“GREEN VOLTAGE”, 2015 Miyata-Merida Biking Team

DSC_5379

日本を代表するMTBチームの一つ、MIYATA-MERIDA BIKING TEAM
週末に今季の体制が発表されましたが、なんと今年はチームのファンクラブができるそうです。
名前は「GREEN VOLTAGE」と言います。

mmbt_gv
Image :Miyata Merida Biking Team

近年の日本国内のMTBレースで強力な存在感を示す同チーム。
デビューイヤーの2012年は、キャノンデールとカチカチやり合って大いにシーンを湧かしたね。
コレとかコレとかコレとか、懐かしいのう・・・

dsc_0425s

2013年シーズンは、出れば勝つという常勝チームに君臨。
同チームに所属していた斉藤亮選手がJシリーズで春先から圧勝を続け、ファンも待ちに待った全日本選手権
絶対王者山本幸平選手と見応えある争いを展開し、大いに手に汗握った。

dsc_8959-2s

亮選手が離脱した昨年はラインナップを一新。
亮選手が最も警戒していた小野寺選手をエースに迎え、若手ライダーとしてはマツジュンこと松尾純選手が加入。
XCスキー王者の恩田選手も加入して、存在感をさらに高めたね。

ちなみに小野寺選手とマツジュン選手には、J1白馬ラウンドが行われる日の早朝、白馬大橋で偶然遭遇。
完全に思い出モードで山の写真を撮っていただけに、この時は心底ビックリしたよねー。

DSC_4448-1

今季は恩田選手がチームを離れ、小野寺選手とマツジュン選手の2人チームに。
マツジュン選手はウエイビーな髪型でモデルチェンジしてるので、カッコよろしいプロフ写真は必見でありますよ。

監督はドゥロワーを主宰する山路さん。

DSC_4577

さらに今季は自転車雑誌でお馴染みのカメラマン、岩崎さんもチームスタッフとして名を連ねております。
チームに看板持ってるプロカメラマンがいるのも珍しい気がしますが、SNSが発達した時代性を考えるとさもありなん。
このあたり、21世紀のレースシーンを戦うこのチームらしい所であります。

ファンクラブの概要はリンク先を覗いてもらえば判る通りで、会費制。
一口3千円として、何口出してくれたかで内容が違ってくるというもの。
熱心なサポーターがいることで有名なロードチーム、宇都宮ブリッツェンがやっているのと同じようなスタイルみたいだね。

10口以上となるゴールドサポーターの場合は結構豪華。
まず、チームジャージが送られてくる。

DSC_4451-1

これ、欲しいなーと思っていたけど、市販はされなかったんだよね。
今回はスペシャルなことに、申し込み後に天下のパールイズミで生産されるようです。

で、メリダのプレスショーに招待されるようです。
そこいらじゃ見られないような台数の自転車の海に浸れるよ、ということだね。

乗りまくりたい人は多いだろうけど、何台もクルクル乗り続けられる体力がないと試す所じゃなくなるんだよね(^^;
自転車の海を泳ぎたい人は、要トレーニングであります。

たぶん、このチームが乗るバイクにも乗れるんじゃないかな・・・?(^^)

DSC_2732

DSC_2734

チームのステートメントには、最大の目標はリオデジャネイロ・オリンピックであるとはっきり書いてある。
そのためにはUCIポイントのかかったレース(いわゆるUCIレース)で成績を挙げる必要があるんで、海外のUCIレースにも遠征するようです。
国内シリーズも一新されてUCIレースになったわけだし、このへんは国内レースの緊張感に直接影響するだろうね。

チームスケジュールを見ると、4月のアメリカ遠征でUS Cupに出るようだね。
US Cupとは、昨年から始まったアメリカのUCIシリーズ戦であります。

メリダチームが出るのは、4/11のボネリパークと4/18のシーオッター。
レースの格は、ボネリパークがオークラス(Hors Class:ワールドカップの次)、シーオッターはClass 3(昨年までの八幡浜と同じ)となる。
昨年はネットで中継されたけど、時差が物凄くて寝落ちしそうになったな・・・(^^;

2014 US CUP Bonelli Park Highlights


*
オリンピック目指しての争い、ロンドンの時にカズ選手を通じてオイラも入れ込んだよ
特定の選手やチームに入れ込むと、長いスパンでのレース観戦が本当に面白いんだ。
特にオリンピックはMTB最大のビッグレースであり、国別の出場権争いは既に始まっている。
選手の方も、見られていると思うとどんどん走りが変わっていったりもする。
こうした選手と観客の感情交換を行うには「場」が必要なのだけど、こういったファンクラブはその一つだと実感します。

小野寺選手は、ワールドカップでも加算ポイントを取れる位置で走るスピードを持つ。
充実したチーム体制・サポート体制を得て、大爆発な走りを見せてくれることを期待しています(^^)

DSC_4575

広告

XC Champions will gather to the Cyprus island.

シクロクロスシーズンが終わったよ、という話をしたばかりですが、もうMTBシーズンが始まるよ、というお話。
カズ君が引退しようがオイラが太ろうが、世界はゴロゴロ転がっていくのです。

で、今週末は北半球のMTBシーズンの到来を告げるレース、キプロスのサンシャインカップが始まる。


Image :www.cyclingcy.com

このレースは4日間のステージレースで、UCIのクロスカントリー(XC)系種目の詰め合わせみたいな日程が組まれる。

1日目 :XCT (Cross-Country Time Trial) ※タイムトライアル
2日目 :XCP (Cross-Country Point to Point) ※王滝みたいなワンウェイレース
3日目 :XCP ※2日目とコース違い
4日目 :XCO (Cross-Country Olympic) ※ワールドカップと同じ1時間半レース

UCIレースのクラスはSHC(Stage Race Hors Class)。
オークラスは選手権のかかっていないレースでは一番上のクラスだから、与えられるUCIポイントも大きい。
ステージレースにワールドカップや世界選手権はないので、事実上の最上位クラスという格付けになるのかな?
それだけ厳しいですよ、ということでしょうね。

このレースは2月末に開催されるので、シーズン入りの景気付けとして大物選手が集まる傾向があるけれど、今年は一際豪華らしい。
主催者のWEBサイトには、
ロンドン五輪の金メダリスト両方と、8人の世界チャンピオンが来るよ!
とある。
早くも来年に控えるリオデジャネイロオリンピックへの出場枠争いは、もう始まっているということですね。
特に、女子の顔触れが凄い。

ヨランダちゃん(Jolanda Neff, Swiss) :XCO U23世界選(2013-2014)、ワールドカップ(2014)
ジュリー・ブルセ(Julie Bresset, France) :ロンドン五輪(2012)、XCO世界選(2012-2013)
ガンリタ姉さん(Gunn-Rita Dahle, Norway) :タイトル数えるの面倒くさい
アニカ先生(Annika Langvad, Denmark) :マラソン世界選(2011, 2012, 2014)

らに加えて、

千年女王マリアンヌ・フォス(Marianne Vos, Netheralnd) :ガンリタ姉さん以上にタイトル数えるの面倒くさい
ポーリンちゃん(Pauline Ferrand Prevot, France) :ロード世界選(2014)、シクロクロス世界選(2014-15)

らのマルチな世界チャンプも来るとか。
しかし女子には複数種目でチャンプを取る選手が多いね。
近年のMTBはかつてジャンニ・ロンゴが出ていたような時代から遥かに難度が高くなっているけれども、それでもマルチジャンルで強い選手が出てくる理由って何だろうね?

サンシャインカップを得意としているのは、女子マラソン世界チャンプのアニカ先生。
XCOでもワールドカップや世界選手権を走るけど、マラソン(XCM)でめちゃくちゃ強い。
XCMのアルカンシェルを3枚も持ってる上に、昨年はCapeEpicも優勝している。
でも、本業は歯科医師なんだとか。
歯医者になるだけでもめちゃくちゃ大変なんだろうに、自転車選手が渇望するアルカンシェルを何枚も持ち、しかも美人で輝く笑顔の持ち主。
数人前の成功人生を歩んでるみたいで、調べていて自分が嫌いになった(^^;。
こういう人っているんだねえ・・・

野郎は・・・まあいいやw
フミック兄さんも出るそうです。

そうそう、日本からはこの方が出走しますよ。


Image :HE”RYO”S

Jシリーズを3連覇したBSアンカー、斉藤亮選手
このところ毎年キプロスに出かけているけれども、やっぱり刺激があるのだろうね。
シーズン入りに際して、世界の強豪選手と共にエグいコースを走る。
抜いても抜いても選手がいる。
とは、海外レースを語る時に亮選手がよく語る言葉ですが、国内ではほとんどそういう状況にならない。
この時期に世界のレースを走ることは、秋まで消えない高いモチベーションを得る効能もあるのかもしれないね。

DSC_4906-1

沖縄合宿、タイのステージレースを経て既にキプロス入りしている亮選手。
レース日程は24日から始まり、レース本番は26日のXCTから。
スタートは日本の我々が晩酌している頃ですが、中継があるかどうかは判らない。
とにかく怪我なく、充実した遠征になることをひたすら祈ります。

DSC_4803-1

3 time xc ski olympian will turn to MTB XC racing

終わったばかりのソチ五輪にも参加していたXCスキー選手である恩田祐一選手が、MTB XCに転向。
チームはMiyata-MERIDA Biking Teamであります。
同チームには2年連続Jチャンプの斉藤亮選手が在籍していたわけで、なんか凄いことになってるねえ。

これまでも恩田選手はメリダのMTBでJシリーズに出走しておりましたが、やはりメインはXCスキー。
今度はMTBが本職になるわけです。
種目は違えど、オリンピックに3度出場したという実績は強烈なインパクトがあるよね。
既に自転車用に肉体改造しているそうで、ネットに出てきた写真を見ると確かに細くなったようにも見える。
ソチが終わって日も浅いのに、つまりはアスリートとしての基盤が桁違いということなのだろうね。

今年はMTB固有のテクニックを磨くそうですが、物凄いスピードで進化する気がします。
だってねえ、オリンピック×3のフィジカルがあれば、いくらでもトレーニングできてしまいそうでしょう?
厳しいトレーニングを積み上げたり、勝ちにこだわるメンタルだってオリンピック×3なわけですよ。
実際、あっという間にエリートに上がってしまったしね。
同じくXCスキーから転向し、国内無敵に至った亮選手もそれを実証しているわけだし。
一体、恩田選手の進化劇はどういうものになるのかと、非常に楽しみになってくる。

幼馴染の同級生との勝負がしたくて仕方がないようで、
ライバルは斉藤亮!
と公言している恩田選手。
オリンピックのない競技生活は考えられない、4度目はMTBで目指すというスケールの持ち主。
いやいや、物凄く興味をそそる選手がMTBレースに加わりましたね(^^)

日本の生んだアジア王である幸平選手同様、カラダが大きい恩田選手。
お話した時の印象は、茶目っ気のあるフレンドリーなお兄さんといった感じでした。
デビューは今週末に修善寺で開催されるCSCクラシックだそうですよ。

Miyata Merida Biking Team 2014

DSC_0017-1

移籍話が聞こえてくる季節ですが、ミヤタ・メリダチームが来季の体制を発表しましたね。
昼飯食ってウトウトしながら仕事してた時に知ったんで、目が冴えてつい残業しちゃったよ(笑

メリダの来季の選手は、まずは小野寺健選手。
2013シーズンまでスペシャライズドで走った、2011年のJシリーズチャンプでありますね。
オレが追いかけてきた斉藤亮選手や山本カズ選手は、どちらかと言えばピューっと逃げたらそのまま逃げ切るような印象がある。
それだけに、レース後半にいきなりペースが上がったりする小野寺選手はいつだって強力に意識する存在でしたよ。
亮選手が一番警戒していた選手だし、一昨年にはカズ選手と共にヨーロッパ転戦もしていた。
グローバルチーム入りを狙うとコメントした様子なので、モチベーションの高まりに期待したいところだね。

そして、バイクランチに所属するマツジュンこと松尾純選手。
マツジュン選手は、i-nac時代にキレイなフォームが印象に強く残った選手。
素人カメラマンのオレがどう撮っても、カッコ良く写ってくれるんだよね。
会場で顔を会わせると、こんなオッサンにまで挨拶してくれちゃって。
とても礼儀正しい、優しいお兄さんでもあります。

この2選手に共通するのは、北海道出身ということだろうか?
所属選手はもう一人いるそうだけど、まだ内緒だとか。

カントクは引き続き山路さん。
監督は変わらないのだから、チームが醸し出すカッコ良さも変わらないハズ。
10年も前に消滅したボルボ・キャノンデールチームを未練たらしく思い浮かべるオッサンにとって、メリダチームは似た匂いを感じていたんだよね。
うまく言えませんが、「強く速くカッコ良く」という存在であろうとしている心意気というか。
そうありたいと言われたわけじゃないけれども、そう思わせる何かを会場で醸し出していたのは間違いない。
やっぱりレースシーンってのは自転車趣味の華だからね、カッコいい存在であって欲しいと思うし。
新しいメリダチームのデビュー戦がどこなのか判りませんが、大いに期待したいものです(^^)

しかしこうなると、やはり栄光のゼッケン1の行方が気になるところ。
亮選手はいずこへ・・・?

MERIDA MIYATA CUP2013 in Shonan Village

DSC_0017-1

メリダの幟の背景にあるのは、三浦半島最高峰、大楠山(おおぐすやま)の山頂にある雨量レーダー塔。
三浦半島出身者にとっては、見ても何とも思わないほど見飽きた物体であります。

DSC_0003

ことMTBに限って言うなら、レースやイベントが行われる地域の皆さんがとにかく羨ましかったわけですよ。
特にオレの場合、白馬のあの風景の中で走ることを知ってしまってからは何とも寂しい思いを抱いていた。

DSC_0015

だってねえ、地元の山は鬱蒼と木が茂るほどに低いわけでありまして、山のカッコ良さで言えば白馬には絶対かなわない訳だから(笑
そんなくだらない思いを抱いて悶々としていた20年前のオレでした。
20年後、地元でこんなに立派な大会が開催されるなんて想像もできなかったね。

DSC_0016

「ミヤタカップ=伊豆」
という印象も強かったので、湘南国際村で開催されると知った時は本気でビックリした。

DSC_0010

しかも、ゲストは本物のワールドカップライダー。
MULTIVAN MERIDA Biking Teamのホセ・アントニオ・ヘルミダ(スペイン)であります。
三浦半島に本物のアルカンシェルが来ているという事実が、オレにとっては既に夢。

DSC_0008

このブログはビールと枝豆で巨人戦を見る昭和のお父さん的観点でMTBレースを眺めているので、失敬なことに「ヘルミダ父さん」などと呼んでいる。
もちろん、2010年MTB XC世界チャンピオン、2013年世界戦3位、オリンピック出まくりという世界の超一流選手であることはちゃんと知っておりますよ。
常に上位に入り込む安定感はトップライダーの中でも強く感じるし、振り向けばいつもそこにいる、という印象。
故に「振り向けばヘルミダ」などと言っているわけですが、ご本人を目の前にしたらそんな能書きは吹っ飛んだ。
「おー、本物だー。」
とミーハー丸出しになったのは言うまでもない(笑。

昨年同様、今回もエキシビジョンレースが行われたよ。
日本のトップライダーと父さんが、賞金かけてグリグリと競り合うわけです。

DSC_0018-1

今年の先導ライダーは、i-nacの1年生である田淵選手であります。
国内外の超強豪選手を先導するのは緊張するだろうねえ・・・(^^;

DSC_0019-1

最初の数周はパレードラン。
世界チャンプであろうとJシリーズ2連覇選手であろうと、先導ライダーを抜いてはいけない。
凄いプレッシャー(笑

DSC_0021-1

パレードランが終わると、先導ライダーは逃げていく。
同時に、賞金レースのローリングスタートであります。
早くも亮選手が父さんを牽制?

DSC_0028-1

レースは小野寺選手とヘルミダ父さんが先行。
昨年のエキシビジョンでは、小野寺選手は僅差で負けた記憶があるので今年はどうか?。
ここで小野寺選手が振り向いたら、本物の「振り向けばヘルミダ」を体験できることになる。
小野寺選手が振り向いたかどうかは知りません(笑

DSC_0034-1

このレースを2連覇している鈴木智之選手。
今年のMTB全日本マスターズXCチャンピオンであります。
3連覇をかけて、チームの応援も盛り上がっていましたね。

DSC_0046-1

亮選手は始終楽しそうに走っておりました。
ラクチンそうに走っているけど、路面は結構重かったよ(^^;

DSC_0064-1

しかしヘルミダ父さんの走りっぷりは感じ入るものがあったよ。
本物のワールドカッパーのカッコ良さはもちろんなのだけど、それだけじゃなかった。

DSC_0043-1

気のせいと言われたら返す言葉はないのだけど、「盛り上げたる!」という思いがプンプンしていたように感じたわけですよ。
日本のトップライダーの走り姿にも意思を感じることは多いので、強い選手に特有のものかもしれないね。
ただ、ヘルミダの場合は非常に判りやすかったように思えた。
やはりラテン系ということなのかもしれないね。

DSC_0068-1

ニノ・シューターたちから見たら年長のヘルミダ父さん。
亮選手が聞いた話では、彼らからベテラン扱いされるのが気に入らないそうな。
この気持ちの強さ、やはり強い選手ほど顕著なのは世界共通なんだね。
父さんとか書いてたらオレも怒られちゃうな(笑

DSC_0070-1

レースはヘルミダ父さんと小野寺選手が先行した状態でゴール。

DSC_0071-1

DSC_0072

ホストチームであるメリダのライダーは全員賞典外なので、小野寺選手が優勝!
鈴木(智)選手の3連覇を阻むことに。

DSC_0080-1

こうなると、来年は鈴木(智)選手は雪辱戦になるね。
レースは因縁が付いてくると俄然面白くなってくるんで、今から来年が待ち遠しい(笑

DSC_0075

インタビューを受けるヘルミダ父さん。
サービス精神旺盛なのか非常に言葉数が多くて、通訳さんも大変そうでした。
何となく怖いイメージを抱いていたけど、朗らかで親切丁寧なナイスガイでしたよ。
ファン1人1人に丁寧に接する姿勢は昨年のガンリタ姉さんと同じで、この日接した人は即ファンになっちゃったんじゃないだろうか?
オリンピックにもまだ出る気満々なようだし、来年のワールドカップが楽しみ。

DSC_0083

で、午後は耐久の時間。
今回は200チーム1000人も参加したそうな。

DSC_0090

今回はお店の方々とご一緒させていただきました。

DSC_0092

昨年同様に、今回も絶妙なコース設定。
ミヤタカップの場合、ドロップオフだとか激登りなどの極端なセクションは設けられない。
初心者でも走り切れるし、かといって上級者もラクではない、という構成はここでも同じだったよ。

DSC_0097-1

オレも走ったのだけど、疲れ果ててしまってカメラ持つ元気はなしw
このへんの写真は、もうオレに回ってこないことを読み切って撮り出したもの。
だからすごく夕暮れ感がある(笑

DSC_0100-1

DSC_0105-1

DSC_0107-1

DSC_0135-1

今回のレースには、ロードの選手もいたよ。
メリダでJBCFレースを戦っているシエルヴォ奈良の皆さんもMTBであります。
他に、愛三工業の選手も参加しておりました。

DSC_0119-1

普段はスペシャのバイクで走っている鈴木(智)選手は、メリダのバイクを味見中?
このフルサスバイク、メリダの若手であるオンドレイ・チンクが優勝寸前の走りで湧かせたバイクだね。

DSC_0123-1

ゴールする頃にはすっかり夕方。
最終ライダーは問答無用で2周回しなきゃいけない。

DSC_0176

お疲れ様でした~!

DSC_0177-1

DSC_0180-1

他チームのライダーも続々ご帰還。
いやいや、お腹一杯になった一日でした。

DSC_0173

DSC_0174

というわけで、今年もメリダ・ミヤタカップは終了。
昨年感じた配慮の行き届いた運営と充実した内容はそのままで、地元で楽しい一日を過ごすことができました。

IMG_3070

感謝の印に、チームからサインもバッチリいただきました(笑

IMG_3074

体調崩して来日できなくなったガンリタ姉さんも、来年はまた来て欲しいね!
というか、チーム全員来て欲しいと思うね。
待ってますよ~(^^)

DSC_0182

MERIDA MIYATA CUP2013 とりあえず

DSC_0003

湘南ではメリダミヤタカップ、野辺山ではシクロクロス、妙高ではDHアバランチェ。
イベントだらけの週末でしたね。
地元ということもあり、メリダミヤタカップに参加してきました。
自分でも走っていたので、写真はあまり撮っていないのだけど。

これはエキシビジョンレースでの一コマ。
小野寺健選手とホセ・ヘルミダの争いであります。
ヘルミダ父さんはいつでも上位に入る安定感があって、気が付けばいつもそこにいる、という印象がある。
当ブログではそれを
振り向けばヘルミダ
というフレーズで幾度となく書いてきた。
ついにホンモノを見ることができて感涙なんですが、小野寺選手は果たして振り返ったのだろうか?(笑
細かいことはまた後日。

DSC_0034-1

MERIDA MIYATA Cup & Nobeyama Cyclocross

自転車趣味はやっぱり春と秋がいいですね(^^)
今週末もイベントが多いよ。
神奈川の葉山ではメリダ・ミヤタカップ。

DSC_0032-1

八ヶ岳の麓では野辺山シクロクロスが行われる。

こんないい時期に自転車乗らずにレストアしているオレなので、もはや自転車乗りとは言えないかもしれない(笑
乗るのも直すのもとっくの昔に飽きているので、メソッドが何もないレストア作業は純粋に面白い。

68998_454175571326090_1117912937_n

どうやって直すか自分で考えるしかないし、失敗したくないからヤスリがけなんかの練習もする。
タッチアップ塗装だって、目立たぬようにするには塗膜構造を見極めて対応しなきゃいけない。
子供の頃からこういう作業は好きだったので、やること自体に苦はないのだけどね。
最近は近くが見えなくなってきたので、カメラで接写してパソコンで拡大して確認してます(笑

メリダミヤタカップには、ガンリタ姉さんとヘルミダ父さんが来る予定だったけど、姉さんは体調不良で来日中止だとか。
昨年も風邪をひいていたけど、プロ選手は安易に薬を飲むわけにはいかないと聞いた。
ドーピング騒動が続く自転車世界を思えば仕方ないとは思いつつ、そこまでの負担を選手に強いるのも異様だと思ったりもする。
プロ選手はそんな素人の考える次元なんて超越して走っているのだろうけどね。
来年も来るようなコメントをしていたようなので、楽しみにしたいところ。

野辺山シクロクロスは、今年も土日の2日間レースだそうです。
いろいろ見たり聞いたりしていると、また多くの人たちが集まりそうだね。

ツール・ド・おきなわでの奮闘をレポートしたばかりのカズ選手も参戦するそうです。
最近のカズ選手はレポート書くのがどんどん上手くなっているようで、今回も鬼気迫る内容ですよ。

シクロクロスはクリンチャータイヤで走ってきたけれども、ついにチューブラーをひっさげて参戦するようです。
今年は2日間ともUCIレースになるようなので、カズ選手も2日連続で走るのかな?
今年のジャージはグリーンなので、泥世界に飛び込んだら映えるかもしれないね(^^)

ウチにもこんなマニアックなチェーンリングが1年くらい熟成中。
アメリカのWickWerks製のもので、全米CX女子チャンプのケイティ・コンプトンが使ってる。
キャノンデールのケイティ・アントニューなども使っていて、女子選手に人気があるようだね。
変速性能がウリのリングだけど、見た目だけでつけてみようかな?(^^;

wwcr