Good luck and thank you,Fontana

fontana2bianchi
Photo :Bianchi

As you know, Our racer, Italian Marco Fontana (丸子本棚) who took a bronze medalist of London 2012 has leave from cannondale.

Honesty my feeling is so sad. Because we had enjoyed worldcup and worldchampionships at 7 years through his riding.

slideshow643_urllarge1
He had joined to cannondale at 2009, Already his carrier with cannondale was longer than a lots past great cannondale racers.
When he had joined to cannondale, Wheel size of MTB was still 26 inch. Unique Lefty fork had bit evolved from debut, so had provided a right weight and smooth friction, but still was 1st generation.
Currently tire size had became to large, also Lefty fork has evolved to 2nd generation. I think that a evolution of Lefty fork had occured by phenomenon which wheel size had became to large.

fsi-1
Therefore I think that Cannondale mountainbike’s mostly evolution has occuerd with Marco.

I’m remembering his riding at UCI worldcup when before london olympic.
He had always tried pushing to a head of race.

2

Unfortunately he always late from top of race at middle of racing time, so never won at worldcup with cannondale, but also he had won a bronze medal at London 2012 without saddle (I call this as in japanese “Saddle toretana”).

9
I think this momement was his best moment as MTB racer of cannondale.
This is “the” mostly excited race of my experience as cannondale fanatic during 20 years.

3

12

All professional bike racer will leave from a circuit sometime. I had experienced a lots retirements of my favorite racers as such as Greg LeMond, John Tomac, and more. When my favorite racers had leave from cannondale, I always felt sad same as their retirement. For example, Alison syder, Missy Giove, Anne Caroline Chausson, Cedric Gracia, Brian Lopes etc.

A rider who never provide sadness like this to me is just only Tinker Juarez.
But he still has stay on a race track. His costume will be changed to celeste blue from berserker green, but also we can still see his riding. Hoping cheer for his next stint.
Thanks Marco, We love you. Good luck!

m06

広告

Cannondale says, “XC is dead.”??

cdalexcisdead

Cannondale website is claiming sensational catch phrase.
That is “XC IS DEAD”.
Of course MTB XC race is not dead because MTB worldcup 2016 will be held in cairns at this sunday. Also this year is olympic year, MTB cross country(XC) is still included to Rio olympic games.
Perhaps they will present new XC bike with new concept because they attached hashtag “#BUILTFORXXC” to main phrase.
Seems like they will present any information at 29 April 2016.
Maybe many cannondale fanatics can’t wait 29 April 2016 if it heard…
Let’s google until “the day”. haha..

For more information, please visit the followings,
*Bike rumor :
http://www.bikerumor.com/2016/04/20/cannondale-says-xc-dead-teases-new-xxc-mountain-bike/#more-127764
*Cannondale instagram :
https://www.instagram.com/p/BEbV3HHnDX0/

New Clothing, Cannondale Factory Racing 2015

キプロスのサンシャインカップのネタを書くと、MTBもシーズンインという感じがします。
で、その流れのままアメリカではUS Cupが開幕。
主催するSho-AirもすっかりCannondaleの一部になっておりますね。

で、このレースでCFRことCannondale Factory Racingの新しいジャージがお披露目されたようです(^^)
笑顔でお披露目するのは、ドイツ出身のフミック兄さんであります。

11057741_888118637897341_8470545745612921257_o
Photo :Cannondale Factory Racing

USカップ・ボネリパークでは3人のライダーが出走した様子。
ご覧の通り、本棚氏とアントン・ミニクーパーもおニューでありますね。

10467079_888118601230678_8648159938781872398_o
Photo :Cannondale Factory Racing

2011年頃から続いたデジタルな柄は影を潜め、シックな印象。
プロロードのCannondale Garminのジャージにも似た印象であります。
ジャージのデザインっていろいろな思惑が絡むそうなので、何となくキャノンデールの考えていることが見えるような気もします。
ま、たぶん気のせいですけどね(^^;

11041736_793505650718027_3711474193070938363_n

14064_793505340718058_2177506444311106566_n

CFRには、もう一人の選手がおります。
Henrique Avanciniというブラジルの選手で、先日のキプロス・サンシャインカップでも大活躍でありました。
ヘルメット姿が往年のロード選手であるジョージ・ヒンカピーに似ているし、昭和の色男的なルックスであります。

11037637_943284275690007_361356610069209567_n

ワールドカップで時折目に付いた、CALOIの選手といえば判るだろうか?
昔からのファンはCALOIという名に見覚えがあると思いますが、今はキャノンデールと同様、ドレル傘下にあるブラジルのブランド。
RedBullなヘルメットからも、リオオリンピック絡みで注目度が高まっていることが漂ってきます。
ご本人としては、このチャンスで大いに飛躍したいところだろうね(^^)

10985101_938526979499070_4241425957553246340_n

Fontana will join “Strade Bianche”

fontana_stradebianche_2015

Cannondale Factory RacingのXCライダー、マルコ・フォンタナ(Marco Aurelio Fontana)。
フラットダートなコースを走るロードレースとして知られるイタリアのレース、ストラーデ・ビアンケ(Strade Bianche)に出走するらしい。
ヤル気まんまんな表情でこんな写真をドロップしています。
ヘルメットはRedBullだから元々青いけども、イタリアナショナルチームのジャージを着てる。
オークリーも真っ青に染めて、青い洞窟仕様で走るのかな?

10152448_10153672123938642_2548052384073160493_n
Photo :Marco Fontana

MTBクロスカントリーとシクロクロスでは、ヤングな頃からイタリアチャンピオンを取りまくってきた本棚氏。
イタリアの不整地自転車競技の世界ではカンピオニッシモと呼べるくらいの選手であり、それを思えばなるほどなーと。
UCI MTBワールドカップの開幕がまだ先、ということも理由のようです。

所属するキャノンデールには、まさにこのレースのために作ったような自転車、シナプスもあるわけだしね。
今年から発足するCannondale Garminチームのモレノ・モゼールも優勝したことがあるこのレース。
ガタガタ道の専門家である本棚氏がどういうレースを進めるのか、なかなか楽しみでありますね(^^)

キャノンデールのWEBサイトでは、今回の参戦に関してのインタビューが掲載されていますよ。
英語ですが、長文じゃないのでご一読をお勧めしたい春の声、であります(^^)

marcoAway
Photo :Cannondale

この動画は昨年の同レースのもの。
00:59:00あたりからサガンがダートを爆走してます。
日本のJBCFでも、こういうレースがあったら面白いんだけどなー。

Strade Bianche 2014 – HD Full race –

今週末のカズ選手、Cyclo-Cross World Championships

DSC_7166-1

今週末はシクロクロスの世界選手権ですねー(^^)
これを書いている時点で既に大会は始まっておりますね。
年に1回しかないレースだし、勝てばマイヨ・アルカンシェルに袖を通すことができる。
一度袖を通せば、生涯に渡ってジャージの袖と襟に虹色をあしらうことが許される。
カテゴリーは色々あれど、自転車競技の世界ではやはり特別でスペシャルなレースですよ。
走る方も気合いが入るだろうね。

2月でプロ選手としての活動に終止符を打つことを発表したカズ選手。
数々の国際大会に参戦してきたわけですが、シクロクロスの世界選手権は2004年以来。
当時の自分、今の自分。
思うところは多々あろうかと思うわけです。
流れてくる情報を見ている限り、元気な様子だね。

今回の世界選手権は、チェコのTábor(タボール?ターボル?)という町で行われる。
プラハから60~70kmくらい南下したあたりにあるみたいだね。


Image :www.cyklokros.cz

日本語のガイドを見ると、自転車で走り回ったら面白そうな感じ。
オイラも欧州レースを見て自転車乗ってみたくなったクチなので、こういう風景の中でのんびり自転車に乗りたいですよ、やっぱり。


Photo :Wikipedia

主催者発表のコースマップはこれ。
ワールドカップでも使われたようだけども、川っぺりで寒そうだねw


Image :www.cyklokros.cz


*
これは2013ワールドカップでのコース周回映像みたい。

芝コースのようで、ホーヘルハイデのようなヌタヌタなコースとは違ってみえる。
とはいえ、芝コースは重いからね・・・

コースは気温で凍ったり解けたりしているとカズ選手も書いていたけど、チェコの緯度は北海道の稚内より少し高いくらい。
しかも内陸の海なし国だし、寒いだろうねえ・・・
男子エリートのレースは現地時間の14:00。
天候次第というところでしょうか。

エリート男子のレースは現地時間14:00、日本時間は22:00であります。
YouTubeのUCI ChannelでもLive放映されるので、大河ドラマ見たら即効でフロに入っておかないとね(^^)

何はともあれ、プロの自転車選手として最初に臨んだ世界選手権がシクロクロスだったカズ選手。
期せずして、プロ選手として最後に臨む世界選手権もシクロクロスとなった。
もうね、悔いのないように大いに走ってきて欲しいし、その雰囲気に漬かってきて欲しいと願っています。

DSC_7058-2

今週末のカズ選手、UCI Cyclo-Cross World Cup Hoogerheide

DSC_0010

始まったと思ったらあっという間に終わってしまうシクロクロスシーズン。
今年の世界選手権ももうすぐなわけですが、先日に日本代表が発表されましたね(^^)
で、今季も好調を見せていたカズ選手も世界選手権に出走と相成った。
記憶が正しければ、カズ選手の海外レースは2012年のMTBアジア選手権以来かな?
であれば、2年3ヶ月ぶりということになるね。

カズ選手にとって、世界選手権はMTB時代の2011年のスイス・シャンペリー以来。
シクロクロスの世界選手権となると、2004年のU23時代に参加したフランス大会まで遡ることになる。
当時はレーサー活動を始めて間もない頃。
当時の写真を見るとツルツルほっぺで、あどけなさ残る年頃だったわけですね。
興味ある人は、JCFの広報誌であるシクリスムエコー2004年2月号をご参照あれ。
モノクロではありますが、11年前、当時21才のカズ選手の写真が載ってます。
オッサンから見れば11年前なんてついこないだみたいな感覚ですがね・・・orz

DSC_7058-1

世界選手権は来週だけども、今週末はワールドカップ最終戦に出走する。
前哨戦ということなのだろうね。
場所はオランダのホーヘルハイデという場所。
以前よりワールドカップが行われていた場所で、昨シーズンは世界選手権が開催されたという土地柄。
ネザーランドには違いないけど、シクロクロス王国ベルギーとの国境から数kmしか離れていなかったりもする。
ベルギーにとってのシクロクロスは日本の相撲か柔道かという位置付けらしいし、相当にコアな観客がいるのだろうね。



今回のコースはよくわかんない。
会場自体が同じであれば、ホーヘルハイデの中心部にある教会横の牧草地だと思うのだけどね。
ロンドン五輪挑戦の頃、カズ選手はオランダには行っていないけども、ベルギーのウッファリーズには行っている。
国境も近いことだし、色々思い出してテンションも上がるかもしれないね。
CFRの本棚氏も来るだろうから、再会もできるといいのだけど。

DSC_6895

男子エリートのレースは現地時間で1/25の15:00から(UCIのタイムテーブル)。
日本時間では1/25の23:00だろうか?
たぶん、今回もYouTubeのUCI Channelで中継されると思うのだけど。
月曜日控えて眠い時間だけど、1時間のレースだから頑張って見ないとね(^^)

DSC_0007

Debut & Revenge, UCI MTB World Cup in Albstadt

fsi-1
Photo :Cannondale

今日はJ1富士見でしたね。
ディフェンディングチャンピオンの斉藤亮選手がまたしても優勝したようです。
昨年は全勝している亮選手ですが、今年も朽木、八幡浜、富士見と3連勝。
圧勝レースが多いようなので、3年連続チャンピオンもやっちゃいそうな勢いですね。

で、ヨーロッパではCannondale Factory Racingチームの地元、ドイツ・アルプシュタットでのワールドカップ。
この週末、新車F-Siのお披露目イベントは山盛りだったね。
世界の反応も大きかったようなので、そのへん個人的には意外にも思えた。
誰もが認める常勝チームだったボルボ時代は遠い昔。
現在のMTBシーンでのキャノンデールは常勝チームではないけれども、なんだかんだで注目されているということでしょうか。

ここまでの仕込みはブランドの仕事だけども、次は選手の出番。
アマガエル色状態で既に走ってはいるものの、公式デビューとなれば話は変わる。
Flashの時より派手なプレゼンだった気がするので、本棚氏とフミック兄さんの責任は重大であります。

ちなみにアルプシュタットは昨年の開幕戦だったんだよね。
下り系ライダーがこしらえたコースはなかなかデンジャラスで、Injury(ケガ)という単語がやたら聞こえてくる会場でした。
地元ドイツのナショナルジャージを着ていたフミック兄さん、レースの顔役だったのに試走中のケガで走れずに終了。
復帰後の世界戦で2位に入るなどして存在感見せたけど、やっぱりこのレースで活躍しないとカッコつかない所でしょう。

fsi-3
Photo :Cannondale

つまり、今回のレースはキャノンデールにとってもフミック兄さん本人にとっても特別なレースのはず。
最近の兄さんは根性出してるし、昨年の世界戦のような走りっぷりを期待します。

FBに「タレたら自転車買ってあげない」と書いたら、キャノンデールジャパンに読まれてしまった(笑。
活躍してくれないと後が怖いので、オレ自身のためにも何とかお願いしたいところw
エリート男子は日本時間20:45からRedBull.tvで。
女子は既にLiveやってるようです(^^)