ツール・ド・三陸2013(当日)

DSC_0081-1

ツール・ド・三陸行きの続きです。
宿は南三陸町の歌津という地区にあり、小さな半島の先端だった。
太平洋から上がってくる朝日がきれいと聞いた。
この日はちょっと雲が多かったけど、十分に雄大な日の出でありました。

この辺りは静かな港町という雰囲気。
こういう場所を巡ることこそ、自転車の得意な世界なんだよなあと思いながら眺めていると・・・

DSCN1584

やはりここにも津波の跡があった。
この地区を通る国道のコンクリート橋も押し流されてしまったらしい。
この辺りの津波の映像も見たけれど、強烈過ぎて表現する言葉がない。

DSCN1586

これはJR気仙沼線の陸前小泉駅付近。
コンクリート製の高架橋も、一部が落橋していた。
駅の存在を想起させるものは、何もない。

DSCN1588

この辺りの景色、被災前は相当にきれいだったんだろうなあ・・・。
三陸の海岸美とよく聞くけれども、静かな入り江、ゴツゴツした入り江、伸びる砂浜と、いろいろな表情があって。
気仙沼線には乗ったことがないけれども、その車窓は見所だらけだったと思う。
それだけに、破壊された痕跡を見ると・・・。

気仙沼市街。
第18共徳丸が押し流されてきた一帯。

DSCN1589

何もないという印象はまだ拭えないけれど、道路はオレみたいに土地勘がなくても普通に走れた。
国道沿いしか走っていないけれど、信号やガードレールはどこも真新しくなっていたので、真っ先に機能回復されたのでしょう。
それに、国道沿いにはいくつかの仮設コンビニを見かけたし、本格的に再建している吉野家などもあった。
瓦礫の山もないわけじゃないけど、被災直後のように埋め尽くしていると言う状況は全くない。
本格的な復興が進んできていることを実感したね。

陸前高田の市街地に入る。
柱の影に、あの一本松が立っている。
高田松原の近くに建っていたホテルは解体されて、高台移転して再開を目指しているそうです。

DSCN1592

ツール・ド・三陸のメイン会場に到着。
やはりロードレーサーが多かったけれど、MTBやクロスバイクも目に付いたね。
関東界隈のレース会場で見かけるチームジャージの皆さんも見かけました。

DSCN1596

Google Mapのストリートビューを撮影する専用自転車がおりました。
今回のイベントの参加者の姿を撮影するのだそうです。

DSCN1594

スタート前のセレモニー。
ゲストであるグレッグ・レモン、山田玲奈さん、日向涼子さんの姿も見える。
マイクの前に立つネイビーブルーのジャージを来たご婦人はアメリカの方。
陸前高田で英語教師をしていた弟さんを津波で亡くされたそうです。
弟さんはこの地を第二の故郷と思っていたそうで、彼の愛した陸前高田を走ってみたいと参加したとのこと。
このご婦人自身、自転車歴25年の大ベテランであり、下りが大好きなのだそうです。

DSCN1599-1

スタートは10台づつの組になり、各組に主催者サイドのペースメーカー役のライダーが先導するという形態。
レースではないからね。
10台づつ順にスタートを切っていく。

DSCN1603

GPSログで恐縮ですが、コースはこのような感じ。
左端が陸前高田市街で、ここがスタートとゴールになる。

root

ここから右の大船渡市向けて走り、碁石海岸や黒崎仙境などを回りつつ、陸前高田の海岸線を抜けて市街に戻るというコース。
距離は50km弱。

DSCN1607

スタートして間もない地点、陸前高田の海岸方面には何もない。
ただ、瓦礫の山がほとんど見当たらない状態になっている。

DSCN1606

平野部を抜け、高台に入る。
すると、軒先から我々に手を振る方々が。

DSCN1613

オレはレースをしないので、走っていて応援された経験はほとんどない。
何だか気恥ずかしさを感じる自分を認識する。

DSCN1614

同時に、被災地に足を踏み入れているという前日からの緊張も和らいでいく。

DSCN1615

陸前高田の集落を抜け、大船渡市へ向かう道。
海の向こうにも陸地が見えるのは、深く入り組んだ三陸海岸ならでは。
オレの生活圏である神奈川県の沿岸では見られない景色。

DSCN1618

大船渡市に入る。

DSCN1624

ここでも「頑張って~」という声援がかけられる。
走り出すまでは、まさか行く先々で声をかけてもらえるとは思っていなかったんだよね。
でも、実際に我々を笑顔で見送ってくれる方々がいる。
そう思うと、こちらも素直に手を振りたくなるわけですよ。

DSCN1625

最初のエイドとなる碁石海岸に到着。
ここは三陸海岸の名所の一つだそうです。
中央の巨大な岩と、右に見える岩壁が形作るの谷間は「乱暴谷」というらしい。

DSCN1627

その名前、言い得て妙。
写真にはうまく写し取れなかったけれど、岩の大きさは引力を感じるほどに大きく、崖の高さは吸い込まれそうなほどに高い。
天然の造形とは思えぬほどスパっと切り立った斜面が、その荘厳さを増幅している感じがする。

DSCN1632

子供の頃から、海を眺めていると吸い込まれそうになる自分を自覚しているのだけどね。
このような場所では一層強く感じる。

DSCN1633

この辺りを走っていると、来た事もないのに既視感がハンパない。
理由は明快で、三浦半島の毘沙門界隈の光景によく似ているからだね。
ただ、三陸のスケールは三浦よりも遥かに大きい。
懐かしさ半分、感動半分という気持ちで走っていた。

DSCN1638

相変わらず、沿道からは声援を頂戴する。
中でも、ここの皆さんは群を抜いてにぎやかでありました。
写真見る限り、仕込みもなされていたのでしょうか?(^^;

DSCN1642-1

しかし三陸の道は景色がいい。
今回走った海沿いの道は、自転車で走るのが一番だと感じた。
歩きでは遅過ぎ、車では速過ぎる
この景色と空気感に浸るなら、自転車が一番。
それを思った時、「自転車でしか見られない景色」という言葉を思い出した。
自転車を始めた頃はそれを走るたびに感じていて、それが自転車に乗る喜びだった。
いつから忘れたのかも覚えていないけれど、原点を一つ思い出したのは嬉しいことだったね。

DSCN1643

途中、学生さんと思しき海外からのグループに出くわす。
さすがに陽気で、大きな声で絡んでくる(笑
彼らも復興ボランティアなのだろうか?

DSCN1650

建物があれば、そこには誰かがいる。
こちらも声を掛けられることにも慣れてきて、転ばんばかりに手を振り返す。
このやり取り自体が既に嬉しくなっていたね。

DSCN1655

走っている最中、市内には我々が走っていることを知らせる放送が何度か流れた。
だから通行に注意してというのではなく、応援しましょうという内容だった気がする。

道を進むと、眼前にたくさんの大漁旗がドーンと現れた。
ウチの地元にも大漁旗はあるけれど、こんなにたくさんの旗を見るのは初めて。
その華やかさにはびっくりした。

DSCN1675-1

これは参加した皆さんも感激だったようで、ゲストの山田玲奈さんも記念撮影しておりました。

DSCN1673-1

DSCN1680-1

DSCN1682-1

三浦半島を壮大化した印象の三陸海岸。
海岸にこんな大きな木が生えている辺りは、三浦とは違う所だね。
ウチの方はススキだらけなので、海を見た後に林間を走るのは新鮮だった。

DSCN1684

DSCN1687

「あ、来た来た」
と手を振ってくれるのは本当に嬉しい。
被災された方々を励ますはずが、逆に励まされるという状況。

DSCN1690

お巡りさんまでニコニコと。
パトカーに乗ったお巡りさんにまで手を振られたのは初めての体験。
そして、ああそうかと気が付いた。

DSCN1691

我々がここに来て、こうして皆さんと感情交換をすること自体に意味があるわけだ。
励ましにしろ、応援にしろ、コミュニケーションは相手があって初めて成立するもの。
オレが一人でどうこう考えても答えが出ないのは当然。

陸前高田の海岸線に入る。
静かな入り江は、津波が来たとは信じられないほど穏やか。

DSCN1696-1

しかし、ここにも津波は襲ってきたんだな・・・。

DSCN1699

DSCN1714-1

何もない場所で、子供達が手を振ってくれた。
お年寄りが多かったけれど、若いお母さんや小さなお子さんもたくさんいたのが印象的。

DSCN1716

人の良さを知り、自然の脅威を知る。
それが交互に現れる道程。
こんな立派な防波堤が破壊されるとは・・・。

DSCN1718

ウチの地元もそうだけど、海辺の町は波静かな所にあるもの。
だから、陸前高田の海も普段はご覧の通り。
これがまたキレイなんだよね。

DSCN1723

津波に襲われ、大量の塩気を含んだ土地になったと報道されていた。
でも、花も咲いていた。

DSCN1732

この通り、黄金色になった見事な水田も広がっていた。

DSCN1745

陸前高田市街地の中心部へ向かうと、まだ瓦礫が積まれていた。
でも、瓦礫の山を見たのはこの周辺だけだった気がする。

DSCN1756

DSCN1763

DSCN1770

更地にポツンと残されたビル。
屋上に何か書いてある。

DSCN1775-1

書いてあるのは、あの高さまで津波が襲ってきたという目印。
文字通り、目を疑った。
ビルの前に立つ人から、その巨大さを比べてみて欲しい。

DSCN1774

実は私も被災者なんです。
一緒に走ってきた釜石のトライアスロングループのお一人が口を開いた。
実はこのキャノンデール、あの日の津波で一度流されてしまったらしい。

DSCN1777

しかし後日、瓦礫の中から自転車が見つかったという知らせがあったそうな。
フレームに名前が書いてあったのが幸いしたそうです。
そのまま乗れる状態ではなかったけれど、馴染みのショップさんの修理で見事に復活。
本当にそんな奇跡があるんだねえ・・・。

広場らしき場所に案内された。
やけに広い道路がドーンと通っている。

DSCN1780

この広場は、陸前高田駅の跡地。
語り部の方が、被災前の航空写真を見せてくれた。
左下に駅があり、周囲には町並み。
今は何もない。

DSCN1783

衝撃的だったのはこの写真。
どこにでもある普通の駅前風景。
この写真はこの場所から撮ったものですよ。
え??

DSCN1786

絶句モノだったよ。
語り部さんの持つ写真と、この写真の視線はほぼ一緒なんだよ。
写真の中の生活感のある平和な駅前商店街が消えている。
その落差がショッキングだった。

DSCN1787

この写真を見ると、周囲の人たちも絶句していた。
絶句するような災禍が、この地を襲った。

DSCN1789

陸前高田駅のホーム。
今は線路も外されている。

DSCN1791

DSCN1792

初めて見た者にとっては想像を絶する光景、本来の三陸海岸が持つ美しさ、そして現地の人との交流。
50km弱という距離ではあるけど、含まれたものは多かったよね。
最後はまたまた人々の笑顔で迎えていただき、今回のツール・ド・三陸は終わった。
悶々とした思いを抱えて走り始めたわけだけど、走り終えて自然と湧き上がってきた思いが2つある。

IMG_2889

一つは、三陸海岸は自転車で訪れるのが一番だと言うこと。
あの海岸美を噛みしめるには、歩いたら遅過ぎるし、車では速過ぎる。
今回走ったコースに限って言えば、アップダウンはさほど厳しくはない。
人並み外れて登りが遅いオレが言うのだから間違いないです。

もう一つは、ツール・ド・三陸には可能な限り参加していきたいということ。
瓦礫がなくなり、更地になった土地がどう復興していくのか?
一人の自転車乗りの記録として、その様子をネット社会の片隅で発信することは意味があるんじゃないか?
という考えが自然と湧いてきた。
勤め人なのでボランティア活動はできないまでも、何かお役に立ちたいという思いを向ける場所をやっと見つけた気がする。
オレ自身がこの先どうなるか判らないけどね、今はそう思っていますよ。
それくらい得難い体験だったと思うし。

今回の旅路でお世話になった方々に、感謝致します。

DSCN1794-1

広告

I met Greg LeMond, I met the origin of my cycling life.

陸前高田市で開催されたツール・ド・三陸。
思っていた以上に思い出深いイベント参加となりましたよ(^^)

オレにとって未踏の地である東北地方。
自転車趣味を始めてから気にはなりつつも、行く機会がなかったんだよね。
以前はJシリーズも開かれていたのだけど、やはり神奈川からは距離があるし。
でも、桜の時期に首都圏の駅に掲示される角館の武家屋敷の写真があるじゃん?
アレなんかはいつも立ち止まって見つめてしまうわけですよ。
86年の三原山噴火を見て以来の火山好きでもあるので、磐梯山などの山々にも憧れも抱いていた。
いつか東北に行きたい、という漠然とした思いはずっと抱えていたんだよね。

今回、ツール・ド・三陸に赴くにあたっては、こういった積年の思いがきっかけではあった。
とはいえ、震災から復興を始めた被災地で自転車イベントやって歓迎されるのだろうか?という思いもあったのも正直なところ。
地元の方々は多くの来場者を望んでいるという話も聞いたのだけど、複雑ではありましたね。
そんな悶々とした心境にトドメを刺したのは、あのグレッグ・レモンが一緒に走る、ということでした。
我ながら不謹慎だと思いつつ、レモンに吊られて陸前高田に行こうかと思った。
そして実際にこの目で状況を見て、オレなりにできることを考える機会にできれば意味を見出せるかもしれないと思い至った。
で、東北道をひたすら北上する決心をしたわけです。

書きたいことは色々あるのだけど、一度には書けない。
まずは今回招待されていたグレッグ・レモンについて書きましょうかね。
かなりミーハーに書きますが、あくまでレモンのことだけなんでご容赦を(^^;

グレッグ・レモン(Greg LeMond)。
ツール・ド・フランス3勝、世界選手権2勝(ジュニア時代にも1勝)という戦績を持つ、アメリカの偉大なロード選手であります。

DSCN1636

確かオレより10才上なんで、今年で52歳かな?
ツール・ド・三陸では、先日発表されたばかりの新生LeMondブランドの自転車に乗っておりました。

DSC_0101-1

レモンの綴りは”LeMond”であって、果物のレモン(Lemon)とは違う。
どちらかと言えば、ルモンドと言う方が近いようです。
けど、日本人にとって覚えやすい名前には違いがない。

彼の全盛期は1990年頃。
10年前のアームストロング時代、20年前のインドゥライン時代のさらに前。
引退して早19年、レモンと聞いて胸を躍らせるのは、オレみたいなオッサンだけかもしれないね(^^;
実際、ツール・ド・三陸の参加者にもレモンがそこまでの大物選手だとは知らなかった、という方もいました。
それなりの時間が経っているので、これは仕方がない。
オレだって、オレが生まれた頃に走っていたエディ・メルクスを見てもピンと来ないだろうから。

このブログでも何度か書いているけれど、オレが自転車趣味に触れたのは、80年代のツール・ド・フランスの映像を大量に見せられたのがきっかけ。
中でも印象に残ったのが、若き日のグレッグ・レモンでありました。

gal_perf_lemond_b

「ツール・ド・フランス」という言葉を初めて知ったのは、小学生の頃。
親父が購読していた雑誌「太陽」に、フランスを1周する自転車レースとして紹介されていたんだね。
綺麗な山を望む峠道に、カラフルな自転車選手の集団が走っている写真が一枚。
今思えば当時はベルナール・イノーの全盛期だったはずだけど、ガンプラ作りに燃える小学生がそんなことを知るわけもない。
フランス一周する自転車レースがあるんだ、くらいの記憶でしかなかった。

それから10年くらい後、周囲の友人が自転車趣味に凝り始める。
四六時中つるんでいたから自然と自転車世界の情報が入ってくるし、自転車雑誌を眺めているうちに興味も芽生えてくる。
若いうちはヒマな時間もあるもんで、
「まあこれを観てみな。」
という言葉とともに、ツール・ド・フランスのビデオを大量に見せられた。
83年から91年までのツール、NHKのダイジェスト番組の録画だったね。

最初に見たのは83年のツールで、勝ったのはフランスのローラン・フィニヨン。
84年もフィニヨンが優勝、この年に新鋭グレッグ・レモンはツールにデビューしたそうな。
85年、フィニヨン以前にツール4勝を挙げていたベルナール・イノーが結成したラヴィクレールチームにレモンも参加。
イノーはあのエデイ・メルクスらと同じ5勝目を狙うのだけど、転倒で負傷。
そのためレモンはエースにタイム差を付けることとなり、参戦2年目にして早くも勝てる選手として頭角を現すわけですよ。
しかし、チームオーダーによってレモンはイノーのアシストとして力を尽くすことになる。
「来年は君を勝たせる」
というのが約束だったとか。
そして、イノーはツール5勝目を挙げる。
出る杭は打たれたわけだね。

86年、この年はレモンが勝つ約束。
しかしイノーはこれを反故にして、レモンに差をつけてリードしてしまう。
これにブチ切れたレモンは力でイノーをねじ伏せ、初のツール勝者になる。
この年のツールは露骨なチーム内の確執が話題の中心で、何も知らないオレにも面白く思えたんだよ。
とにかく人間くさくて、わかりやすくてね(笑
あのラルプ・デュエズでは両雄が手を取り合ってゴールするという演出もあったくらい。
これがヨーロッパの自転車レース、ツール・ド・フランスなんだって思ったものです。

しかし87年に猟銃事故で瀕死の重傷を負い、翌88年も棒に振る。
そしてカムバックの89年のツール・ド・フランス。
最終ステージの個人タイムトライアルにSCOTTのDHバーを付けたヘンな自転車で走り出す。
YouTubeに動画が出ているけど、ライバルであるフィニョンはブルホーンバーにヘルメットなし。
当時はフィニヨンのスタイルが普通であり、今では当たり前のTTスタイルを確立したのがグレッグ・レモンだったわけですよ。
恐ろしいペースで走り抜けた結果、首位のフィニヨンを史上最僅差の8秒という差で逆転し、ツール2勝目を挙げる。

この年は世界選手権でも優勝し、83年に続く2度目のアルカンシェルにも袖を通す。
翌90年もツールを優勝し、まさに絶頂期。

lemond03

91年からはあのミゲル・インドゥラインが台頭し、その後の5年間ツールを支配する。
レモンはリタイアする年もあり、急速に衰えていった感じだったね。
後に聞いた話では、猟銃事故で受けた散弾が体に残っているために力が出ない病を発病していたとか。

オレが現役時代のレモンをテレビで見たのは、94年のツール・ド・フランス。
当時所属していたganチームのジャージを買おうと思ったんだよね。

ganteam

けど、レモンのジャージには虹色ストライプがあるのに、市販ジャージにはない。
それが妙に締まりがないデザインに見えて、買う気が萎えちゃった。
それが世界チャンプ経験者にのみ許されるアルカンシェルであると知ったのはこの時。
以来、オレはアルカンシェルの意匠が大好きな人間になって今に至っている。
キャノンデールの選手にアルカンシェル取って欲しいと何度か書いているけど、それはここから始まっているわけです。

lemond05

この年はチームからも置いて行かれる姿が痛々しく、酷く悲しかった。
フジテレビで解説していたのは、あの中野浩一さん。
アルカンシェルを10枚持つ選手だけに、手短でありながらも手厳しいコメントをしたことを覚えている。
偉大な英雄でもこの扱い、これが勝負の世界かと思ったよね。
結局これが最初で最後のリアルタイム体験となり、グレッグ・レモンは現役を引退することになったわけだね。

それからのオレは、レモンとは距離を置いた自転車趣味を進むことになる。
ロードではなくMTBにハマり、ジョン・トマックのスタイリッシュな走り姿に見惚れ、キャノンデールのカッコ良さに憧れる。
でも、雑誌やネットでその時々のレモンの姿を見れば凝視してたんだよ。
路上でLeMondブランドの自転車を見かければ、ついつい見とれちゃう自分はず~っといたのです。
「自転車を買おう」と思ったきっかけがグレッグ・レモンだったことは、思う以上に大きなものだったわけだね。
今回のツール・ド・三陸でも、何台かのLeMondブランドのバイクを見かけた。
これはZチーム時代のレプリカだね。

IMG_2892

SCOTTのドロップインバー、カンパのデルタブレーキ。
チラリと見えるシューズはカルナック。
どこから見てもグレッグ・レモンでありますね(笑

IMG_2894

これはカーボンモンスターであるV2。
初めて実車を見たけれど、3日前まで新品だったデッドストックだったそうな。
レモン本人に見せたら、”Good Condition!”とのコメントをもらったそうです。

DSC_0110-1

今でも覚えているのは、自分の自転車で「立ち漕ぎ」改め「ダンシング」なるものを初めてやった時。
ツールでのレモンの姿を思い浮かべたんだよ。
彼になれるわけでもないのに、何となくホコホコした気分になっちゃってさ(笑。
それだけで嬉しかったわけですよ。

lemond02

人に話したことはなかったけれど、実は今でもこれは変わっていないんだ。
ロードで山を登る時は、今でもどこかでレモンの走り姿を思い浮かべている。
ダンシングする時はもちろん、ハンドルのフラット部分を持って登る時も思い出している。
似ても似つかぬヘタレな走り姿ではありますがね(^^;

lemond01

そんなこんなで20年。
やっと会えたグレッグ・レモンご本人であります。
あまりに緩んだ表情なんで載せるの恥ずかしいのだけど(笑

DSCN1669

20年来のファンだと言ったら、一気に表情が柔らかくなって”Oh~”といきなり肩を抱かれてしまった。
年は取っても、あのクリっとした青い瞳は変わっていなかった。
あの瞳がオレを見ている、あの腕がオレの肩に乗っている、あの手がオレと握手している。
全てあの頃に憧れたグレッグ・レモン本人。
20年越しの伝えたい思いは一杯あったんだけども、英語力のなさと久々の大緊張で言葉が出なかった。
何も言えないのがくやしいから、最後に思いの丈を込めてこう言ったんだ。
“I’m happy!!”
もうね、これが全てです。

DSCN1670

Greg, I was glad I met you in tour de sanriku 2013.
20 years ago, my cycling life was started after I viewed your riding in tour de france.

Greg_Lemond_Alpe_D'Huez91
Photo :Wikipedia

Greg, you are my greatest cycling hero during the last couple of decades, and for years to come.
I look forward to seeing you again in the future.

DSC_0109-1

2013 ツール・ド・三陸とりあえず

DSC_0081-1

岩手県の陸前高田市で開催されたツール・ド・三陸に行ってきましたよ。
往復1000kmを越える距離感はハンパなかったけれども、その甲斐は充分ありました。
オレにとって最初の自転車ヒーロー、グレッグ・レモンにも会えたしね(笑

DSC_0109-1

もちろん、甚大極まる津波被害の爪跡はまだあった。
実際にこの目で見ると、理解を超える規模にただただ圧倒されてしまう。

DSCN1696-1

だからこそ、我々を沿道で応援してくださった地元の方々の笑顔が忘れられない。

DSCN1642-1

DSCN1680-1

初めての東北の地でしたが、すっかり気に行ってしまいました。
また行きたいなあと素直に思っている自分がいます。
帰宅したばかりなので、細かいことはまた後日(^^)

DSCN1794-1