Good luck and thank you,Fontana

fontana2bianchi
Photo :Bianchi

As you know, Our racer, Italian Marco Fontana (丸子本棚) who took a bronze medalist of London 2012 has leave from cannondale.

Honesty my feeling is so sad. Because we had enjoyed worldcup and worldchampionships at 7 years through his riding.

slideshow643_urllarge1
He had joined to cannondale at 2009, Already his carrier with cannondale was longer than a lots past great cannondale racers.
When he had joined to cannondale, Wheel size of MTB was still 26 inch. Unique Lefty fork had bit evolved from debut, so had provided a right weight and smooth friction, but still was 1st generation.
Currently tire size had became to large, also Lefty fork has evolved to 2nd generation. I think that a evolution of Lefty fork had occured by phenomenon which wheel size had became to large.

fsi-1
Therefore I think that Cannondale mountainbike’s mostly evolution has occuerd with Marco.

I’m remembering his riding at UCI worldcup when before london olympic.
He had always tried pushing to a head of race.

2

Unfortunately he always late from top of race at middle of racing time, so never won at worldcup with cannondale, but also he had won a bronze medal at London 2012 without saddle (I call this as in japanese “Saddle toretana”).

9
I think this momement was his best moment as MTB racer of cannondale.
This is “the” mostly excited race of my experience as cannondale fanatic during 20 years.

3

12

All professional bike racer will leave from a circuit sometime. I had experienced a lots retirements of my favorite racers as such as Greg LeMond, John Tomac, and more. When my favorite racers had leave from cannondale, I always felt sad same as their retirement. For example, Alison syder, Missy Giove, Anne Caroline Chausson, Cedric Gracia, Brian Lopes etc.

A rider who never provide sadness like this to me is just only Tinker Juarez.
But he still has stay on a race track. His costume will be changed to celeste blue from berserker green, but also we can still see his riding. Hoping cheer for his next stint.
Thanks Marco, We love you. Good luck!

m06

広告

Cannondale says, “XC is dead.”??

cdalexcisdead

Cannondale website is claiming sensational catch phrase.
That is “XC IS DEAD”.
Of course MTB XC race is not dead because MTB worldcup 2016 will be held in cairns at this sunday. Also this year is olympic year, MTB cross country(XC) is still included to Rio olympic games.
Perhaps they will present new XC bike with new concept because they attached hashtag “#BUILTFORXXC” to main phrase.
Seems like they will present any information at 29 April 2016.
Maybe many cannondale fanatics can’t wait 29 April 2016 if it heard…
Let’s google until “the day”. haha..

For more information, please visit the followings,
*Bike rumor :
http://www.bikerumor.com/2016/04/20/cannondale-says-xc-dead-teases-new-xxc-mountain-bike/#more-127764
*Cannondale instagram :
https://www.instagram.com/p/BEbV3HHnDX0/

22 years of Mr.Cannondale

Today, A beautiful comparison photo has been flown to my time line of Facebook. That is below.

12728770_1037448432980820_1565378141143244399_n
Image :Cannondale Mexico(Facebook)

Do you remember? or Do you know it? Above photo is the cover image of Cannondale’s catalog 1995. They are the original members of legendary Volvo cannondale team. Left to right,

Myles Rockwell (2000 DH World champion)
David “Tinker” Juarez (1994 USA XC Champion, 1994 World championships Silver)
Sara Ellis
Alison Sydor(in front, 1994-96 XC World champion)
Marc Gullickson
Frank Roman
Missy “Missile” Giove (1994 DH World champion)

At 1994 as their 1st year, they got many victories in NORBA series, UCI World cup and World championships. Viper red cannondale bikes had got most glorious era of cannondale.

1994 MTB XC Worldchampionships

The following photo, It’s currently american Cannondale MTB team after 22 years. They will be called “Cannondale 360fly powered by SUGOI” team. Left to right,

Keegan Swenson (2014 USA XC champion U23)
David “Tinker” Juarez
Evelyn Dong
Alex Grant
Raphaël Gagné (2015 XC Canadian Champion)

You have already understood, haven’t you?

The common point of both photos is only one. Tinker Juarez. So, all cannondale fanatics always call him like this. “He is the Mr.Cannondale”.

1998 Cannondale “Fulcrum” for Myles Rockwell


Movie :www.imbikemag.com

知ってる人には懐かしく、知らない人には何じゃこりゃ?というバイク。
ボルボ・キャノンデールチームの専用車、フルクラムというダウンヒルバイクであります。

写真は何度かこのブログでも触れているけど、今回は動画という点がポイント。
しかも、当時乗っていた張本人であるマイルス・ロックウェルのお喋り付きでありますよ。

元々、キャノンデールのダウンヒルバイクはSuperVから始まっている。
ただ90年代はアメリカの好景気を反映したのか、毎年ストロークが増大していく進化の激しい時代だった。
ボルボ・キャノンデールが市販品そのままで走ったのは94年くらいだったかな?
それでもカーボンスイングアームとか使っていたし、HeadShokではなくRockShox JudyDHに変えてアルカンシェルを取っています。

翌年からは、動画にも一瞬出てくる赤いSuperVDHに移行。
このバイクからはザックス製のディスクブレーキが装備され、フォークも金色に輝くダブルクラウン倒立型に。
キャリパーが右側に付いているあたりは時代ですね(^^;



で、これを進化させたのがFulcrum。
まず、当時流行ったヴァーチャルピボットにしてピボット位置を最適化。
それに加え、走破性を上げるためなのかこの複雑な駆動メカニズムを実装し、チェーンリングを小さくしたわけであります。


Photo:Vintage Cannondale

今回の動画にあるのは、この赤いFulcrumの次の年のものだろうね。
動いている映像は初めて見ましたが、複雑だねえ。
メンテナンスが大変だったとかで姿を消しましたが、それでもカタチにして勝ってしまう。
そのあたりは当時のキャノンデールの先鋭さを象徴していたし、ゆえに覚えている人も多いのではと思うわけです。
Fulcrumは市販されず、次のDHバイクはジェミニまで待たされることに。
トップレベルのDHレースが真似しようとすら思えなくなるほどに進化した時代。
思い返せば自動車ラリーのグループBのような、そんな存在だったのかもしれないね。

New Clothing, Cannondale Factory Racing 2015

キプロスのサンシャインカップのネタを書くと、MTBもシーズンインという感じがします。
で、その流れのままアメリカではUS Cupが開幕。
主催するSho-AirもすっかりCannondaleの一部になっておりますね。

で、このレースでCFRことCannondale Factory Racingの新しいジャージがお披露目されたようです(^^)
笑顔でお披露目するのは、ドイツ出身のフミック兄さんであります。

11057741_888118637897341_8470545745612921257_o
Photo :Cannondale Factory Racing

USカップ・ボネリパークでは3人のライダーが出走した様子。
ご覧の通り、本棚氏とアントン・ミニクーパーもおニューでありますね。

10467079_888118601230678_8648159938781872398_o
Photo :Cannondale Factory Racing

2011年頃から続いたデジタルな柄は影を潜め、シックな印象。
プロロードのCannondale Garminのジャージにも似た印象であります。
ジャージのデザインっていろいろな思惑が絡むそうなので、何となくキャノンデールの考えていることが見えるような気もします。
ま、たぶん気のせいですけどね(^^;

11041736_793505650718027_3711474193070938363_n

14064_793505340718058_2177506444311106566_n

CFRには、もう一人の選手がおります。
Henrique Avanciniというブラジルの選手で、先日のキプロス・サンシャインカップでも大活躍でありました。
ヘルメット姿が往年のロード選手であるジョージ・ヒンカピーに似ているし、昭和の色男的なルックスであります。

11037637_943284275690007_361356610069209567_n

ワールドカップで時折目に付いた、CALOIの選手といえば判るだろうか?
昔からのファンはCALOIという名に見覚えがあると思いますが、今はキャノンデールと同様、ドレル傘下にあるブラジルのブランド。
RedBullなヘルメットからも、リオオリンピック絡みで注目度が高まっていることが漂ってきます。
ご本人としては、このチャンスで大いに飛躍したいところだろうね(^^)

10985101_938526979499070_4241425957553246340_n

Fontana will join “Strade Bianche”

fontana_stradebianche_2015

Cannondale Factory RacingのXCライダー、マルコ・フォンタナ(Marco Aurelio Fontana)。
フラットダートなコースを走るロードレースとして知られるイタリアのレース、ストラーデ・ビアンケ(Strade Bianche)に出走するらしい。
ヤル気まんまんな表情でこんな写真をドロップしています。
ヘルメットはRedBullだから元々青いけども、イタリアナショナルチームのジャージを着てる。
オークリーも真っ青に染めて、青い洞窟仕様で走るのかな?

10152448_10153672123938642_2548052384073160493_n
Photo :Marco Fontana

MTBクロスカントリーとシクロクロスでは、ヤングな頃からイタリアチャンピオンを取りまくってきた本棚氏。
イタリアの不整地自転車競技の世界ではカンピオニッシモと呼べるくらいの選手であり、それを思えばなるほどなーと。
UCI MTBワールドカップの開幕がまだ先、ということも理由のようです。

所属するキャノンデールには、まさにこのレースのために作ったような自転車、シナプスもあるわけだしね。
今年から発足するCannondale Garminチームのモレノ・モゼールも優勝したことがあるこのレース。
ガタガタ道の専門家である本棚氏がどういうレースを進めるのか、なかなか楽しみでありますね(^^)

キャノンデールのWEBサイトでは、今回の参戦に関してのインタビューが掲載されていますよ。
英語ですが、長文じゃないのでご一読をお勧めしたい春の声、であります(^^)

marcoAway
Photo :Cannondale

この動画は昨年の同レースのもの。
00:59:00あたりからサガンがダートを爆走してます。
日本のJBCFでも、こういうレースがあったら面白いんだけどなー。

Strade Bianche 2014 – HD Full race –

Tinker Juarez describes his Cannondale Scalpel 29er


*
誰もが認めるMr.Cannondale、ティンカー・ウォレス。
今年でキャノンデール在籍もなんと21年目。
Scalpel29erがお気に入りのようで、色々語っていますよ。
このバイク、フルサスだから持てばハードテイルより重いけど、漕ぐと異様に軽いんだよね。
ハードテイルのFlashより軽いくらいで、ワールドカップでも兄さんがご愛用中。
26インチ時代のアイデンティティであったゼロピボットを捨てたので、デビュー時には「えー」とか思ったものですが、名車かもしれないな。

何はともあれ、若い頃に憧れたティンカー・ウォレスは今日も現役。
このまま爺さんになるまでずっと走っていて欲しいものだね(^^)