“GREEN VOLTAGE”, 2015 Miyata-Merida Biking Team

DSC_5379

日本を代表するMTBチームの一つ、MIYATA-MERIDA BIKING TEAM
週末に今季の体制が発表されましたが、なんと今年はチームのファンクラブができるそうです。
名前は「GREEN VOLTAGE」と言います。

mmbt_gv
Image :Miyata Merida Biking Team

近年の日本国内のMTBレースで強力な存在感を示す同チーム。
デビューイヤーの2012年は、キャノンデールとカチカチやり合って大いにシーンを湧かしたね。
コレとかコレとかコレとか、懐かしいのう・・・

dsc_0425s

2013年シーズンは、出れば勝つという常勝チームに君臨。
同チームに所属していた斉藤亮選手がJシリーズで春先から圧勝を続け、ファンも待ちに待った全日本選手権
絶対王者山本幸平選手と見応えある争いを展開し、大いに手に汗握った。

dsc_8959-2s

亮選手が離脱した昨年はラインナップを一新。
亮選手が最も警戒していた小野寺選手をエースに迎え、若手ライダーとしてはマツジュンこと松尾純選手が加入。
XCスキー王者の恩田選手も加入して、存在感をさらに高めたね。

ちなみに小野寺選手とマツジュン選手には、J1白馬ラウンドが行われる日の早朝、白馬大橋で偶然遭遇。
完全に思い出モードで山の写真を撮っていただけに、この時は心底ビックリしたよねー。

DSC_4448-1

今季は恩田選手がチームを離れ、小野寺選手とマツジュン選手の2人チームに。
マツジュン選手はウエイビーな髪型でモデルチェンジしてるので、カッコよろしいプロフ写真は必見でありますよ。

監督はドゥロワーを主宰する山路さん。

DSC_4577

さらに今季は自転車雑誌でお馴染みのカメラマン、岩崎さんもチームスタッフとして名を連ねております。
チームに看板持ってるプロカメラマンがいるのも珍しい気がしますが、SNSが発達した時代性を考えるとさもありなん。
このあたり、21世紀のレースシーンを戦うこのチームらしい所であります。

ファンクラブの概要はリンク先を覗いてもらえば判る通りで、会費制。
一口3千円として、何口出してくれたかで内容が違ってくるというもの。
熱心なサポーターがいることで有名なロードチーム、宇都宮ブリッツェンがやっているのと同じようなスタイルみたいだね。

10口以上となるゴールドサポーターの場合は結構豪華。
まず、チームジャージが送られてくる。

DSC_4451-1

これ、欲しいなーと思っていたけど、市販はされなかったんだよね。
今回はスペシャルなことに、申し込み後に天下のパールイズミで生産されるようです。

で、メリダのプレスショーに招待されるようです。
そこいらじゃ見られないような台数の自転車の海に浸れるよ、ということだね。

乗りまくりたい人は多いだろうけど、何台もクルクル乗り続けられる体力がないと試す所じゃなくなるんだよね(^^;
自転車の海を泳ぎたい人は、要トレーニングであります。

たぶん、このチームが乗るバイクにも乗れるんじゃないかな・・・?(^^)

DSC_2732

DSC_2734

チームのステートメントには、最大の目標はリオデジャネイロ・オリンピックであるとはっきり書いてある。
そのためにはUCIポイントのかかったレース(いわゆるUCIレース)で成績を挙げる必要があるんで、海外のUCIレースにも遠征するようです。
国内シリーズも一新されてUCIレースになったわけだし、このへんは国内レースの緊張感に直接影響するだろうね。

チームスケジュールを見ると、4月のアメリカ遠征でUS Cupに出るようだね。
US Cupとは、昨年から始まったアメリカのUCIシリーズ戦であります。

メリダチームが出るのは、4/11のボネリパークと4/18のシーオッター。
レースの格は、ボネリパークがオークラス(Hors Class:ワールドカップの次)、シーオッターはClass 3(昨年までの八幡浜と同じ)となる。
昨年はネットで中継されたけど、時差が物凄くて寝落ちしそうになったな・・・(^^;

2014 US CUP Bonelli Park Highlights


*
オリンピック目指しての争い、ロンドンの時にカズ選手を通じてオイラも入れ込んだよ
特定の選手やチームに入れ込むと、長いスパンでのレース観戦が本当に面白いんだ。
特にオリンピックはMTB最大のビッグレースであり、国別の出場権争いは既に始まっている。
選手の方も、見られていると思うとどんどん走りが変わっていったりもする。
こうした選手と観客の感情交換を行うには「場」が必要なのだけど、こういったファンクラブはその一つだと実感します。

小野寺選手は、ワールドカップでも加算ポイントを取れる位置で走るスピードを持つ。
充実したチーム体制・サポート体制を得て、大爆発な走りを見せてくれることを期待しています(^^)

DSC_4575

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。