2013 MTB全日本選手権、とりあえず

MTB全日本選手権に行ってきましたよ。
ワールドカップ一桁に手が届こうとしている絶対王者、山本幸平選手。
日本にいない幸平選手を見据え、今季国内戦負けなしの王者、斉藤亮選手。
この2選手の競り合いが最大の関心事でありました。
結果としては幸平選手が6連覇を達成。
しかし亮選手は幸平選手の独走を許さず、凄味のある競り合いを展開。
幸平選手をして、「引き離したくても離れて行かず、楽になれなかった」と言わしめておりました。
思うところが多々あり過ぎなんですが、写真整理には少し時間をくださいね。

DSC_8962-1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。