記録飛行直前、テストフライト

DSC_2200

ヤマハ発動機の有志による人力飛行機クラブ、エアロセプシー。
世界記録に挑戦するためのエンジン兼パイロットとしてカズ選手が参加しているわけですが、今年は5月9日〜11日の3日間のどこかでトライするそうです。
で、テストフライトを見に行ってきたよ。

DSC_2204-1

オレが現地に着いた頃はまだ真っ暗だったのだけど、機体は既にカタチになっていた。
一年ぶりに眺めるその姿はやはり美しい。
翼は非常に長く、滑走路からはみ出るくらい。
クルマの大きさと比べれば何となくわかるかな?

DSC_2229

飛べそうということで、アップをするカズ選手。
まだ朝日は昇っておりません。

DSC_2234

ちなみに今回持ってきてたのは、懐かしい初代SuperSix。
レースバイクは家にないから久々の登場と相成った。

DSC_2392-1

そして、見事に飛びました(^^)
一年ぶりに見たけど優雅だね。
これだけの大きさのものが音もなく飛ぶわけだから。

DSC_2254

最近のカズ選手に合わせて、機体にはモディファイが加えられたそうです。
ロードに転向してパワーとスタミナが付いたからかな?

DSC_2274

滑走路の端まで飛んで、真っ直ぐに着陸。
お見事。

DSC_2291

そして陽が昇る。
太陽が出てくると気温が上がり始めて、風にも変化が起きるらしい。
それゆえに、明け方のわずかな時間帯にしかチャンスがないそうな。

DSC_2296

飛行機は後退するのも人力。
この機体、重さが40kgくらいしかないんだって。

DSC_2309

パイロットは既に2度目の準備。
ちなみにジャージはヤマハブルー。

DSC_2311

そして、2度目のフライト。

DSC_2328-1

少し風に乱れがあったようだったけれども、うまく建て直して巡航。

DSC_2335-1

飛ぶ姿はやっぱり優雅。

DSC_2346-1

そして再び見事に着陸。
とにかく風にデリケートなので、真っ直ぐ飛ぶのもかなり大変なんじゃないかな?

DSC_2356

今年は昨年よりもテストフライトが少ない。
ぶっつけ本番に近い状況なので、直前に飛べたのは良かったそうです。
いいイメージを持てるからね。

DSC_2394

カズ選手の仕事場。
この狭いコクピットの中で、海の上を飛び続ける。

DSC_2398

風が出てきたということで、この日のフライトはこれで終わり。
人力飛行機の活動は、本当に短い時間のために全てがある。

DSC_2401

DSC_2405

DSC_2443

エアロセプシーはこの世界の第一人者でもあり、テレビの鳥人間コンテストでは解説も担ったりする。
なので、見学に来ていた大学生もいましたよ。
質問に答えるカズ選手。

DSC_2442

これは今回の挑戦で使うサングラスで、アディダスの新作Tycane(タイケーン)というやつ。
ギラ付く海面を飛ぶので、レンズは偏光タイプを使うそうですよ。

DSC_2406

というわけで、直前のテストフライトは終了。
当日のカズ選手は、この富士川河口から海に向けて飛んでいく。
飛び立つまでで既に大変な人力飛行機ですが、今年こそ成功して欲しいと願っています。

DSC_2440-1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。