シクロクロス東京2014とりあえず

DSC_1655

今年で3回目の開催となるシクロクロス東京。
前日の「吹雪」で銀世界となったけれども、行ってきましたよ。

DSC_1662

湘南海岸の一部である平塚の海っぺたですら20cm程度の積雪だったからね。
晴れたとはいえ、まだまだ一面銀世界でありました。

DSC_1725

しかしそこは温暖な東京地方。
積雪の後に晴れれば、やっぱりこうなる。
シングルトラックの中はヌタヌタのヌタ。

DSC_1783

舗装区間は中途半端に解けた雪解け水でバシャバシャ。

DSC_1897

今回はレース中にビール飲んじゃったんだよ(笑。
バシャバシャでヌタヌタな路面と観客の多さに辟易して、あんまり写真撮っておりません。
帰宅後もビール飲んで眠くなったので、また後日整理することにします(^^;

DSC_1630

広告

2014 シクロクロス世界選手権

週末にオランダで行われたシクロクロス世界選手権。
ジュニア、女子、U23、エリート男子と、YouTubeのuci channelで全部観ましたよ。

しかし男子は凄かったね。
スヴェン・ネイスとゼネク・スティバーのマッチレースは見応えあり過ぎた。
コースの大変さはそれまでの中継で感じていたけど、異次元のスピードとテクニックでガチンコ勝負。
ネイスはソツなく華麗にこなし、スティバーは闘志ムキ出しでパワフル、という印象。
素人目には、U23くらいになれば体格的にはエリートと変わらないんじゃないの?と思う部分もあったんだけど、もう全然違ったね。
最後にネイスがミスを繰り返して決まったけれども、世界選手権にふさわしい、素晴らしいレースだったと思います。
ダイジェスト版の動画がコレです。

Mens Elite Race -Edited-

*
女子は5連覇しているマリアンヌ・フォスが6連覇を達成し、自身7度目のアルカンシェル。
まだ勝ちたいの?と言われるほど強いのだけど、やはり地元オランダでの世界戦は特別なのでしょう。
ワールドカップ・イタリアでフォスとマッチレースを展開したケイティ・コンプトンは、序盤でトラブルに巻き込まれて早々に離脱。
フォスの独走になったのは少し残念だったけれども、イタリアのXCライダーでもあるエヴァ・レックナーの粘りは感じ入るものがありました。

Elite Women Race -Editted-

*
機材的にも興味深かったね。
コースはヌタヌタ度が高い状態で、ディスクブレーキの優位性もありそうに思えた。
でも、スティバーもネイスもカンチ仕様で出走。
登山みたいな担ぎがあったから、絶対的な軽さが良かったんだろうか?
それとも、泥で嫌でも減速するから強力なブレーキングフォースは必要なかったのだろうか?
MTB同様、このへんも興味深い点ではありますね。

さて、これで今週末はお台場でシクロクロス東京。
キャノンデールの2m男、ライアン・トレボンを生で見られると思っていたのだけどね・・・。
残念なことに、世界戦で負ったケガの大事を取って来日中止になっちゃったとか。
来年に来てくれることを期待したい所です。

LIVE Cyclo-Cross World Cup Round 7 – Nommay, France

今夜はシクロクロスのワールドカップ第7戦、フランスでありますよ。
このタイトルイメージ、エラくカッコいいですね。
シクロクロスが冬季オリンピック種目になるという話も、リアルに思えてきます(^^)

お台場で行われるシクロクロス東京も近づいてきて、あちこちで準備を進める声が聞こえる昨今。
今回のフランスラウンドが終わると、来週はいよいよ世界選手権という状況。

女子のシリーズチャンプはもう決まっていて、お台場にもやってくるケイティ・コンプトン。
前戦のイタリアでは、女王マリアンヌ・フォスとマッチレースを展開。
2人で異次元のスピードで競り合い続け、最後にコンプトンが振り切って優勝しております。
フォスはロードやトラックでもアルカンシェルを持つ化け物選手で、シクロクロスのアルカンシェルを5年連続で守っている。
イタリアでのコンプトンの走りっぷりは、「6連覇させないわよ感」がありありとしていた気がする。
ワールドカップタイトルは決まっている上、世界戦の直前なので、どう走るかは判らない。
けれども、楽しみではあります。

日本からも豊岡英子選手出走
イタリアではベストリザルトを記録したようなので、更なる更新を期待したいところです。

男子の出走リストにも、お台場に来てくれるティム・ジョンソンとライアン・トレボンの名前があります。
イタリアで優勝したアルベルトの名前はあるけど、世界チャンプのネイスは出ないみたいだね。
日本からは竹之内悠選手、小坂光選手が出走。
若手では、U23に沢田時選手、横山航太選手が、ジュニアに中井唯晶選手と竹内遼選手が出走するようです。

ライブ映像はYouTubeのUCI Channelで見ることができます。
UCIチャンネルの中継はエリート男女のみだと思うけど、U23やジュニアもどこかで見られるのだろうか?
中継開始は日本時間の22時頃みたい。
月曜日の朝が辛くなるこの感じもまた、自転車レースでありますね(笑

CX US National Championships

先日行われたシクロクロス全米選手権。
U23女子ではアントニューが優勝、男子ではライアン・トレボンが2位、ティム・ジョンソンが3位でありましたね。
その動画がアップされていましたよ。
アメリカの会場はやっぱり広いんだね~。

US National Championships – Cannondale p/b Cyclocrossworld & SRAM

Movie, Moreno Moser & Ryan Trebon

昨夜までの3日間、カズ選手が深夜番組に出演しておりましたね。
シクロクロス東京を盛り上げるためのようでしたが、芸人さんと絡む姿は面白かった(笑
今季のシクロクロスでは調子が良いので、本番での活躍も大いに期待したいものです。

で、久々にYouTubeのキャノンデール公式アカウント、”CdaleBRAD”を覗いてみた。
Cannondale ProCyclingのチームプレゼンで、モレノ・モゼールが歌った動画がありました。
写真は見てたけど、なかなか雰囲気ある声でありますね(^^)
会場にはシクロクロスのティム・ジョンソンもいたようです。

Sagan & Moser Rock California – 2014 Cannondale Pro Cycling Presentation

で、ティム・ジョンソン。
先日、3度目のシクロクロス東京出走が発表されたわけですが、雪国レースの動画がありましたよ。
とんでもなく寒そうです。
今回のシクロクロス東京に出走するチームメイト、ライアン・トレボンも出ております。
身長2mあるというから、どういう走り姿なのか?
いやいや、楽しみになってきましたね~。

Cannondale p/b Cyclocrossworld.com – The Team Episode 2

招待選手、シクロクロス東京2014

シクロクロス東京、海外の大物選手を呼んでくれるので大好きであります(笑
今日になって、今年の海外招待選手が発表されましたね。
こういうラインナップだそうです。

■男子
Ryan Trebon (Cannondale p/b Cyclocrossworld / USA)
Tim Johnson (Cannondale p/b Cyclocrossworld / USA)
Barry Wicks (Kona / USA)
Erik Tonkin (Kona / USA)

■女子
Katie Compton (Trek Cyclocross Collective/ USA)
Wendy Simms (Kona / Canada)
Lyne Bessette (Cannondale p/b Cyclocrossworld/ Canada)

過去の2大会では、全員男子選手でありましたね。
ティム・ジョンソンは今回も来てくれるそうで、すっかり顔役というところでしょうか。
今回は同じキャノンデールの2m男、ライアン・トレボンも来る。
バイクがBMXみたいに見えるくらいなので、ビッグな走りっぷりやバイクが楽しみであります。

さらに今回は、女子選手もやってくる。
しかも全米チャンプであるケイティ・コンプトンもですよ!
いや~、ビックリしました。
女子選手の皆さんは大いなる刺激を受けそうですね。
楽しみ楽しみ(^^)

選手のくわしい戦歴などはこちら

Maillot Arc-En-Ciel of VOLVO Cannondale

DSC_0004

何度か書いているけれども、グレッグ・レモン以来のアルカンシェル好きなんですよ。
往年の常勝チーム、ボルボ・キャノンデールのアルカンシェルの2枚目を入手。
今回はcannondaleのロゴが斜め字体なので、チームカラーが青かった時代のもの。
ってことは、史上最強の女子DHレーサー、アン・カロリーヌ・ショソンの世界戦優勝に伴うものだろうね。

もちろんこれはレプリカだけども、日本で売ってた記憶がない。
赤い時代のアルカンシェル(94-96年にXC女子で3連覇したアリソン・サイダー、もしくは94年にDH女子を制したミッシー・ジォーヴィ)は、スポンサーロゴがビッシリとプリントされたバージョンを日本のお店でもよく見かけた記憶があるのだけど。
これね。

DSC_0005

当時のキャノンデールはカタログ外の品物も多かったから、何とも言えません。
Sobe Cannondaleカラーのバイクなんかは最たる例でしょう。

何にせよ、これで
「買わなければいけないジャージ」
は最後になった。
「欲しいジャージ」
となると、この先も出てくると思いたい。
やっぱりね、現行チームであるCannondale Factory Racing(MTB)、Cannondale ProCycling(Road)、Cannondale p/b Cyclocrossworld.com(CX)でのアルカンシェルも欲しいなと素直に思っていますよ(^^)

DSC_0003


そういえば先日、Cannondale ProCyclingが2014年のメンバーを発表しましたね。
気になる点はあるけれども、今季も大活躍した悪童サガン、ベテランのバッソも残るようです。
こちらの来年のジャージはどうなるのだろうね?