今週末のカズ選手、シクロクロス東京2015

シクロクロス世界選手権も終わりましたねー。
カテゴリを問わず、世界選手権はシーズンの終わりを告げるものでもあったりします。
つまり、2014-2015のシクロクロスシーズンもあっという間に終盤。
近年の日本の場合、シクロクロス東京がシンボルのようにも思えます。

そして今回のシクロクロス東京。
コースが無茶だとか、あのベン・ベルデンが帰ってくるとか、雪降らないでーとか、色々と聞こえてきます。
それだけ話題が尽きないレースイベントってことだと思いますが、当ブログ的にはやはり、カズこと山本和弘選手の引退レースだよ、という点に尽きますね。

持ち前の人懐こさと、常人離れしたライディングを併せ持つことでファンが多いカズ選手。
引退=自転車乗らない
というわけではないだろうけれど、職業選手としての活動はこのレースが最後であると。
どんな選手にもいつかはやってくる時が、カズ選手にもやってきたということ。

MTB時代にしろロード時代にしろ、オフシーズンに取り組んでいたのがシクロクロス。
U23時代に全日本チャンプも取っているのだからこちらでも強いのだけども、ロードを始めてからの無双っぷりは強烈でしたね。
持ち前のテクニックにスタミナが結び付き、そのリソースを経験値で制御して勝ちまくっていたわけで。
昨シーズンも強烈ではあったけど、チームという環境が整っった今シーズンはさらに強烈な印象を残していたわけであります。
その結果が10年ぶりの世界選手権出場であり、このミラクルな写真ですよ。

albright_sat_elite_men_kazuhiro_yamamoto-1-750x1125
Photo :Cyclocross Magazine

CX Magazineって、MTBで言えばMountain Bike Actionみたいなもの。
8枚しかない組写真の1枚にカズ選手の姿がある。
50位スタートから38位フィニッシュに至る順位の変位量が目立ったのだろうか?
MTB時代のUCIレースでも、こんなレースをすることが多かった。
当時、スタートは格闘技なんですと言っていたけれども、その体験が生きたのかもしれないね。
自分の走りができたとのコメントは、やはり何よりだったね(^^)

そんな思いを抱きつつ、今週末には引退レースとなるシクロクロス東京を迎える。
今年で4回目の出走だね。


*
2012年の第1回の頃は、MTB選手だったね。
ロンドン五輪に向けてUCIレースを走りまくっていた頃。

正月恒例のタイ合宿から帰国した直後の出走だったから、真冬なのに日焼けしていた。

ステアケースなセクションは全部乗ってクリア。
「おお~」
と鈴なりの観客の喝采を浴びておりました。

2013年の第2回大会では、ロード選手に転向した直後の出走。
ロードレースシーズンの開幕前に、ジャージ姿を御披露目するレースと相成った。

それもあってか、この年はレース前にこんなことを言っていた。
全部飛びますからね!
前年には控えていたバニーホップを解禁し、MTBのトップ選手らしいワイルドなライディングを御披露目しておりました。

そして3回目となった2014年。
この年も新しいジャージを御披露目するレースとなったね。
半世紀ぶりの大雪でしたが、道産子のカズ選手にとっては何ともなかったかもね。

昔に比べてシックな色合いのジャージが多い昨今だし、雪景色でもあったからね。
オレンジ一色のジャージはとにかく目立ったね。

そして、プロ選手引退という発表をして臨む4回目のシクロクロス東京。
人一倍の人懐っこさで知られる選手だけに、毎年会場ではなかなか自分の車に戻れなかったりしていた。
引退となると、さらにいろいろな人から話しかけられて大変かもしれないね(^^;

でも、ご本人はそれを待っているかもしれません。
まず、今年はキャノンデールが第1回大会以来のブースを出すようです。
そこでカズ選手のこれまでの軌跡をデザインしたポストカードを配布するそうです。

10959416_1002372453125438_4843737061010056916_n
Photo & Image :Cannondale

もう一つは、KAZUロゴのステッカー。
レース当日、カズ選手に直接会った人にこれをプレゼントするつもりだとか。
オイラは正月に会った時にもらったけど、もったいないので絶賛秘蔵中であります。
そんなこんなでこの週末、またまた賑やかになりそうで楽しみです(^^)

IMG_6337

Cannondale’s Trial Riders

1535659_10152487271923642_132388871_n

いやいや、クリスマスも過ぎつつありますね。
日本人としては、上司に
「年末くらいチンタラやりましょうよ~」
とは言いにくいものですが、この季節に欧米からこういうメールが来ると非常に嬉しい。
何故なら、こちらも自然と仕事しなくて良い気分になるから。
年末なんだから色々諦めてのんびりしましょうね(^^)

で、世界中で評判を呼んだロードバイクによるトライアルムービー「Road Bike Party 2」。
先日もネタにしたわけなんですが・・・。

ここに出演していたMartyn Ashtonなんですが、撮影中に大怪我して車椅子生活になってしまったそうです。
エンディングでチラリと車椅子姿が映っていますが、途中でライダーが代わるのはそのためだったとか。
これだけのパフォーマンスで我々にインスピレーションを与えてくれる代償は、やはり大きなものだった。
それを聞いて悶々としていた所、キャノンデールが彼のリハビリ支援を決めたという知らせ。
理由は、昔ボルボチームに在籍していた縁であると。
ご存知の通り、今のキャノンデールはボルボチームを率いていた頃のキャノンデールではない。
失礼ながら、こんなステキなことをするとは思っていませんでした。

ボルボ・キャノンデールチームは今見てもユニークなチームで、DHやXCだけでなく、トライアル選手も籍を置いていた。
MTBという自転車の可能性を見せ付けるかの如くでね。
初期に在籍したリボル・カラス(Libor Karas)は覚えていたけれど、その後釜が若き日の彼だったとはこのハガキで知った。
後にBSのアンカーブランドの立ち上げでも活躍した日本人DH選手、鍋島健一さんの名前もあります。

いろいろ調べたら、当時の映像も出てきたよ。
ジャージを見ると94~95年のものなので、カラスと一緒に籍を置いていたのだろうか?


*
こちらはリボル・カラスであります。


*
ちなみに、ボルボチームに籍を置いたトライアルライダーには日本人もいる。
青い時代のチームに籍を置いていた、有薗啓剛さんであります。
このジャージはレプリカじゃなくて、ホンモノのボルボさんですよ。


*
こんな過去を持つキャノンデールなので、日本のMr.Cannondaleがこういう技を持つのも必然かな?
そろそろ新作を待ってます(笑

■KAZU on the stairs:Down and Up

ツール・ド・おきなわ

秋深まる日本列島ですが、沖縄はやっぱり暑いみたいですね。
日曜日に行われたツール・ド・おきなわ、1位ゴールした選手が斜行したとかで降着に。
アンカーの初山選手が優勝となったようですね。
上位以外はなかなか結果が出てこなかったけれど、ここを見る限りでは半分くらいの選手がDNFになった様子。
C Projectは遠藤選手が39位に入ったけれど、あとの選手はDNFとなっている。
沖縄自体行ったことないし、このレースについても大昔に読んだ「シャカリキ!」のイメージくらいしか持ってないので何も判りませんが、やはり厳しいレースだったのだろうか?
詳細はレースレポートを待ちたいところ。

カズ選手をはじめとするC Projectにとっても今季の公式戦はこれで終了。
MTBに比べてレースも多いし、チーム戦でもあるロードレース。
特に転向初年となったカズ選手には長く感じたんじゃないだろうか?
何はともあれ、お疲れ様でした!

今週末もレースだらけ

DSC_0047

この写真は岩手県平泉の中尊寺。
先週末のツール・ド・三陸を含めた東北行き、写真も含めて色々整理しています。
レモンのことはもう書いたけれど、陸前高田、大船渡、南三陸、気仙沼で見たこと感じたことは大きかった。
このへんは週末あたりに書こうかと思っています。

で、今週末も忙しいですよ。
ロードではJBCF美浜クリテリウム、MTBではJシリーズ白山一里野が開催されますね。

以前から言われていることだけど、日本にはヨーロッパみたいな街中ロードレースは少ない。
ヒルクライムとか、CSCみたいなサーキットレースとか、クリテリウムが中心。
狭い日本だし、このへんは如何ともし難いのだろうね。
ただモノは考えようで、クリテリウムって見ている方には面白いと思うんだよ。
短い周回コースだから、選手が何度も目の前を通るわけだから。
特にオレみたいにシクロクロスやMTBレースばかり見ていた人間には、馴染みやすそうなスタイルだと思っているのですけどね。

DSC_9669-1

カズ選手、ロード転向1年目となるシーズンをここまで頑張ってきた。
思うように結果が出ていないけれど、最近は成長の手応えを強く感じている様子。
レースが多くて大変だと思うけど、思い切りやりあって欲しいものです(^^)

DSC_9684

MTBはXC、DHともに最終戦となる。
XCは前戦富士見が中止になったこともあり、シーズンはあっという間に駆け抜けていく感じだね。

DSC_8959-2

今季負けなしのままXCランキングトップをひた走る亮選手は、2位の小野寺選手に122ポイントのアドバンテージを持っている。
普通に考えれば、亮選手の2連覇の可能性は高い状況。
ただ、スポーツは何が起きるか判らない。
先週まで、幸平選手や亮選手をはじめとする日本のトップ選手たちは、ランカウィのUCIステージレースに出走していた。
そこで総合優勝したのは幸平選手だったので、全日本に続く刺激を受けたんじゃないだろうか?

何より興味深いのは、今回のレースは東京オリンピックが決まって最初のJ1レースであること。
しかも富士見が中止になって悶々とした思いも少なからずあるだろうからね。
ヤングガン達のモチベーションは高まっていると思うので、ガチガチレースを期待しています(^^)

さらには京王閣では関戸橋から引っ越したフリーマーケットが開催されるそうです。
このフリマ、日本のヴィンテージバイク趣味の一大イベントとなっている。
レモンに会ったばかりで心が当時に逆戻りちうのオレにとっては、ある意味最も行ってはいけない場所。
ギターの世界もヴィンテージ志向が強いので想像つくのだけど、骨董趣味はマジでキリがないんだよね(笑。
オレもキャノンデールの古いのは持っていますが、これはオレ自身と共に古くなったの以外は思い入れの強さで入手したもの。
その意味では、Greg LeMondと書いてあるクロモリレーサーを見たら正気ではいられない自信がある(笑。

レース経過も気になる、ヴィンテージも気になる、陸前高田を思い出して走りたい気分でもある。
そんなこんなで、この週末もオッサンの心は木の葉のように揺れ動く予定でありますよ。

On Sale, Cannondale Champion System’s Green Chain

カズ選手擁するキャノンデール・チャンピオンンシステム。
使うチェーンはKMC製のライムグリーンカラーでありますね。
チーム専用品だと思っていたのだけど、一般販売されるようです(^^)

ベースとなるチェーンは、X10SLというタイプ。
KMCの10速用チェーンとしては最も軽いものだね。
値段は11,025円と高額だけども、そのへんはスペシャルスペックだからね(^^;
ここんちのチェーンはシマノ製よりもソリッドな印象があるので、気になる人は試してみては如何?
自分でも使っているけど、思った以上にタフなので助かっております(^^)

出走108完走7, JPT#11 修善寺CSC 東日本クラシック

DSC_9654

JPT#11修善寺CSCに行ってきたお話ですよ。
もう第12戦も終わっちゃったのにね(笑

自転車趣味も長々やってるけれど、日本サイクルスポーツセンターに行ったのは7月のMTB全日本選手権が初めてだったんだよね。
今回は2回目だし、P1のレース前にあちこち眺めてみた。

DSC_9657

この建物はレストランで、「富士見」というそうな。
コースの奥の方が見えていたので、飯食いながら見られるのかな?

DSC_9660

で、こちらは屋根つきメインスタンドの隣にある建物。
展示物は少し心許ない印象だったけど、博物館級の古い自転車もいくつか置いてあった。

DSC_9659

この建屋はサーキットコースが見渡せるので、真夏の観戦には有り難い。
この写真の奥の方は雑魚寝エリアになっていたので、マニアの父ちゃんに付き合わされた的な奥様お子様も居場所はありそうです(笑

DSC_9663

階段を降りると、こんな看板が。
この昭和50年代な感じ、リアルタイム世代なので大好きです(^^)。

DSC_9662

冗談でも何でもなく、小さいお子さん連れなら一日遊べる場所じゃないかな?
そんな印象の日本サイクルスポーツセンターであります。

お、カズ選手がおりました。
オレがレース姿を見るのは4月の群馬CSC以来なので、本当に久しぶり。

DSC_9665-1

で、スタート前の表情。
春先に比べて、やはり場慣れしてきたように感じたね。

DSC_9669-1

5kmサーキットを20周以上も周回する長いレースがスタート。
今回は展開をレポートするつもりはなくて、気楽に観戦を決め込んでおりました。
ロードレースを見ること自体に慣れていないし、まずは楽しく見ないとね(^^)

DSC_9684

選手が出て行くと、監督以下チームスタッフも戦場へ。

DSC_9686-1

DSC_9689

我々もMTBコースを横切って移動であります。
今回は久しぶりにイチさんご一家も観戦に。

DSC_9696

この時点で既に2周くらいは過ぎてたのかな?
逃げグループには森本選手、岡選手が入っていたね。
群馬のときはなかなか動きが出なかったけれども、今回は序盤から活発な様子。

DSC_9703-1

追走集団には大場選手とカズ選手の姿が。

DSC_9712-1

ロードレースの選手の動きは本当にややこしい。
MTBレースばかり見ていると尚更感じるよね(笑。
逃げている選手がいるチームは集団を引かなくてもいいという不文律がある。
逃げに選手を送り込めていないチームは差を広げられると面倒なのでペースを上げようとする。
そのへんから体力を燃料とした複雑な心理戦が始まるわけだね。

DSC_9725-1

とはいえ、そんなことばかり考えて見ているとこちらが疲れる(笑
なので、簡単な要素をいくつか踏まえていればいい気がします。
例えば、

1. 終盤まで体力温存して爆発させたもんが勝つ。
2. 1人で走るより集団で走る方が速い(数分くらいの差がついてもすぐ引っくり返る)。
3. 逃げに選手を送り込んだチームは後方集団では足を使わない(先頭交代に加わらない)。

とかね。
実際には我々が思う以上の駆け引きをしているそうだし、チーム個々の作戦だってあるからレースを全て把握するのはなかなか難しい。
そして何より暑いので、あまり考え過ぎずに眺めていたわけです(笑。

DSC_9730-1

大場選手はカズ選手から離れて、森本選手、岡選手との間に出てきたね。

DSC_9737-1

こちらはすっかりロードレーサーになったカズ選手。
集団がカッチリ固まっていた群馬の時よりも、すっきり写せる機会が多かった。

DSC_9753-1

こちらは原川選手であります。
少々辛そうに見えるけど、暑さだろうか?

DSC_9759-1

岡選手と森本選手は先行集団で力走を続ける。
異なるチームの選手同士でも結構しゃべっていたのが印象に残った。
ツールなんかでも利害が一致すると共闘したりするシーンがあるね。

DSC_9768-1

少し下がって大場選手。

DSC_9774-1

さらに下がって遠藤選手、カズ選手。

DSC_9791-1

そして原川選手。
というのがこの日の大方の位置でした。
群馬で強く印象に残った澤田選手は、1周目に仕掛けたものの落車して早々にDNFしてしまったそうです。

DSC_9807-1

修善寺のコースは見通しが利くので面白かったね。
群馬のコースも林間の雰囲気が好きだったけども、こちらは正にサーキットって感じ。

DSC_9798-1

DSC_9810-1

DSC_9820-1

DSC_9849-1

DSC_9858-1

このマビックバイク、非常にカッコよろしい。
選手たちより目立っておりました。

DSC_9880

スタート地点に戻るダラダラした上り坂。
この坂は辛そうだったねえ。

DSC_9909-1

カメラを引くとこんな感じ。
かなり見下ろしているのに充分に上り坂感があるでしょ?
選手にしてみれば視界は一面のグレーだそうな。
幅が広過ぎて速度感がないので、精神的にも辛いそうです。

DSC_9911

DSC_9917-1

さてさてレースも中盤へ。
タイム差までは見ていないけれど、まだ先が長い・・・。

DSC_9921-1

DSC_9930-1

カズ選手のレースレポートは毎回読んでいるけど、ロードレース特有の駆け引きへの順応を進めている様子が伺えるでしょう?
実際この日のカズ選手を見ていて、群馬の時とは動きのキレが違う気がしたよ。
堂々とレースを進めているように見えたね。

DSC_9941-1

DSC_9953-1

DSC_9960-1

DSC_9970-1

DSC_9977-1

大場選手は盛んに遠くを見ていた様子。

DSC_9996-1

DSC_90006-1

DSC_90029-1

こういう写真がもっとスッキリ撮れるといいんだけどね(笑
砂田弓弦さんのような写真、やっぱり憧れるんだけども。

DSC_90046-1

昨年に大腿骨を折る事故から復帰した鈴木真理選手。
某監督曰く、「天才ですよ」とのこと。
MTBばかり見ているオレですら、相当前から名前を知っているくらいだからね。

DSC_90066-1

小柄な体躯をさらに低くして下る岡選手。
こういった特徴あるフォームを見せる選手は好きなんですよ。
日本期待の若手選手、大きく伸びて欲しいもんです(^^)

DSC_90072-1

この瞬間のカズ選手、焦りを感じていたらしい。
今回のレースではトップから7分差が付くと足切りされてしまうのだけど、これがこの日最後の周回となってしまった。

DSC_90079-1

リーダージャージを着るホセ選手も、終盤に足切りをされてしまった。

DSC_90092-1

今回のレースは108人出走して、完走したのはたったの7人という結果に。
MTBでもトップが速過ぎて大量に降ろされることを大虐殺というけれど、それよりも凄い(^^;
Cannondale Champion Systemも全員がDNFとなり、さすがに悔しそうでありました。

DSC_90095

今頃はツール・ド・北海道に向けてモチベーションを高めている頃だろうか?
緑軍団の活躍、期待しております(^^)

IMG_2775

JPT#12, JBCF Time Trial Championships

早朝に東京オリンピックが決まった今日、渡良瀬ではタイムトライアルが行われましたね。
天気は生憎の雨模様だったようですが、先週の修善寺に引き続きCannondale ChampionSystemの選手たちも奮闘したようです。
タイムトライアルと言えば、腕を並行にハンドルに乗せるDHバーとか、エイリアンみたいな専用ヘルメットですね。
カズ選手、昔はTTヘルメットとワンピースジャージをまとってMTBで走り回った前科があるようですがね(笑


Photo :yamamotokazuhiro.com(15.Apr.2007)

オレは現地に行ってないのですが、観戦仲間のとあるお方からカズ選手の写真を頂戴しました。
お許しいただいたので、さっそくアップさせていただきますよ(^^)

こうして見ると、ツールのプロローグ見ているみたい。
やはりタイムトライアルはロードレースの華かもしれないね。

DSC_0078

DHバーはただでさえ不安定で怖いと思うのだけど、かなりの雨模様。
見ている方も怖いね(^^;

DSC_0111

しかし昨年までMTBレーサーだった選手なだけに、この姿はインパクトがあるね。

DSC_0083

今回はTTバイクであるSliceではなく、マスドロードであるSuperSix EvoにDHバーをアセンブルして臨んだようです。
一般的にTTバイクは前乗りポジションになるけれども、今回はそこまで極端ではなさそう。

DSC_0084

JBCFの速報によれば、カズ選手はトップから2分11秒差の37位。
同じチームの全日本TTチャンプ大場選手も37秒差の6位だったようです。

DSC_0082

今回のレースを終えた後は北海道に飛ぶ。
UCIレースでもある、ツール・ド・北海道だね。
カズ選手は以前にも北海道選抜として出場したことがあるけど、今回はチームとしての凱旋。
北海道に帰るのは久しぶりかな?
大いに活躍を期待していますよ(^^)

DSC_0112