22 years of Mr.Cannondale

Today, A beautiful comparison photo has been flown to my time line of Facebook. That is below.

12728770_1037448432980820_1565378141143244399_n
Image :Cannondale Mexico(Facebook)

Do you remember? or Do you know it? Above photo is the cover image of Cannondale’s catalog 1995. They are the original members of legendary Volvo cannondale team. Left to right,

Myles Rockwell (2000 DH World champion)
David “Tinker” Juarez (1994 USA XC Champion, 1994 World championships Silver)
Sara Ellis
Alison Sydor(in front, 1994-96 XC World champion)
Marc Gullickson
Frank Roman
Missy “Missile” Giove (1994 DH World champion)

At 1994 as their 1st year, they got many victories in NORBA series, UCI World cup and World championships. Viper red cannondale bikes had got most glorious era of cannondale.

1994 MTB XC Worldchampionships

The following photo, It’s currently american Cannondale MTB team after 22 years. They will be called “Cannondale 360fly powered by SUGOI” team. Left to right,

Keegan Swenson (2014 USA XC champion U23)
David “Tinker” Juarez
Evelyn Dong
Alex Grant
Raphaël Gagné (2015 XC Canadian Champion)

You have already understood, haven’t you?

The common point of both photos is only one. Tinker Juarez. So, all cannondale fanatics always call him like this. “He is the Mr.Cannondale”.

広告

Tinker Juarez describes his Cannondale Scalpel 29er


*
誰もが認めるMr.Cannondale、ティンカー・ウォレス。
今年でキャノンデール在籍もなんと21年目。
Scalpel29erがお気に入りのようで、色々語っていますよ。
このバイク、フルサスだから持てばハードテイルより重いけど、漕ぐと異様に軽いんだよね。
ハードテイルのFlashより軽いくらいで、ワールドカップでも兄さんがご愛用中。
26インチ時代のアイデンティティであったゼロピボットを捨てたので、デビュー時には「えー」とか思ったものですが、名車かもしれないな。

何はともあれ、若い頃に憧れたティンカー・ウォレスは今日も現役。
このまま爺さんになるまでずっと走っていて欲しいものだね(^^)

Cannondale All Stars, US Cup Pro Series #2 Bonelli Park

ワールドカップ開幕も近づいてきたMTBレースシーン。
各所で有力選手が暖機運転を始めている様子が伝わってきますねえ。

で、今年から始まったMTB XCOの北米シリーズ、US Cup。
先週末に第2戦が行われましたね。
やっぱりMTB=アメリカという世代なので、埃っぽくて道幅が広いコースを見ると何となく安心する。

このシリーズはSho-Air Cannondaleチームを擁するSho-Airが冠。
そのせいか、やっぱりキャノンデールの押し出しが強い印象ではあります。
が、今回は出走したメンツが豪華過ぎた。

初戦で優勝したマックス・プラクストン、ジェレマイア・ビショップ、アレックス・グラント、キーガン・スウェンソンらの北米組はもちろん参加。
それに加えて、今回はCFRの本棚氏、フミック兄さん、アントン・クーパーも参戦(アントンはDNS)。
さらに驚いたのは、あのティンカー・ウォレス(53歳)も出走したこと!
キャノンデールの現役ワールドカップライダーとリヴィング・レジェンドが一緒に走るという衝撃。


Photo :mtbmike.com(Facebook)

ティンカーが世界戦2位になったのは1994年。
本棚氏がサドル・トレターナ銅メダルに輝いたのは18年後の2012年。
フミック兄さんが世界戦2位になったのは19年後の2013年。
一線級のアスリートの世界、これだけ時間が経つと何世代経たのかわからないくらい。
この会場にいたら、鼻血出してコース脇で人知れず倒れている自信があるよね(笑
この動画は男女一緒くたなんで非常に長いけど、前半が女子、後半が男子。
なかなか観られない新旧共演だし、今後の共演も期待できそうにない。
とっても貴重でありますよ(^^)


*
コースは非常にダスティで、集団に付いていると息苦しくなりそうなコンディション。
序盤は本棚氏がトップを独走し、兄さんは一本橋セクションでコケをメイク。
本棚氏は逃げを決めるべくひたすら独走を続け、中盤に追走グループから兄さんが抜け出してワン・ツーパンチな展開に。
UCI ELITE MTBチームであるCannondale Factory Racingなので、ワールドカップトップレーサーの意地もあったのかな?


Photo :Marco Fontana(Facebook)

しかし、徐々に雲行きが怪しくなり、まず兄さんが吸収される。
結構なビハインドを築いていた本棚氏だけど、追走集団がペースアップ。
リーダージャージを着るチームメイト、マックスも積極的に前を狙って本棚氏を猛追。
ひたすら独走して疲れちゃったのか、本棚氏はハンティングモードのイケイケマックスについに確保される。
独走を続けた本棚氏は、追走軍団のアタック連発に付いていけず。
優勝したのは、集団後ろで付かず離れずレースを進めたジェフ・カブッシュ。
チームのエースを食らったマックスは3位、本棚氏は5位、兄さんは6位でありました。
ロードレースみたいな展開だったね。

ティンカーはプルアウトになったようだけど、それでも86人中47位だからね。
息子みたいな選手たちと走ってこの順位は驚くほかありません。

レースを落とした本棚氏ですが、翌日のレースで今季初の優勝をゲットしております(^^)


Photo :Marco Fontana(Facebook)

ワールドカップはもちろん面白いんだけど、U.S.Cupもなかなか面白い。
第3戦は3/22のFontana City。
本棚氏はこっちに出て欲しい気もする(笑

1994 Tinker Juarez

VOLVOなキャノンデールが大好きだったと既に100万回書いてるし、今後もたぶん書くわけですがね(笑。
9シーズンの中で印象深いことは色々あったけれども、やっぱり心奪われた当時の映像には特別な感傷がある。
一気に脳ミソが当時に引き戻されるというかね。
そんな頃のティンカー・ウォレスのインタビュー動画であります。

この頃のMTB周辺に流れていた、どことなく自由な雰囲気。
当時のオレには、赤いキャノンデールがそれを象徴しているように見えていたんだな。
現実はどうあれ、若き日のオレにとっては夢の象徴でありました。


*
こちらは1995年の世界選手権。
リッチーのヘンリック・ジャルニスが3連覇を決めた年
間違えました。95年はバート・ブレンジェンスでしたね(^^;
今はリアルタイムで見られるけれど、当時はこんな動画を見ることなんかできなかったよ。
動いている選手、ましてや選手の声を聞くなんてことが、とても難しい時代でした。
今でこそ、選手の皆さんとお話する機会があるけれども、当時を思うと身が引き締まることも度々・・・(笑。
気に入った選手には、とことん入れ込んだ方が楽しいよ、というお話。

1995 Mountain Bike World Championships Men’s Cross Country

Mr.Cannondale, David “Tinker” Juarez

いや~、さすがに湘南地方も寒くなってきましたよ。
日が当たる室内はまだ暖かい時もあるけど、太陽が見えない時は凍えるほど寒い。
お日様はやっぱり偉大でありますね。

最近、こんなものを買いました。
キャノンデールのアメリカワークスチーム、Sho-Air Cannondaleのウインドブレーカーとボトルであります。

IMG_3036

IMG_3140

既にジャージの上下は持っているのに、ここまで買い足すのは我ながら珍しい。
何でもかんでも欲しくなる、という思いに駆られるのは、ボルボチーム以来かもしれない。

IMG_1450

このブログをのぞいてくださる方々はご承知の通り、オレに
一番好きなチームは?
と聞いたら、今でも迷わず
Volvo Cannondale
と答えます。

vcan

このロゴマーク、Jシリーズのレポート書くたびにオチに使ってきたから見飽きた方もいるかもね。
けど、飽きるほど見たならもう忘れないよね?
そここそが、オイラの思惑であります(笑

サーキットからこの名が消えて既に10年経つ。
当時走っていた選手は、もうワールドカップにはいない。
最後までワールドカップに参戦していたのはクリストフ・サウザー(現スペシャライズド)だけども、彼も昨年限りでワールドカップXCOを引退。
つまり、ボルボチームのことは遠い昔のお話になっているわけだね。

それでも好きでいられるのは、当時のオレが若かったからでしょう。
若くて、自転車始めたばっかりで。
「憧れ」
というものは、年月を重ねても変わらない。
そんなことを40歳を過ぎて実感している昨今。
だからね、現在リアルにお若い選手や愛好家の皆さんには、今憧れている対象への思いは大事にした方がいいよと思うわけです。

で、Sho-Air。
主にアメリカ国内で活躍するMTBチームであります。
ボルボな時代にもアメリカ国内メインのチームはあったんだよ。
一番有名なのが、Sobe Cannondaleだろうね。
Sho-AirがSobeと違うのは、やはり御大ティンカー・ウォレスがいることだね。

885044_10151585391906913_1663596906_o

ティンカーは1961年生まれなので、現在52歳。
1994年以来、ボルボチームの9年間はもちろん今でもキャノンデールに籍を置く伝説的な選手。
ここ10年ほどはマラソン系種目で活躍しているけれど、かつてはクロスカントリーの世界選手権や全米シリーズで大活躍した名選手でありますよ。
現在ワールドカップを走るフミックや本棚氏は憧れの的だけど、その彼らが子供の頃に憧れたであろう選手だね。

tj01

実績も凄いが、50を越えた今でもデカいエアーを決めるし、レースでも優勝してしまう。
ここまで来ると、「生ける伝説」「オールドスクール」などといった言葉がちっぽけに見えてくる。
ティンカーを形容する言葉は「ティンカー」しかない、という感じ。
あれこれとチームグッズを買ってしまうのは、ティンカーに対するそんな思いが静かに爆発しているのかもしれないね。

ティンカーがXCで争っていたのは、ジョン・トマック、ネッド・オーバーエンド、トーマス・フリシュクネヒト、バート・ブレンジェンスなどといった面々。
はっきり言っちゃえば、20年前の選手たち。
気のせいかもしれないけれど、当時のMTB選手はみんな個性が強かった気がします。
ティンカーの場合、「MTBに乗ったジミ・ヘンドリックス」と呼ばれた風貌なので特に判りやすい。
当時ガキだったファンもおっさんになってしまいましたが、ティンカーにはMr.Cannondaleとして今後も末永くカッコいい姿を見せて欲しいと願っています(^^)

Sho-Airのジャージを眺めつつ19年前の世界戦の映像を見ると、思うことが一杯ある。
19年という年月は誰にとっても軽くはないし、今でも変わらず自転車を嗜む自分がいる。
この年の世界選手権XCでティンカーは2位。
オレが初めて見た「動くレース、しゃべるティンカー」の映像。
昨日の昼飯を忘れても、決して忘れることはない映像であります。

MTB XC World Championships 1994

Road tire by KENDA

最初に買ったMTBについていたのはパナレーサーでした。
SMOKEとDIRTという前後のトレッドが専用だったやつね。
その後はIRC、TIOGAを経由してHUTCHINSONになった。
ロードはIRCからすぐにHUTCHINSONになったね。
理由は簡単で、当時ランスやボルボチームが使ってたから(笑
こういうタイヤがいいという好みは当然あるし、本来はそうやって選ぶものだけども、基本的にミーハーだからね(^^;

で、ケンダ。
このブランドを初めて知ったのは「うなぎチューブ」の頃だから、世紀末だね。
富士見でパンクしまくって悩んでいた時、店で見たサンプルの厚みに驚いて飛び付いた。
エア圧を落として岩に乗った時、リムを通じて伝わるオン・ザ・ゴム板感。
スネークバイトから開放された気分でDHが楽しくなったことを思い出します。
その後はトマックやロープス、ティンカーなどのレジェンドライダーのシグネイチャータイヤを多く出している。
だから、ケンダと言えばペタペタしたコンパウンドのMTBタイヤ、というイメージが強いわけです。

でも、ロードもあるんだよね。
しかもキャノンデールチームが使っている。

2013CDlePcKenda

使ってることは知ってたけど、使おうと思ったことはなかったんだよね。
ただ今使っているタイヤが減ってきたので、新しいタイヤのことを考え始めてふと思い出したわけ。
オレの周囲でも使った話は聞かないけれど、前掲のビジュアルイメージを見せられるとミーハー心がフツフツと(笑
レースをしないオレには「クリテリウム」というタイヤがちょうど良さげ。
25Cもあるようだし、試してみようかな?

Manuel Fumic, 2013 World Championship XCO 2nd!

南アフリカで行われているMTB世界選手権。
クロスカントリーではCannondale Factory Racingのフミック兄さんが2位に入りましたね。

2013wcxc2

優勝はこのコースを得意とするニノ・シューターが終始トップを独走して2連覇。
後続が早々に千切れてしまい、全く危なげない走り。
クルージングにすら見えたけど、ファイナルラップでちょっとスリップダウンをメイクしていましたね(笑
記憶が正しければ、男子XCOでのアルカンシェル2連覇は2006-7年のアブサロン以来であります。
ニノもアブサロンやガンリタ姉さんのように過去の記録に立ち向かうことになるのかも。

2013wcxc0

3位は2010年の世界チャンピオンであるホセ・アントニオ・ヘルミダ父さん。
今季のメリダは若手の躍進が甚だしかったけれども、さすが父さんと言わせる走りっぷりでありましたね。
中盤まではニノに続く2位を守り、タフな男気を見せていました。
しかし周回遅れに引っかかってしまったようで一気に10秒以上もタイムを落としてしまい、リズムが狂ってしまったみたいだね。

2013wcxc1

フミック兄さんもロックガーデンで2度ほどミスしたんだよね。
ただ、ニノと同じイン側のラインを通っていた。
その折れない心で追い上げ、後半の息切れタイムも粘り切っての2位でありました。
キャノンデールの男子XCライダーは、残念ながらXCOではアルカンシェルを取っていない。
クリストフ・サウザーやティンカー・ウォレスの獲得した2位が最高なんだけども、これでフミック兄さんも並んだことになりますな。
今シーズンは地元ドイツ戦でいきなり大怪我してDNSし、しばらく休息を強いられた兄さん。
大一番である世界選手権で男気を見せてくれました。
良かった良かった(^^)

日本国民の悲願を一身に背負う山本幸平選手は15位でフィニッシュ。
自身の最高位を更新してのゴールであります。
もうね、このくらいの位置だと普通に中継に写るんですよ。
日本人選手がこの位置にいるという夢のような現実。
夢の先行き、大いに期待したいところです(^^)