Good luck and thank you,Fontana

fontana2bianchi
Photo :Bianchi

As you know, Our racer, Italian Marco Fontana (丸子本棚) who took a bronze medalist of London 2012 has leave from cannondale.

Honesty my feeling is so sad. Because we had enjoyed worldcup and worldchampionships at 7 years through his riding.

slideshow643_urllarge1
He had joined to cannondale at 2009, Already his carrier with cannondale was longer than a lots past great cannondale racers.
When he had joined to cannondale, Wheel size of MTB was still 26 inch. Unique Lefty fork had bit evolved from debut, so had provided a right weight and smooth friction, but still was 1st generation.
Currently tire size had became to large, also Lefty fork has evolved to 2nd generation. I think that a evolution of Lefty fork had occured by phenomenon which wheel size had became to large.

fsi-1
Therefore I think that Cannondale mountainbike’s mostly evolution has occuerd with Marco.

I’m remembering his riding at UCI worldcup when before london olympic.
He had always tried pushing to a head of race.

2

Unfortunately he always late from top of race at middle of racing time, so never won at worldcup with cannondale, but also he had won a bronze medal at London 2012 without saddle (I call this as in japanese “Saddle toretana”).

9
I think this momement was his best moment as MTB racer of cannondale.
This is “the” mostly excited race of my experience as cannondale fanatic during 20 years.

3

12

All professional bike racer will leave from a circuit sometime. I had experienced a lots retirements of my favorite racers as such as Greg LeMond, John Tomac, and more. When my favorite racers had leave from cannondale, I always felt sad same as their retirement. For example, Alison syder, Missy Giove, Anne Caroline Chausson, Cedric Gracia, Brian Lopes etc.

A rider who never provide sadness like this to me is just only Tinker Juarez.
But he still has stay on a race track. His costume will be changed to celeste blue from berserker green, but also we can still see his riding. Hoping cheer for his next stint.
Thanks Marco, We love you. Good luck!

m06

広告

New Clothing, Cannondale Factory Racing 2015

キプロスのサンシャインカップのネタを書くと、MTBもシーズンインという感じがします。
で、その流れのままアメリカではUS Cupが開幕。
主催するSho-AirもすっかりCannondaleの一部になっておりますね。

で、このレースでCFRことCannondale Factory Racingの新しいジャージがお披露目されたようです(^^)
笑顔でお披露目するのは、ドイツ出身のフミック兄さんであります。

11057741_888118637897341_8470545745612921257_o
Photo :Cannondale Factory Racing

USカップ・ボネリパークでは3人のライダーが出走した様子。
ご覧の通り、本棚氏とアントン・ミニクーパーもおニューでありますね。

10467079_888118601230678_8648159938781872398_o
Photo :Cannondale Factory Racing

2011年頃から続いたデジタルな柄は影を潜め、シックな印象。
プロロードのCannondale Garminのジャージにも似た印象であります。
ジャージのデザインっていろいろな思惑が絡むそうなので、何となくキャノンデールの考えていることが見えるような気もします。
ま、たぶん気のせいですけどね(^^;

11041736_793505650718027_3711474193070938363_n

14064_793505340718058_2177506444311106566_n

CFRには、もう一人の選手がおります。
Henrique Avanciniというブラジルの選手で、先日のキプロス・サンシャインカップでも大活躍でありました。
ヘルメット姿が往年のロード選手であるジョージ・ヒンカピーに似ているし、昭和の色男的なルックスであります。

11037637_943284275690007_361356610069209567_n

ワールドカップで時折目に付いた、CALOIの選手といえば判るだろうか?
昔からのファンはCALOIという名に見覚えがあると思いますが、今はキャノンデールと同様、ドレル傘下にあるブラジルのブランド。
RedBullなヘルメットからも、リオオリンピック絡みで注目度が高まっていることが漂ってきます。
ご本人としては、このチャンスで大いに飛躍したいところだろうね(^^)

10985101_938526979499070_4241425957553246340_n

Fontana will join “Strade Bianche”

fontana_stradebianche_2015

Cannondale Factory RacingのXCライダー、マルコ・フォンタナ(Marco Aurelio Fontana)。
フラットダートなコースを走るロードレースとして知られるイタリアのレース、ストラーデ・ビアンケ(Strade Bianche)に出走するらしい。
ヤル気まんまんな表情でこんな写真をドロップしています。
ヘルメットはRedBullだから元々青いけども、イタリアナショナルチームのジャージを着てる。
オークリーも真っ青に染めて、青い洞窟仕様で走るのかな?

10152448_10153672123938642_2548052384073160493_n
Photo :Marco Fontana

MTBクロスカントリーとシクロクロスでは、ヤングな頃からイタリアチャンピオンを取りまくってきた本棚氏。
イタリアの不整地自転車競技の世界ではカンピオニッシモと呼べるくらいの選手であり、それを思えばなるほどなーと。
UCI MTBワールドカップの開幕がまだ先、ということも理由のようです。

所属するキャノンデールには、まさにこのレースのために作ったような自転車、シナプスもあるわけだしね。
今年から発足するCannondale Garminチームのモレノ・モゼールも優勝したことがあるこのレース。
ガタガタ道の専門家である本棚氏がどういうレースを進めるのか、なかなか楽しみでありますね(^^)

キャノンデールのWEBサイトでは、今回の参戦に関してのインタビューが掲載されていますよ。
英語ですが、長文じゃないのでご一読をお勧めしたい春の声、であります(^^)

marcoAway
Photo :Cannondale

この動画は昨年の同レースのもの。
00:59:00あたりからサガンがダートを爆走してます。
日本のJBCFでも、こういうレースがあったら面白いんだけどなー。

Strade Bianche 2014 – HD Full race –

XC Champions will gather to the Cyprus island.

シクロクロスシーズンが終わったよ、という話をしたばかりですが、もうMTBシーズンが始まるよ、というお話。
カズ君が引退しようがオイラが太ろうが、世界はゴロゴロ転がっていくのです。

で、今週末は北半球のMTBシーズンの到来を告げるレース、キプロスのサンシャインカップが始まる。


Image :www.cyclingcy.com

このレースは4日間のステージレースで、UCIのクロスカントリー(XC)系種目の詰め合わせみたいな日程が組まれる。

1日目 :XCT (Cross-Country Time Trial) ※タイムトライアル
2日目 :XCP (Cross-Country Point to Point) ※王滝みたいなワンウェイレース
3日目 :XCP ※2日目とコース違い
4日目 :XCO (Cross-Country Olympic) ※ワールドカップと同じ1時間半レース

UCIレースのクラスはSHC(Stage Race Hors Class)。
オークラスは選手権のかかっていないレースでは一番上のクラスだから、与えられるUCIポイントも大きい。
ステージレースにワールドカップや世界選手権はないので、事実上の最上位クラスという格付けになるのかな?
それだけ厳しいですよ、ということでしょうね。

このレースは2月末に開催されるので、シーズン入りの景気付けとして大物選手が集まる傾向があるけれど、今年は一際豪華らしい。
主催者のWEBサイトには、
ロンドン五輪の金メダリスト両方と、8人の世界チャンピオンが来るよ!
とある。
早くも来年に控えるリオデジャネイロオリンピックへの出場枠争いは、もう始まっているということですね。
特に、女子の顔触れが凄い。

ヨランダちゃん(Jolanda Neff, Swiss) :XCO U23世界選(2013-2014)、ワールドカップ(2014)
ジュリー・ブルセ(Julie Bresset, France) :ロンドン五輪(2012)、XCO世界選(2012-2013)
ガンリタ姉さん(Gunn-Rita Dahle, Norway) :タイトル数えるの面倒くさい
アニカ先生(Annika Langvad, Denmark) :マラソン世界選(2011, 2012, 2014)

らに加えて、

千年女王マリアンヌ・フォス(Marianne Vos, Netheralnd) :ガンリタ姉さん以上にタイトル数えるの面倒くさい
ポーリンちゃん(Pauline Ferrand Prevot, France) :ロード世界選(2014)、シクロクロス世界選(2014-15)

らのマルチな世界チャンプも来るとか。
しかし女子には複数種目でチャンプを取る選手が多いね。
近年のMTBはかつてジャンニ・ロンゴが出ていたような時代から遥かに難度が高くなっているけれども、それでもマルチジャンルで強い選手が出てくる理由って何だろうね?

サンシャインカップを得意としているのは、女子マラソン世界チャンプのアニカ先生。
XCOでもワールドカップや世界選手権を走るけど、マラソン(XCM)でめちゃくちゃ強い。
XCMのアルカンシェルを3枚も持ってる上に、昨年はCapeEpicも優勝している。
でも、本業は歯科医師なんだとか。
歯医者になるだけでもめちゃくちゃ大変なんだろうに、自転車選手が渇望するアルカンシェルを何枚も持ち、しかも美人で輝く笑顔の持ち主。
数人前の成功人生を歩んでるみたいで、調べていて自分が嫌いになった(^^;。
こういう人っているんだねえ・・・

野郎は・・・まあいいやw
フミック兄さんも出るそうです。

そうそう、日本からはこの方が出走しますよ。


Image :HE”RYO”S

Jシリーズを3連覇したBSアンカー、斉藤亮選手
このところ毎年キプロスに出かけているけれども、やっぱり刺激があるのだろうね。
シーズン入りに際して、世界の強豪選手と共にエグいコースを走る。
抜いても抜いても選手がいる。
とは、海外レースを語る時に亮選手がよく語る言葉ですが、国内ではほとんどそういう状況にならない。
この時期に世界のレースを走ることは、秋まで消えない高いモチベーションを得る効能もあるのかもしれないね。

DSC_4906-1

沖縄合宿、タイのステージレースを経て既にキプロス入りしている亮選手。
レース日程は24日から始まり、レース本番は26日のXCTから。
スタートは日本の我々が晩酌している頃ですが、中継があるかどうかは判らない。
とにかく怪我なく、充実した遠征になることをひたすら祈ります。

DSC_4803-1

The Support Vehicle for Cannondale Factory Racing?

10551121_877741875601684_1797939832004985217_n
Photo :Cannondale Factory Racing

シクロクロスが終わったと思ったら、すぐにMTBレースシーズン。
2月終わりのキプロスに、今年もXCライダー達が集合するようです。
今シーズンはリオの出場枠争いが本格化するはずだし、レース内容も濃くなるのではと楽しみなのですけどね。

そこにCFRチームがドロップしたこの写真。
ラジコン持ってた頃、何度かこんなボディを作ろうかと思ったことがあったけどね。
本当にやったのは初めて見ました(笑
気合いは充分と見ていいんだよね?キャノンデール・・・(^^;

Debut & Revenge, UCI MTB World Cup in Albstadt

fsi-1
Photo :Cannondale

今日はJ1富士見でしたね。
ディフェンディングチャンピオンの斉藤亮選手がまたしても優勝したようです。
昨年は全勝している亮選手ですが、今年も朽木、八幡浜、富士見と3連勝。
圧勝レースが多いようなので、3年連続チャンピオンもやっちゃいそうな勢いですね。

で、ヨーロッパではCannondale Factory Racingチームの地元、ドイツ・アルプシュタットでのワールドカップ。
この週末、新車F-Siのお披露目イベントは山盛りだったね。
世界の反応も大きかったようなので、そのへん個人的には意外にも思えた。
誰もが認める常勝チームだったボルボ時代は遠い昔。
現在のMTBシーンでのキャノンデールは常勝チームではないけれども、なんだかんだで注目されているということでしょうか。

ここまでの仕込みはブランドの仕事だけども、次は選手の出番。
アマガエル色状態で既に走ってはいるものの、公式デビューとなれば話は変わる。
Flashの時より派手なプレゼンだった気がするので、本棚氏とフミック兄さんの責任は重大であります。

ちなみにアルプシュタットは昨年の開幕戦だったんだよね。
下り系ライダーがこしらえたコースはなかなかデンジャラスで、Injury(ケガ)という単語がやたら聞こえてくる会場でした。
地元ドイツのナショナルジャージを着ていたフミック兄さん、レースの顔役だったのに試走中のケガで走れずに終了。
復帰後の世界戦で2位に入るなどして存在感見せたけど、やっぱりこのレースで活躍しないとカッコつかない所でしょう。

fsi-3
Photo :Cannondale

つまり、今回のレースはキャノンデールにとってもフミック兄さん本人にとっても特別なレースのはず。
最近の兄さんは根性出してるし、昨年の世界戦のような走りっぷりを期待します。

FBに「タレたら自転車買ってあげない」と書いたら、キャノンデールジャパンに読まれてしまった(笑。
活躍してくれないと後が怖いので、オレ自身のためにも何とかお願いしたいところw
エリート男子は日本時間20:45からRedBull.tvで。
女子は既にLiveやってるようです(^^)

Mysterious green Hardtail MTB

この週末にイタリアで行われたMTB Alpago Trophyというレースで、本棚氏が優勝ぶっこいたようです。
でも、「歩くイタリア国旗」状態を長年キープしていたのだから、このくらいは普通でしょう。
だからあえて褒めてあげないオレが居るわけですよ(笑
その代わり、ワールドカップで勝ったら自転車一台お買い上げして差し上げる(笑

1 maf 2_430
Photo :Treviso MTB

乗っていたのは、先日フミック兄さんがチラ見せしたのと同じと思われる、アマガエル色のハードテールMTB。
昨年のシナプス、先日のジキル650Bに続いてのアマガエルであります。
つまり、
このバイクは怪しいから、みんな見てね(^^)
とキャノンデールは言っているわけだね。

Lefty Maxと同様にオフセットしたアクスル。
正確には、オフセットしたのはフォーク本体の方だね。
これはフミック兄さんのチラ見せでも確認されていた。
このアクスルは鍛造厚釜製法だろうから、MAX同様に太さも増しているかもしれないね。

25yy8p4
Photo :eliflap

フレームの方は明らかに現行のFlash(F29)とは異なる。
まずBBがPF30になっているように見える。
Flash Carbonの頃からBBシェル幅は73mmだったけども、その幅が変わっているかはよくわからん。
ちっとくらい幅増ししても、過去には100mmを越えるベアリング幅を設定していたキャノンデールだから大して驚かない。
リアブレーキホースの固定方法も、現行のタイラップ止めとは変わっているように見えます。

2ptbfh4
Photo :eliflap

リア三角は何となくヌメーっとした印象を漂わせる。
F29ではブレーキキャリパーがシートステイ上にあったけど、これがチェーンステイに移動した。
スルーアクスルではないようだけど、エンド周りのラグもなくなってスッキリした形状に変わったね。
シートステイ上部にあったブリッジも廃止され、何となくメリダに似た感じに。
総合すると、シートステイのしなり部分を長くしたように見える。
現行のF29とかFlashの後三角って、結構ボヨンボヨンしているんだよね。
なので、BB周辺の剛性を上げて加速性を上げつつも、エンド部の柔軟性を維持しようとした形状にも見える。

8zfjtj
Photo :eliflap

フミック兄さんがチラ見せした時は、
「650Bか?」
と反応する人もいたけど、少なくとも本棚氏のこのバイクには29erとはっきり書いてある。
書いてあるからそうなんでしょう(笑

オフセットしたアクスルにより、90mm以下の短いステムが使えるようになったことは明らか。
Lefty Maxは1.5規格に切り替えたけど、このバイクは相変わらずopiステムを使っている様子。
ただね、ヘッドチューブが短く見えるのは気に入らないね

29epqa8
Photo :eliflap

ちなみにコレが昨年の本棚氏の愛車、「ビバ!イターリア号」。

Marco-Fontanas-Cannondale-

Leftyはダブルクラウンでないと構造が成り立たないけど、剛性確保するにはある程度の長さが必要なわけですよ。
代償として、ヘッドチューブが高い=ハンドルが下げられないというトレードオフがあった。

背の高いアメリカ人はそれでいいけど、アジア人やヨーロッパ人にはポジションが出なくて困る人も多かった。
小さいアントン・クーパーや日本人に、社外品であるLeonardiのポッキリステムが流行ったのはその証。

ヘッドチューブが短くなったのであれば、失った剛性を取り戻すためにLeftyをMax同様に太くしたくなるのも道理。
ヘッドチューブ自体が波打っているようにも見えるので、もしかしたらヘッド規格自体を太くしていたりするかもしれない。
もちろん根拠のない妄想ですが、キャノンデールなんだからそのくらいやって欲しいもの(笑

いずれにせよ、アマガエルが出てくるということはモノは出来ている段階。
言ってみれば、お母さんが
ご飯ですよ~!
と階段の上に向かって叫んでいるのと同じ。
ご飯がカレーライスなのかそうでないかは、遅かれ早かれ判ること・・・(^^)