“GREEN VOLTAGE”, 2015 Miyata-Merida Biking Team

DSC_5379

日本を代表するMTBチームの一つ、MIYATA-MERIDA BIKING TEAM
週末に今季の体制が発表されましたが、なんと今年はチームのファンクラブができるそうです。
名前は「GREEN VOLTAGE」と言います。

mmbt_gv
Image :Miyata Merida Biking Team

近年の日本国内のMTBレースで強力な存在感を示す同チーム。
デビューイヤーの2012年は、キャノンデールとカチカチやり合って大いにシーンを湧かしたね。
コレとかコレとかコレとか、懐かしいのう・・・

dsc_0425s

2013年シーズンは、出れば勝つという常勝チームに君臨。
同チームに所属していた斉藤亮選手がJシリーズで春先から圧勝を続け、ファンも待ちに待った全日本選手権
絶対王者山本幸平選手と見応えある争いを展開し、大いに手に汗握った。

dsc_8959-2s

亮選手が離脱した昨年はラインナップを一新。
亮選手が最も警戒していた小野寺選手をエースに迎え、若手ライダーとしてはマツジュンこと松尾純選手が加入。
XCスキー王者の恩田選手も加入して、存在感をさらに高めたね。

ちなみに小野寺選手とマツジュン選手には、J1白馬ラウンドが行われる日の早朝、白馬大橋で偶然遭遇。
完全に思い出モードで山の写真を撮っていただけに、この時は心底ビックリしたよねー。

DSC_4448-1

今季は恩田選手がチームを離れ、小野寺選手とマツジュン選手の2人チームに。
マツジュン選手はウエイビーな髪型でモデルチェンジしてるので、カッコよろしいプロフ写真は必見でありますよ。

監督はドゥロワーを主宰する山路さん。

DSC_4577

さらに今季は自転車雑誌でお馴染みのカメラマン、岩崎さんもチームスタッフとして名を連ねております。
チームに看板持ってるプロカメラマンがいるのも珍しい気がしますが、SNSが発達した時代性を考えるとさもありなん。
このあたり、21世紀のレースシーンを戦うこのチームらしい所であります。

ファンクラブの概要はリンク先を覗いてもらえば判る通りで、会費制。
一口3千円として、何口出してくれたかで内容が違ってくるというもの。
熱心なサポーターがいることで有名なロードチーム、宇都宮ブリッツェンがやっているのと同じようなスタイルみたいだね。

10口以上となるゴールドサポーターの場合は結構豪華。
まず、チームジャージが送られてくる。

DSC_4451-1

これ、欲しいなーと思っていたけど、市販はされなかったんだよね。
今回はスペシャルなことに、申し込み後に天下のパールイズミで生産されるようです。

で、メリダのプレスショーに招待されるようです。
そこいらじゃ見られないような台数の自転車の海に浸れるよ、ということだね。

乗りまくりたい人は多いだろうけど、何台もクルクル乗り続けられる体力がないと試す所じゃなくなるんだよね(^^;
自転車の海を泳ぎたい人は、要トレーニングであります。

たぶん、このチームが乗るバイクにも乗れるんじゃないかな・・・?(^^)

DSC_2732

DSC_2734

チームのステートメントには、最大の目標はリオデジャネイロ・オリンピックであるとはっきり書いてある。
そのためにはUCIポイントのかかったレース(いわゆるUCIレース)で成績を挙げる必要があるんで、海外のUCIレースにも遠征するようです。
国内シリーズも一新されてUCIレースになったわけだし、このへんは国内レースの緊張感に直接影響するだろうね。

チームスケジュールを見ると、4月のアメリカ遠征でUS Cupに出るようだね。
US Cupとは、昨年から始まったアメリカのUCIシリーズ戦であります。

メリダチームが出るのは、4/11のボネリパークと4/18のシーオッター。
レースの格は、ボネリパークがオークラス(Hors Class:ワールドカップの次)、シーオッターはClass 3(昨年までの八幡浜と同じ)となる。
昨年はネットで中継されたけど、時差が物凄くて寝落ちしそうになったな・・・(^^;

2014 US CUP Bonelli Park Highlights


*
オリンピック目指しての争い、ロンドンの時にカズ選手を通じてオイラも入れ込んだよ
特定の選手やチームに入れ込むと、長いスパンでのレース観戦が本当に面白いんだ。
特にオリンピックはMTB最大のビッグレースであり、国別の出場権争いは既に始まっている。
選手の方も、見られていると思うとどんどん走りが変わっていったりもする。
こうした選手と観客の感情交換を行うには「場」が必要なのだけど、こういったファンクラブはその一つだと実感します。

小野寺選手は、ワールドカップでも加算ポイントを取れる位置で走るスピードを持つ。
充実したチーム体制・サポート体制を得て、大爆発な走りを見せてくれることを期待しています(^^)

DSC_4575

広告

2014全日本、ゴール直後の幸平選手

2014年のMTB全日本選手権の日、オレは呑気に長野に山を眺めに行っていたのですけどね。
エリート男子のレース時間は帰宅中で、圏央道のおかげでゴール直前には地元のコンビニのベンチで一服ぶっこいていました。
結果を知って、やはりビックリしましたよ。
そんな幸平選手のゴール直後のインタビューは、実に実に生々しい。

現地に行っていたら何を思っていたのかと、自分でも思いを巡らせてみた。
けれど、こればかりは見に行かないと判らない。
写真、映像、文章では伝わらないものが、現地にはやっぱりある。
全日本選手権って、やはり特別なんだよね。
シクロチャンネルが公開したこのインタビュー映像は、現地にいないと伝わらない空気を感じさせる逸品かもしれない。
オレまで泣きそうになっちゃったよ(^^;

来年の山本幸平の全日本選手権、きっと凄い姿だろうなと思うんだよね。
今週末からワールドカップもまた始まる。
言葉通りに輝く姿、とてもとても期待しています(^^)

RYO SAITO will perticiate UCI WorldCup Cairns

今週末は、UCIワールドカップ第2戦。
場所はオーストラリアのケアンズであります。
サザンクロスな南半球だけども、日本との時差はあんましない。
つうか、あっちの方が日付変更線に近いから、日本時間の方が遅いという珍しいレース。

第1戦の南アフリカ、見ました??
オイラはAppleTVで眺めていたんですけど、やっぱりデカい画面で見ていると幸せだったよ(笑
前日のダウンヒルも観てたんだけど、ジャンプシーンなんかはライダーに合わせて自然とこっちの首も動くので、爽快感が違ったね。
これで一万円なら安いもんだ。

XCOでは、日本の生んだアジア王、山本幸平選手が2列目スタート。
ヘルミダ父さんの後ろにバッチリ写っておりました。
日本人がこの位置に立ってるなんて、今でも夢みたいに思うオールドファンも多いんじゃないかな?

DSC_1696

レースの方は序盤にニノ・シューターが飛ばし、なんとフミック兄さんがランデブー。
兄さんは時々前に出て引っ張るファイトを見せてくれたね。
後からアブサロンが追い付いてきて、しばし混走した後はマルチタイムアルカンシェルな2人が抜け出す。
兄さんはこの2人に比べるとタレが大きいので落ちるかと思いきや、粘りに粘って落ちきらない。
シューターがパンクで後退するとアブサロンは独走してそのまま優勝。
兄さんは後ろからマキシム・マロットの猛追を受けるも逃げ切ってなんと2位ゲット。
なんかね、気合いを感じる走りっぷりを見せてくれたね。

DSC_1778

幸平選手は、1周目を7位で通過。
昨年の開幕戦も南アフリカでしたが、1周目は5位を走行するも転倒して後退。
今回はキッチリと記録に刻み付けましたね。
ヒトケタはもうできると思っているから、是非とも掴んで欲しいもの。

DSC_1700

女子はLivチームのヨランダ・ネフが優勝。
彼女はワールドカップ初優勝になるのかな?
2位はネフと同じLivチームのマヤマヤ。
3位は鉄人、ダーレ・フレシャ・ガンリタ姉さんでありました。

DSC_1685

ちなみにLivってのはGiantの女子向けブランドで、つまりはGiantワークスということです。
無敵の女王を擁して名を挙げたのはキャノンデールが元祖だけど、女子選手がいないのは寂しいなとふと思った次第(^^;

で、楽しい楽しいワールドカップな今週末。
今回のケアンズはこんなコースになるようです。

大きな登りは1回だけみたいだけど、後半にちょこっとピークが立っている。
このへん、どういったコースになるのかな?

今回、ワールドカップに出走するのは幸平選手とU23の沢田時選手だけじゃないんですよ。
Jシリーズ2連覇、昨年は大相撲なみの全勝優勝を果たした斉藤亮選手が出走
エントリーリストも確認したから間違いありません!

DSC_2183-2

亮選手、ワールドカップへの思いをずっと抱いていたと思うんだよね。
2位以下に大差を付けまくって勝ちまくり、全日本では幸平選手と燃えるような走りっぷりを見せた昨年。
もうね、走り姿に思いがゴンゴン乗っていたからね。
やっぱりこの舞台を渇望していたんだと勝手に感じていたわけなんですが。
気持ち的にも準備万端で乗り込む、という感じがします。
ゼッケンは52番となるようで、スタートは渋滞との戦いが予想される。
いや~、どういったレースを進めるのかとっても楽しみです(^^)

XCOエリート男子のスタートは、現地時間の15:30。
日本時間14:30スタートなんで、見逃しにご注意を。
そういやニノ・シューターの名前が見当たらないけど、出ないのかな??

DSC_1780

今週末もレースだらけ

DSC_2048-1

先週末のJ2緑山ではエラい目に遭いましたよ。
エリート男子のレースが始まったら雨が降ってきて、雷まで鳴ってきてね。
何せグラウンドなので、稲妻が真横に走ったのを見た時は怖かったね。

レース中の東京アメッシュの画面。
緑山はピンポイントで豪雨が迫っているという状況。
このへんはゲリラ豪雨の常襲地帯なんだけども、まさか春先にねえ・・・。

DSC_2199-1

レースは予定周回の半分に短縮。
終われば晴れ間がのぞいてくると(^^;

IMG_3926-1

で、今週末はレースだらけの週末であります。

ロードのJプロツアーは伊吹山のヒルクライム
ロードレーサーとしてのカズ選手が昨年デビューしたレースだね。
得意なヒルクライムだし、一年を経てどういう結果を残すか。
宇都宮クリテでの脱臼の影響が気になるところですが、楽しみにしたいところです。
合流したガイジンさんともうまくやれているようだし(^^)

MTBのJシリーズはJ2菖蒲谷
緑山が短縮されちゃったので、菖蒲谷は今期の展開を見通す意味でも注目したいところ。
昨年以上に若手選手の元気が良さそうだという印象なんですが、特に気になっているのがメリダの松尾選手。
緑山で見た時、昨シーズンとは明らかに雰囲気が違っていたんだよね。
ジャージのせいだけではもちろんなくて、フィジカル面でもメンタル面でも気合い充分と言った感じ。
メリダチームでのブレイクスルーを期待したいところ。

DSC_2087-1

そして、MTBワールドカップが南アフリカで開幕。
エキサイティングの一言でああいうデンジャラスなコースをこしらえるPMBですが、流れてくる情報ではコースにモディファイがなされている様子。
昨年の最終戦ノルウェーのようなリズミカルなジャンプセクションもあるみたいだね。
キャノンデールの本棚氏たちもコース解説動画を公開しております。
いよいよ、シーズン開幕という感じだね~。

Cannondale Factory Racing – Ready to Roll again. UCI MTB Worldcup Round #1 Pietermaritzburg

Apple TVでMTBワールドカップ

桜が咲いて、国内のレースシーンも賑やかになってきましたね。
MTBレースも今週末にJシリーズがJ2緑山で開幕し、ワールドカップも再来週に南アフリカで開幕であります。

昔はワールドカップなんて雑誌の記事でしか見てなかったし、今月号に乗っているのは数ヶ月前のレースだったりした。
当時はそれが当たり前だったから不満に思うこともなかったけれど、今はリアルタイムで見られちゃうのだから凄いですよ。

PCで観ていたけれど、やっぱし大きな画面で見たくなるのも人情。
そんなわけで、消費税が上がる直前にApple TVを買ってみたよ。
今年はこれを使い、テレビの大画面でワールドカップを見ようと、そういうわけです(^^)

DSC_1651

モノ自体はただの小さな箱で、梱包がAppleらしいカッチリした感じなこと以外はあんまり有り難味がないw
これをHDMIケーブルでテレビに繋ぎ、無線LANルーターに繋ぐ設定をしたら準備終了。
有線LANでも使えるようです。
本体はのっぺらぼうなので、操作するには付属のリモコンを使う。

DSC_1653

YouTubeが観れたり、iPhoneやMacの画面を会社のプロジェクターの如くそのまま表示したりができる。
ネットの画像を見るだけなら、Macは必要ない。
わかりやすく言えば、PCのネット動画視聴機能だけを取り出した箱ってこと。

これが最初のメニュー画面。
お目当てはもちろん、Redbull.tvであります。

DSC_1660

Redbull.tvだからね、MTBだけじゃなくて色々なスポーツのチャンネルがある。
何の気なしに流しておくだけでもいいかもね。

DSC_1661

Liveメニューのアーカイブ。
昨年の最終戦であるノルウェーの動画があったよ。

DSC_1662

ワールドカップ中継でおなじみの仰々しい前フリ映像。
いやいや、テレビで見るとやっぱり違いますね~。

DSC_1663

で、タイトルバック。
おお、ホントに写った(笑

DSC_1664

コース案内をしたガンリタ姉さんもテレビサイズ。

DSC_1665

MCのロブ・ワーナーと、解説のバート・ブレンジェンス。
この2人が我が家のテレビに映っているという状況がやっぱり嬉しいw

DSC_1666

この後はレースを丸ごとプレイバックしてしまったよ。
やっぱりね、オリンピックを眺めていたテレビの中で本棚氏やシューターが走っていると嬉しいですよ。
若かりし頃はレース情報が観たくて毎月20日の雑誌発売日が待ち遠しかった世代だからね。
こんなに幸せでいいんだろうかと真剣に思う自分もいるわけですよw

1万ちょいでこの幸せ感なら安いもんですよ。
シクロクロスだってワールドカップはYouTubeで観られるし。
何より、動画見るためにPCのパワーを割かなくて良いのが嬉しい。
レース中にネットにネタが上がることも多いし。
Apple TV、安くて手軽なわりに幸せ感が高いので、個人的にはお勧めです。

というわけで、再来週の開幕戦。
テレビの前で待つことにします(^^)

DSC_1667

DSC_1668

Manuel Fumic, 2013 World Championship XCO 2nd!

南アフリカで行われているMTB世界選手権。
クロスカントリーではCannondale Factory Racingのフミック兄さんが2位に入りましたね。

2013wcxc2

優勝はこのコースを得意とするニノ・シューターが終始トップを独走して2連覇。
後続が早々に千切れてしまい、全く危なげない走り。
クルージングにすら見えたけど、ファイナルラップでちょっとスリップダウンをメイクしていましたね(笑
記憶が正しければ、男子XCOでのアルカンシェル2連覇は2006-7年のアブサロン以来であります。
ニノもアブサロンやガンリタ姉さんのように過去の記録に立ち向かうことになるのかも。

2013wcxc0

3位は2010年の世界チャンピオンであるホセ・アントニオ・ヘルミダ父さん。
今季のメリダは若手の躍進が甚だしかったけれども、さすが父さんと言わせる走りっぷりでありましたね。
中盤まではニノに続く2位を守り、タフな男気を見せていました。
しかし周回遅れに引っかかってしまったようで一気に10秒以上もタイムを落としてしまい、リズムが狂ってしまったみたいだね。

2013wcxc1

フミック兄さんもロックガーデンで2度ほどミスしたんだよね。
ただ、ニノと同じイン側のラインを通っていた。
その折れない心で追い上げ、後半の息切れタイムも粘り切っての2位でありました。
キャノンデールの男子XCライダーは、残念ながらXCOではアルカンシェルを取っていない。
クリストフ・サウザーやティンカー・ウォレスの獲得した2位が最高なんだけども、これでフミック兄さんも並んだことになりますな。
今シーズンは地元ドイツ戦でいきなり大怪我してDNSし、しばらく休息を強いられた兄さん。
大一番である世界選手権で男気を見せてくれました。
良かった良かった(^^)

日本国民の悲願を一身に背負う山本幸平選手は15位でフィニッシュ。
自身の最高位を更新してのゴールであります。
もうね、このくらいの位置だと普通に中継に写るんですよ。
日本人選手がこの位置にいるという夢のような現実。
夢の先行き、大いに期待したいところです(^^)

2013 MTB World Championships, South Africa

今週末はMTB世界選手権ですね(^^)
1年経つのは早いねえ。
少年老い易く、オッサン更に老い易く、という心境であります。

今年のMTB世界選は南アフリカのピーターマリッツバーグで行われる。
昨年のワールドカップでカズ選手がワールドカップ初完走したコースでもあるわけです。

同時に、非常におっかないコースでもある。
巨大なドロップオフ(というかジャンプ台)、螺旋階段みたいな凶悪なログセクション、庭師の店先のようなロックセクション。
先鋭化した現代のMTBクロスカントリー・オリンピックディスタンス、つまり「XCO」を象徴する存在に思えます。
こんなコースばかりになってしまうと我々素人は非常に困るのだけども、国際試合であればこういうコースもあっていい。
頭の固いオレですが、最近は少しづつ受け入れ始めていますよ(^^;

2013xcwc_sapmb

こういうコースを得意とするのが、昨年の世界チャンピオンであるSCOTTのニノ・シューター。
このコースを舞台とした昨年のワールドカップ開幕戦で650Bバイクに乗り、スパっと優勝。
冬の間に世界中で語られていた「29er最高!」というムードを1時間半で蹴散らしてしまった。
あの勝利はホイールサイズ論争(?)の中ではかなりメモリアルなものでした。
今季はBMCに移籍して29er化したジュリアン・アブサロンも調子良いようだし、どうなるか?
世界一を決めるに相応しい、見応えあるレースを期待したいところです。

日本からはジュニア、U23、エリートと選手が派遣されている。
ジュニアは山田誉史輝選手が木曜日に出走しますね。
夏休みには弟の将輝選手と共にとフランスに遠征していたようなので、どんな刺激を得たのか気になるところ。

U23では沢田時選手、中原義貴選手、西田尚平選手が金曜日に出走。
全日本チャンプを決めた沢田選手の走り姿、全日本ではすっかりワールドカップな感じを漂わせていたように思います。
中原選手は昨年の全日本チャンプであり、今季は一皮剥けた走りっぷりを見せている。
CJの親分カズ選手の存在感を消し去るような勢いを感じるので、寂しくも嬉しくあるわけです。
西田選手もJシリーズで目に止まるファイトを見せてくれるようになったと感じる選手の1人だね。
実際、全日本でも3位に入ったわけで、大きな伸び時を迎えているように思えます。
今回のコースは恐らく世界最凶のコースの1つだろうから、若い選手にはスペシャルな経験値を積み上げて欲しいものです。

で、親分であるエリートの山本幸平選手。
今季はトップ10でのゴールを公言しているだけに、どういう走りっぷりを見せてくれるだろうか?
幸平選手には、冗談でなく近い将来勝ちに絡むような立ち位置を期待しているからね。
エリート男子は土曜日の出走でありますよ。