかくコース自体の殺伐感がハンパない。


*
スタート直後のシングルトラック入口は渋滞しそうだね。
岩もゴロゴロ剥き出しで、コース横はすぐに崖。
下りにはドロップオフがいくつもあり、コケたらただでは済まない感じ。
ミスしたらそこで終わってしまう印象。

こちらはライダー視線の映像。
道幅がタイヤ1本分くらいしかない崖上区間なんか、レースでなくても走りたくありません(笑
ダウンヒルセクションでは、見通し良過ぎて高度感が物凄い。
こんな場所のドロップオフは、通常以上に怖く感じるんじゃないだろうか?


*
タイムテーブルを見ると、今回のレースは男子女子が混走するようです。

このエントリーを書いている時点では、ご本人たちは練習走行中だと思うけどね。
もちろん良い結果を期待するけども、何よりケガにだけは注意して欲しいところ。
レースは3/9日曜日の現地時間12:00(日本時間19:00)にスタートでありますよ(^^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。