Good luck and thank you,Fontana

fontana2bianchi
Photo :Bianchi

As you know, Our racer, Italian Marco Fontana (丸子本棚) who took a bronze medalist of London 2012 has leave from cannondale.

Honesty my feeling is so sad. Because we had enjoyed worldcup and worldchampionships at 7 years through his riding.

slideshow643_urllarge1
He had joined to cannondale at 2009, Already his carrier with cannondale was longer than a lots past great cannondale racers.
When he had joined to cannondale, Wheel size of MTB was still 26 inch. Unique Lefty fork had bit evolved from debut, so had provided a right weight and smooth friction, but still was 1st generation.
Currently tire size had became to large, also Lefty fork has evolved to 2nd generation. I think that a evolution of Lefty fork had occured by phenomenon which wheel size had became to large.

fsi-1
Therefore I think that Cannondale mountainbike’s mostly evolution has occuerd with Marco.

I’m remembering his riding at UCI worldcup when before london olympic.
He had always tried pushing to a head of race.

2

Unfortunately he always late from top of race at middle of racing time, so never won at worldcup with cannondale, but also he had won a bronze medal at London 2012 without saddle (I call this as in japanese “Saddle toretana”).

9
I think this momement was his best moment as MTB racer of cannondale.
This is “the” mostly excited race of my experience as cannondale fanatic during 20 years.

3

12

All professional bike racer will leave from a circuit sometime. I had experienced a lots retirements of my favorite racers as such as Greg LeMond, John Tomac, and more. When my favorite racers had leave from cannondale, I always felt sad same as their retirement. For example, Alison syder, Missy Giove, Anne Caroline Chausson, Cedric Gracia, Brian Lopes etc.

A rider who never provide sadness like this to me is just only Tinker Juarez.
But he still has stay on a race track. His costume will be changed to celeste blue from berserker green, but also we can still see his riding. Hoping cheer for his next stint.
Thanks Marco, We love you. Good luck!

m06

広告

“The Mountain Biker”‘s Helmet

ことあるごとに昔話を持ち出すこのブログ。
変えることのできない過去を振り返るより、未来志向である方が健全なことはわかっていますがね。
ですが、書いてる本人は気にしてないです。
実際オッサンなんだし、同世代の人たちも往年の話題であちこち盛り上がったりしているし。

こういうノリが若い人にピンとこないのも承知していますよ。
オレにも昔話ばかり聞かされてイライラしていた時代はあったし。
今リアルに若い人も、いずれこうなるもんだと思って聞き流してください(^^;

オレは昔からミーハーで、何を選ぶにしても「好きな選手」「好きなブランド」という物差しが強く働く。
もちろん、自分にとって必要なモノかそうでないかくらいは判断できるけれども、若い頃に培った貧乏性がどうしても抜けない(笑。
なので、昔から買い込むブランドが偏っているのが自慢でもあり、引け目でもあり。
今では数ある商品から選ぶのが面倒くさいというのもあるので、かえってラクチンだったりします。

そんなアイテムの1つがヘルメットであります。
オレはこれまでBELLしか使ったことがない。
なぜBELLかと言えば、ジョン・トマックがBELLだったから。
たったそれだけ(笑。
DH用のヘルメットではOGKを買ったことがあるけれど、それは当時のBELLのフルフェイスが頭に入らなかったのが理由。
そんなオレの嗜好を決定付けたのが、トマックが94年以降に被っていたこのヘルメットであります。


Photo :Bike Magazine

ベースとなっているヘルメットはImage Proというモデルかな?
バイザーはペイントを行ったトロイリーが当時売っていたもので、日本でも流行したね。

モチーフは星条旗と鷲。
どちらもアメリカの象徴だから、当時のトマックの矜持も示していたのかもしれないね。
顔に近い部分は中間色を多用した緻密な鷲のイラスト、広い面積の部分は原色によるシンプルな星条旗。
このメリハリといい、トマックの存在感といい、こんなカッコいい物体を作り上げるトロイ・リーって凄えなと思っていたわけです。

この映像、ジャージから察するに95~96年頃のものだと思うけど。
当時のバイクでこんなスタイリッシュなライディングを見せていたジョン・トマック。
速い強いだけでなく、「カッコいい」。
このへん、今でも”The Mountain Biker”と呼ぶにふさわしい気がします。